ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第32節 完勝完勝

対ポルトガル 3-0 WIN 強豪相手に完勝。サイドの攻撃陣が躍動した。 久々、勝ったな、という実感のある試合が出来た。完全な勝利だった。なぜか分からないけど、相手のSBのポジションが高くて、こちらの両ウイングはガラ空きになっていた。両サイドの前方に…

Iリーグ第31節 結局自分を捨てなきゃならんのだ

対オランダ 1-1 DRAW 0-2のビハインドをラスト15分で埋める。気持ちと頭を限界に近づける。 我執ってのが、やっぱ一番目の前に立ちはだかっているものなんじゃないか。そこから逃れたときに、核の核にいる自分になれるんじゃないかと思う。日本の1点目は気持…

ISSカップ準決勝 本当に何も出来なかった

対クロアチア 0-2 LOSE 愕然とする。課題は全く変わっていない。 リズムとかペースってのが、自分たちを乗せるためには大事なんですね。それが終始掴めなかったのが今日の試合。後半なんて、その状態のまま、ボールが外に出ることは一回しかなかった。これは…

Iリーグ第30節 猛攻に御用心

対コートジボワール 1-3 LOSE 個の力でねじ伏せられた。相手の猛攻にどう対応するかが今後の課題。 コートジボワール、思った以上に強かった。個々の選手、特に攻撃の選手のレベルが高かった。一人の選手を三人がかりで抑え込もうとしてもすり抜けられた。そ…

Iリーグ第29節 序盤こそ攻撃的に

対コロンビア 2-0 WIN 久々の勝利。前半の2ゴールが勝利を決めた。 勝てないときは、大体前半のうちに相手に先制されているパターンが多い。だから勝ちたければ、前半のうちに先制すればいいのだ、というただそれだけのことです。先制点の重要性もだいぶ前か…

Iリーグ第28節 手応えで満足してはいけない

対イタリア 1-1 DRAW 勝利への貪欲さに欠けた。最後に燃えて同点弾。 今日はプレーしてて、手応えを感じていた。選手みんなの体が軽いように感じた。そして、それが落とし穴になったのかもしれない。程よく満足してるうちに一瞬のミスを突かれ前半終了間際に…

Iリーグ第27節 一歩一歩

対イングランド 1-1 DRAW あまり余計なことは考えないこと。それは悩むということだ。 自分の力を最大限発揮する上で大切なのは、余計なことを考えないことだと思う。余計なことを考えるということは、端的に言えば、「悩む」ということだ。悩むことはあまり…

Iリーグ第26節 非常に残念でならない

対イラン 0-2 LOSE 最下位のイラン相手にまさかの敗戦。日本の欠点が露呈した。 イランは最下位ではあるものの、実際に戦ってみて、そんな順位にいるようなレベルのチームではなかった。いやあ、本当に悔しい。何が悔しいかって、悉くフィニッシュで阻まれた…

Iリーグ第25節 どんより曇りの日

対スウェーデン 1-1 DRAW 追いついての引き分け。だがしかし、鈍く残った。 連勝記録が潰えた。そこまでは意識してなかったけど、良くも悪くも怖いですね。連勝が切れたことで、また新たに出発しようという気持ちにはなれる。余計なものを捨てたときのスッキ…

Iリーグ第24節 タフな試合を制した

対ウルグアイ 2-1 WIN 両者の攻撃が火花を散らした。まだまだやる。 相手の攻撃陣には、スアレス、カバーニと世界トップクラスのフォワードがいた。そしてコンディションも良さそうだった。昨日のブラジルよりもよっぽど速くて厚みのある攻撃を仕掛けてきた…

Iリーグ第23節 点差を付けたらどうするか

対ブラジル 3-1 WIN 前半終了時での3-0で勝負あり。そこからのやり方に課題あり。 日本の攻撃力が炸裂した。柿谷、原口、香川、みんなナイスゴールでした。隙は全て突いていくということが前半では出来ていた。前半で3-0を付けてしまうと、それからどういう…

ISSカップ準々決勝 見当たらない

対イタリア 2-1 WIN 先行逃げ切り。準決勝に駒を進めた。 何か新しいことを発見したり、大事なものを再確認するようなことは、なかった。前半16分までに2-0としたことで、残りの時間は多少崩れても大丈夫という余裕が生まれた。余裕を持ち過ぎたところもあっ…

Iリーグ第22節 背筋を伸ばそう

対フランス 1-0 WIN 首位撃破。3位浮上。 冷静に試合を進めることができた。相手に隙を見せずに戦えたのが今日の勝因。相手が誰であろうが、自分たちのコンディションがどうであろうが、スコアがどうであろうが、やることは何も変わらない。ただそこに居るこ…

Iリーグ第21節 復活

対チリ 3-1 WIN 大迫勇也復活。ギアを一個上げる。 大迫の2ゴールで試合が決まった。結果は常に揺れていく。落ちたら必ずどこかで浮かぶ。また浮かびっぱなしもあり得ない。自分の理想としては、その波の形状をなだらかにするよりかは、その波ごと持ち上げて…

Iリーグ第20節 自分に出来ることはそんなにない

対ボスニアヘルツェゴビナ 1-0 WIN これは大きな勝利。みんなで踏ん張り切れた。 相手優勢でしたね、大体の時間は。そしてこちらの選手たちのコンディションが良くなかった。全然良くないから、チーム全体に気持ち良い空気が流れていかない。基本的にマイナ…

Iリーグ第19節 ふたりのエースが試合を決める

対ベルギー 3-1 WIN リーグ前半戦を勝利で終える。本田と大迫、ふたりのエースが引っ張ってくれた。 本田と大迫は日本代表の二大巨頭だと思っている。1シーズン目はこの二人の活躍によって良い結果(最終順位3位)を残せたと思っている。そのうちのひとり、大…

Iリーグ第18節 堅い壁をどう打開するのか

対ドイツ 0-0 DRAW 久々のスコアレスドロー。エリアを固められたとき、どうやってそこをすり抜けていくか。 流石は堅守のドイツ。こちらがペナルティーエリア内に入っていくときには既に相当な数の選手たちが戻ってきて守備を固めている。エリア内をあれだけ…

Iリーグ第17節 立ち上がりの入り方

対アルゼンチン2-2 DRAW 開始早々の失点。リードしたのはたったの1分だった。 最近、立ち上がりに失点することが多い気がする。これはあまり良いとは言えない。最初はやり過ぎるほどに集中して臨む必要がある。何事も最初は肝心だ。エンジンがかかるのが遅い…

Iリーグ第16節 思考経路というのは急激に変化しないもので

対スペイン 2-3 LOSE 久しぶりの敗戦。障壁は自分で立てている。 まあね、細かいところの詰めの甘さが負けを作り出したかな、とは思うんですよね。本当に細かいところ。結局それは、見えていない、ということなんですよね。致命傷に繋がりそうな匂いを察知し…

Iリーグ第15節 時間の変化に囚われない

対クロアチア 3-2 WIN 後半ロスタイムに決勝点を決めた。刻々と経つ時間は気にしないことが大事であった。 今日は2回リードを奪ったものの、2回追いつかれ、最後の最後で突き放すという展開だった。88分の時点で明確に自分たちのやるべきことを意識していた…

ISSカップ2回戦 引き続きコンパクトに

対アルゼンチン 3-2 WIN 2回のビハインドを覆した。無駄のない動きが最近のテーマ。 2回追いついて、逆転勝利したわりには、感情の波はあまりなかった。それはもしかしたら、ワンプレーワンプレーに無駄のない動きを求めることに集中していたからなのかもし…

Iリーグ第14節 いかに一歩先が見えているか

対スイス 2-1 WIN 淡々と試合を進めた。常に冷静さが必要。 今日は終始、冷静に試合を進めることが出来たように思う。綻びが生まれたらすぐに縫い直すことが出来ていた。悪い部分はすぐに直すように心がけていればいい。破れる部分が出てくることに関しては…

Iリーグ第13節 波に乗っているときはそのままでいい

対ポルトガル 2-0 WIN 久しぶりに余裕を持てた試合だった。登山中に一休み出来た感覚。 クリスティアーノロナウドを擁するポルトガルを攻撃面で圧倒した。試合が始まってからすぐにチームの調子の良さを感じていた。あとはこちらの攻撃陣が相手のDF陣に個人…

Iリーグ第12節 悔いから逃げてまえ

対オランダ 3-3 DRAW このスコアだけでは計り知れない出来事があった。ピッチの上でしか、人は何かを実行することは出来ない。 前半に0-3にされた。いろんなことが積み重なり、イライラして、そしてまた点を取られ、というような形で前半終了までに3点取られ…

Iリーグ第11節 「諦めない」ということ

対コートジボワール 2-1 WIN じわじわの逆転勝利。原口元気の底力。 今日はドラマチックな展開だった。前半ロスタイムに先制点を許し、完全に負の流れに巻き込まれたところから、64分に同点弾、そして89分に逆転弾を決め、貴重な勝利をもぎ取った。コンディ…

Iリーグ第10節 昨日と真逆

対コロンビア 0-1 LOSE 昨日こちらがやったことを、まんま相手にやられましたね。ピッチ上で修正できなかったことが全て。 完璧にやられました。71分に先制され、そのあとは時間を使われ、ジ・エンド。昨日自分たちがやったことをまんまやられ、いかに相手は…

Iリーグ第9節 結論、未来への不安との闘い

対イタリア 1-0 WIN なんとか勝った。終了のホイッスルと同時に、ドクドクと鳴り響く鼓動を確認した。 なかなかヒヤヒヤする試合だった。楽しいと感じたことは一瞬足りともなかった。74分にようやく先制点を決めて、そこからは時間稼ぎに集中した。 前半から…

Iリーグ第8節 理由とか、考えとか、一旦捨てろ。

対イングランド 2-3 LOSE 折れそうになったところを踏ん張った。でも最後は少しの甘さでやられた。 今の自分の弱さ、というか弱さだと思っているところが出た試合だった。メンタルが弱気になっていると、プレーの反応速度が遅くなる。反応速度が遅くなると相…

Iリーグ第7節 レインボーボールの時代

対イラン 3-1 WIN チームの実力もこちらが上だった。やっぱりアジア最終予選感があった。 イランとはインターナショナルリーグでは初対戦だったので割と楽しみにしていた。対戦してみて、思ったほど強くはなくて、韓国の方が断然粘っこかったな感じた。ただ…

ISSカップ1回戦 大きな試合をした

対イングランド 3-2(EX 2-1) WIN 延長戦での逆転勝利。タフな試合を乗り越えた。 まさかこんな試合になるとは、誰も思いもしなかったですね。前半の終了間際に本田のゴールで先制した日本は、後半の半ばに同点に追いつかれた。この失点は自分たちの定まらな…

Iリーグ第6節 勝てたことが全てでありんす

対スウェーデン 2-1 WIN 勝利はデカい。なんとしても勝利にこだわらねばならない。 ウイイレは本当に素晴らしいですね。己との対峙が手軽に出来る良い場所です。やっぱり試合中に何度も発見がありますね。過去に発見したことでも、それが今の自分に染みつい…

Iリーグ第5節 なかなかですね

対ウルグアイ 1-1 DRAW なんとか耐えているという感じ。ただただ足を動かすことに集中しているというか。 なかなか晴れ晴れした試合が出来ませんね。過去のプレーの感覚は忘れているのに、頭ではそれを覚えているというギャップが、精神的にジワジワダメージ…

Iリーグ第4節 これが実力というもの

対ブラジル 0-2 LOSE 王国ブラジルに完敗。現状を受け止めて前を向こう。 明らかに一時期よりも実力が落ちている。この実力というのは選手の潜在的な能力ではなく、選手の能力を引き出すための力のことを指している。 前に出来ていたことが出来ないと、もど…

Iリーグ第3節 難しく考えるとただ反応することが出来なくなる。

対フランス 1-1 DRAW 悪くない。むしろ久々ウイイレを感じた。 ああ、こんなんだった、というか、ウイイレをやる感覚に遭遇した。そうでした。これは、一瞬の真剣勝負の連続でした。そこを乗り越えるために、自分は「今を見る」ということを連呼していたのだ…

Iリーグ第2節 普通にやる、の「普通」が分からない

対チリ 0-0 DRAW どんなんだったっけ?型というものを忘れてしまった。 前々から、「普通にやる」というのを連呼していた。結局のところ「普通にやる」しかないという結論にあるところでは至っていた。でもって、いま、その「普通」がよく分からなくなってい…

日本代表、世界で戦う。シーズン3始動&開幕戦

対ボスニアヘルツェゴビナ 3-2 WIN 忘れていたことを思い出した。同時に覚えていたことを忘れていることを自覚した。 新たなシーズンが開幕しました。昨シーズンは終盤に大崩れして、まるで罠に引っかかったかのようにもがいても這い上がれない日々が続いて…

ISSカップ決勝 希望は見えた

対スペイン 1-2 LOSE 久々のウイイレ&カップ戦決勝。また新たなスタートを切った。 あまりにも勝てなくて、何日かウイイレをやめた。やっぱ勝てないとつまらないんですよ、勝負事というのは。いや、でも別に負けても楽しい試合はあるんですね。出し切った感…

Iリーグ最終節 なんかもうやめたほうがいいのかな

対ポルトガル 0-1 LOSE というぐらいに何も出来ない。波に溺れました。 どうにもこうにも出来ない。全然楽しくない。一日一試合というピリピリ感もない。プレーすればするほどに自信が無くなってくる。 ああでも、こういうことってあったなあと思い出す。や…

Iリーグ第37節 同じようにやってるつもりなのに全然同じじゃない

対スペイン 0-1 LOSE 二連敗。これは根本的に何かを変える必要がありそうだ。 失点シーンを振り返ると、いまの日本代表のプレーの弱点が浮かび上がった。自陣のペナルティーエリアでボールを奪い返したときに、クリアするのではなく、近くの味方にパスをつな…

Iリーグ第36節 ひどい、ゲー出そう

対ボスニアヘルツェゴビナ 0-2 LOSE クズ。フラストレーション。 惨敗。順位的に格下の相手に惨敗。何がイラつくかって、良い展開が一つも無かったこと。崩すこともないし、こっちがボールを持っていても、持たされている感が強かった。原因は求めない。 で…

Iリーグ第35節 厳しい試合だった

対韓国 0-0 DRAW 相手さん、相変わらず守備が堅い。力出し切っての引き分け。 まあ勝てると思ってた。まだまだですね。思い知らされました。なんかW杯予選で格下の東南アジアの国に守備固められて点決められない試合みたいだったな。相手GKにも散々止められ…

Iリーグ第34節 このチームに勝てない限り優勝はない

対ドイツ 1-2 LOSE 実力差を埋められなかった。普通に負けた試合。 他のチームなら入るところが入らない。相手の守備力の高さには舌を巻いた。なおかつ2点目はケディラにロングシュートを決められた。個人技と組織力の両方で一枚上手だった。でも、清々しい…

Iリーグ第33節 満足

対チリ 5-0 WIN 無失点がイイネ。ピンチをチャンスに変えていく。 試合開始早々に相手にPKを与えた。それをGK川島のファインセーブによって流れを一変させたのが今日のハイライトかもしれない。まあこれは運だったし、先制点を決められた場合にどんな展開に…

Iリーグ第32節 自己肯定感

対ブラジル 2-1 WIN 大事なことはそれかもしれない。何者でもない自分を肯定すること。 焦らない。攻撃することが絶対的に良いことではない。条件が整ってはじめて成果を発揮できる。一人で飛び込むな。人数を増やせば道は増える。リスクを犯すことが絶対的…

Iリーグ第31節 どこでも勝つ

対オランダ 2-1 WIN 勝ちきるサッカーを。よくやった。 今日は自宅から離れて試合を行なった。どんな状況でもやるべきことをやる。自分の力を手元に注ぐことに集中する。あまり考えずに、合理的に、最低限のラインはわきまえる。省エネで結果が出せるように…

ISSカップ準決勝 ここにきて新発見

対イングランド 2-1 WIN 新たな守備のやり方を見つけた。初のカップ戦決勝進出!! ウイイレにおける守備の仕方に気づいた。ボールを取られたら全員一目散に自陣に戻ること。それが最適なのではないかと思った。 スマホ版のウイイレでこのやり方に気づいた。…

Iリーグ第30節 手堅く手堅く

対スウェーデン 1-0 WIN 勝負に徹した。勝つことが最も良い薬なのだ。 ズラタンイヴラヒモビッチが待ち構えた試合を無失点で切り抜けた。とにかく勝てたことがうれしい。一周回って勝つことの価値が大きくなっている。たぶんそれを繰り返すのだろう。 どれだ…

Iリーグ第29節 攻撃的、でない。

対コロンビア 1-0 WIN やっぱウイイレは攻撃が醍醐味だと思う。それを味わわなかったな今日は。 もちろん勝てたことがうれしい。むしろ勝ちにこだわっているからこそ、攻撃の醍醐味を味わっていないのだと思うんだけど。でもとにかく勝ちたい。楽しさを求め…

Iリーグ第28節 やられた

対フランス 1-4 LOSE 完敗。しょうがないでいいのだろうか。 しょうがないなって思ってしまう。でもそれは本当にしょうがないことなのか、ということも考えてしまう。まあしょうがない部分はあるんですよ。試合中の判断について、同じ状況にいない試合後の自…

Iリーグ第27節 惜しい一戦

対イタリア 2-2 DRAW 最後に勝ちきれない。やはりボールをつなぐところに課題がある。 先制し、追いつかれ、突き放し、後半ロスタイムに追いつかれた。悔しいね。勝利をあとちょっとのところで逃した。うむ。痛い経験だ。 パス回しはうまくなってきてはいる…