ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第20節 5連勝達成

対ポーランド 3-0 WIN 最後まで姿勢を正してプレー出来た。それがまずは、一番大事。 良くやりました。遠藤と細貝は特に良くやってくれた。調子の良い選手がどんどんチームを引っ張っていくのは理想的。チーム全員がリーダーにもなれるような組織がイイネ。 …

Iリーグ第19節 4連勝済み

対イタリア 1-0 WIN 勝ちました。前線からガンガン行くのがイイネ。 今日は短めに。 先制するのがいい。前線からのプレスをするのがいい。ボールを持ったら相手がボールに食いつくのを待って味方にパスをする。この3点。自分たちは余裕を持って、相手の余裕…

Iリーグ第18節 3連勝です

対トルコ 4-0 WIN とにかく先制する。前線で相手のボールを奪うことがゴールへの近道。 流れに乗る。上手く乗れたらボンボン弾む。相手の不調の波を利用する。 その波に、機運が存在する。ある意味全てが全ての機運。流れが悪ければ黙って待っていた方がいい…

Iリーグ第17節 連勝キタ

対コロンビア 1-0 WIN 勝利を作り出す。そのために先制する。 先制すれば勝利する確率は高い。それは断続的に5連勝すれば優勝する確率が高いのと同じだ。遠い目標のために、近場に目標を設定するのは大切なことだ。だって今いる場所にしか自分たちはいないの…

Iリーグ第16節 先制点が大きい

対クロアチア 3-0 WIN 久々の快勝。先制することはやはり大事ですね。 先制すると余裕が生まれるから。そして余裕が生まれると選択肢が増えるから。その結果、ゴールへの可能性の数も増える。そういうことだと思う。 余裕がないと、「このやり方しかない」と…

Iリーグ第15節 どうなっても変わらない

対ポルトガル 1-3 LOSE またも3点差を付けられる試合。過去がどうあれ、やるべきことは刻々と変化する。 だって今はいましかないから。相手の傾向はあると思うし、それは参考になるよ。でも、それほど強く考えなくてもいいと思う。ただ、しっかり、目に焼き…

ISSカップ2回戦 3点差付けられるとキツい

対アルゼンチン 1-4 LOSE やられた。立ってられなかったんだね。 どういう状況であろうと、立つこと。それがこの瞬間のゴールだから。そこをまずはクリアすることを意識。それから外のゴールに向かっていくこと。 勝利を目的にしている限り、点差を離される…

Iリーグ第14節 見る、ただ見る。

対アルゼンチン 3-2 WIN シーソーゲームを制したことに満足。どれだけ勝利にこだわれるか。 勝利のために、作戦を練る。それは大切なことだ。しかしながらその作戦通りに事が進むとは限らない。だから最終的な判断は、ピッチの上の各選手に委ねられている。…

Iリーグ第13節 本気で先制点取ろうよ

対ドイツ 0-1 LOSE 先制されるのは、先制しないからなんじゃないか。どんどん仕掛ける攻撃をしようよ。 一見守備のミスのように思われることが、攻撃でのミスから招いたものだったりもする。攻撃。うまくやりたいものですね。 あまり言いたいことがない。ど…

Iリーグ第12節 基本は見ること

対オランダ 2-2 DRAW よく粘れた試合。引き分けに持ち込めたことは良しとする。 最近の試合の傾向として、先制点を決められることと、得点のすぐ後に失点することが挙げられる。そこから、ゴール前での守備の意識が希薄になる時間帯が分かる。0-0の時間帯と…

Iリーグ第11節 死ぬ気でやれていない

対イングランド 1-2 LOSE 逆転負け。もっと最初からガンガン行けるでしょ。 本当のやる気を見せたときには既に試合は終わりかけ。そうなってしまった今日の試合。悠長にやり過ぎだわ。最初からファイティングスピリット見せろやと言いたい。 頭は適宜口出し…

Iリーグ第10節 心の底の欲を出すこと

対スペイン 1-1 DRAW 不完全燃焼感。もっとやれたとは思いたくない。 首位のスペイン相手だったけど、別に大したことはなかった。十分に勝てる相手だと、戦いながら手応えを感じたからこそ、それを結果に落とし込めなかったのが残念。選手交代のタイミングも…

Iリーグ第9節 ベースは変えない

対チリ 2-1 WIN 辛くも勝利。基盤はちょっとやそっとで変えないでおこう。 チリのフォーメーションは厄介だ。日本の4-3-3のシステムと合わない。昨シーズンはそんなチリに対して、自分たちのフォーメーションを変えて臨んだ。その結果、負けた(はず)。 今回…

Iリーグ第8節 頭をクリアに

対コートジボワール 2-0 WIN 勝ちました。原点に立ち返ればいい。 やっと勝てたな、という本音。やっぱり勝つことは嬉しい。希望を持てる。流れを作っていこう。 シンプルにプレーすればいい。相手がいないところに味方が走り込んでボールをもらえばいい。素…

Iリーグ第7節 攻撃は軽く鋭く

対ベルギー 1-1 DRAW 開けられなければ壊していくしかない。勢いと鋭さがそれを可能にする。 潔い強引さがゴールをこじ開けることがある。正当にプレーを組み立ててもどうにもならないときは、そのやり方を壊すのも手だ。それが決まったのが今日の同点ゴール…

Iリーグ第6節 相手をちゃんと見ること

対フランス 1-2 LOSE 勢いは大切だ。でも相手をよく見る冷静さはもっと大事だ。 投げやりにならないこと。投げたくなっても思い留まること。全体を俯瞰する目は持ち続けること。ズームアップとバックを繰り返し行うこと。最後の最後まで他の可能性も探ること…

Iリーグ第5節 乗らないときはガンガン行こう

対スイス 2-3 LOSE 前半で0-3にされた。そこからエネルギーを爆発させて2得点。 前半はシュート0本だった。慎重な姿勢がそのまま出ている。悪く言えば消極的。守備も攻撃も躊躇が見られた。それがダメなんだなと思って、後半は前線からガンガンプレッシング…

Iリーグ第4節 中途半端にやらない

対デンマーク 5-4 WIN 乱打戦。時間を稼ぐなら、攻撃の誘惑は断ち切れ。 中途半端な覚悟が、中途半端なプレーを生む。中途半端なプレーが自分たちに隙を作る。だからもっと、覚悟を持て。地に足を付けろ。やるかやらないか、ハッキリしろ。そこが曖昧だと、…

Iリーグ第3節 何でもいいから勝つ

対ブラジル 2-1 WIN 逆転勝利。本当は、勝ち方なんてない。 勝ち方なんて存在しない。あるのは「そうなった」事実のみだ。そしてその裏に存在する「思い」のみだ。日本の2ゴールは、どちらも選手のゴールへの執念が生んだものだと思う。少なくとも私の頭で計…

Iリーグ第2節 とにかく勝つ

対スウェーデン 2-1 WIN やり過ぎるぐらいにちゃんとやる。105m先まで走り抜くこと。 ピッチの上では徹底的に結果を求める。勝ち点3が至上命題だ。そこから先に得失点差があり、またその先に創造的でワクワクするサッカーがある。まずはきちんと基礎を固めて…

Iリーグシーズン12開幕戦 狼煙を上げる

対ポーランド 2-1 WIN 優勝する理由を作っていく。勝ち点と得失点差にこだわっていく。 ピッチ上でプレーするうえで意識していることとして、勝てる理由を作ることを意識している。両WGの調子が良いからサイドから崩せば勝てるとか、相手のSBとCBにスペース…

Iリーグ最終節 最後に勝ちたい!

対カメルーン 2-2 DRAW シーズン最終戦を勝てない日本。それはまだ、「今」に集中出来ていない証拠だ。 前半3分に先制した。入りがすごく良かった。だからこそ、もったいない。その勢いに乗ることが出来なかった。大量得点して得失点差を大きくしようという…

Iリーグ第37節 軽やかさを身に付ける

対イタリア 1-1 DRAW 後半ロスタイムに辛くもゴール。鉄壁の守りを超えていく方法がチラッと見えた。 相手の守備が堅かった。そこに対して堅実にボールを回して穴を探し回ったのだけど、突ける穴は見当たらなかった。 最終的に突いた穴は、自分たちが作った…

Iリーグ第36節 ただそこに在ればいい

対オランダ 3-1 WIN 調子の良い攻撃陣に助けられた。目の前の試合のみに集中する。 頭は使う時だけ起動させる。それ以外は電源をOFFにしてていい。効率。長く起動させていても消耗するだけだ。使うべき時にスパッと使う。これが頭の良い使い方だと思う。 全…

Iリーグ第35節 必死でやる

対ドイツ 2-1 WIN 首位ドイツを撃破。「必死」まで気持ちを持っていけるかが鍵。 逆転勝利。ドイツ相手に試合をひっくり返したことを評価したい。素晴らしかった。そこには覚悟が存在したと思う。覚悟があるから、必死になれるのだと思う。まずは、必死にな…

Iリーグ第34節 逆サイドに気をつけること

対ベルギー 1-3 LOSE サイドチェンジされて失点。日本の守備の甘いところが露呈した。 それは左右の動きに対応出来ないこと。今日の3失点は全てそれ。対処法としては、プレッシングでボールに行かず、逆サイドの状況を把握して的確なポジショニングを取るこ…

Iリーグ第33節 勝ちどころを制した

対ポルトガル 4-1 WIN 今後に大きく関わる試合で勝利出来た。安堵。 日本のIリーグ優勝に望みを繋げた。勝つべきところで勝てたことにホッとしている。良いところで点を取ってくれた攻撃陣に感謝。 ただ、浮かれず、体の軸をまっすぐ伸ばし、見えたものに対…

Iリーグ第32節 最後まで投げない

対デンマーク 3-1 WIN 前半の3得点で勝利。ラストパスは丁寧に。 ラストパスは、考えを持って出すこと。味方の状態が整っていなかったら出さないこと。その心構えがチャンスを結果に結びつける。 今日は前半のうちに3-0にして、後半は疲労が残っている選手た…

Iリーグ第31節 最初から慣れないことはしない方がいい

対チリ 2-2 DRAW 後半35分からなんとか2点決めた。大きな外枠は壊さない方がいい。 生きることとは勝つということ。だから、生きている限りは勝たないといけない。ここで言う「勝つ」の意味は、「勝利を収める」ではなく、「勝利への道を弛まず歩く」みたい…

Iリーグ第30節 勝ったんだけど

対ポーランド 1-0 WIN やりきれ。105m先を徹底しろ。 相手の方が良い試合をしていた。でも勝ったのはこちら。試合をするってことは、そのまま勝つってことなんだってことに試合中に気付いた。負けようと思って試合をする、ってのは言葉の意味から矛盾してい…