読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

Iリーグ第3節 引きずらない

対イングランド 3-2 WIN 逆転勝利。自分の中に確かに存在する「流れ」には抗わないこと。 昨日の敗戦から一夜明け、今日は良い試合が出来た。一つ大きな点として、「流れ」に逆らわないことがあった。 CFとして出場した原口が前半の半ばにイエローをもらった…

Iリーグ第2節 やる気のなさ

対コートジボワール 1-4 LOSE 根本的なやる気のなさが生んだ悪い流れを変えることが出来なかった。ただの苦痛でしかなかった。 最悪。ここ最近で最もつまらない試合をした。というかもう投げたよね。勝負を投げていたよね。入りから悪かったし、そもそも別の…

Iリーグシーズン2開幕戦 瞬間に把握する難しさ

対アルゼンチン 2-1 WIN 後半ロスタイムの劇的勝利。まだまだ課題がある。 結果はまあ、結果として喜ぼう。開幕戦に、しかも強豪アルゼンチンに勝利したことは非常に大きなこと。幸先良いスタートを切れたことには満足している。 しかしながら、課題は存在す…

Iリーグ最終節 攻撃がやっぱり楽しいんだよ

対ウルグアイ 3-1 WIN インターナショナルリーグ1年目を白星で終えた。楽しい試合は出来たんじゃないだろうか。 最後は良くも悪くも遊んだ。勝ちたい気持ちはもちろんあるんだけど、なんかそれのみを追求するのがもどかしくて、はっちゃけた。この文章自体も…

Iリーグ第37節 ピッチで出来なかったことをとやかく言ってもしょうがない

対ベルギー 2-2 DRAW 悔しさがやはり残りますね。忘れよう。 一回もスコア上リードすることなく終わった。これは久々のこと。やはり先制されてからの試合は、余計に重荷を背負って走る感覚になる。今日はあまり言いたいことがない。なんか疲れましたね。 2失…

Iリーグ第36節 必死さ

対イタリア 2-1 WIN 最後は必死さ。そこで勝負が分かれる。 今日も得意のパターン。先制して、後半に追いつかれるパターン。またかといった感じからよく突き放しましたね。最後は必死さなんだって実感した。 試合開始1分に、左の香川が抜け出して大迫のゴー…

Iリーグ第35節 早めの時間稼ぎ

対アルゼンチン 3-2 WIN なんとしても勝利が欲しかった。それは絶対的な価値。 勝負において、勝利は絶対的な価値だ。いくら内容が良くても、勝利が無ければ人は認めない。目に見えるもの。「勝負において」は、勝利は絶対的な価値だ。 この勝利を強豪相手か…

Iリーグ第34節 甘さ出た

対フランス 1-1 DRAW またも追いつかれた展開。今日のは確実に甘い。 2日ぶりの試合。1日置くだけで、感覚は微妙に狂う。最初はそこの習性から入った。気持ちの面でも、現在の日本の立ち位置を意識して上げていった。そこの立ち上がりに強烈なパンチをもらわ…

Iリーグ第33節 慢心を制す

対ギリシャ 2-1 WIN 劇的後半ロスタイム弾。工藤壮人を褒めたい。 強豪との三連戦を三分けで終え、互角に渡り合える実力に自信を付けた日本の次なる相手が、19位のギリシャ。まあそら、相手のレベルが2個ぐらい落ちるわけです。当然こちらも、張り続けた糸が…

Iリーグ第32節 突破できない硬い土

対ブラジル 1-1 DRAW 王国にまたしてもドロー。強豪との三連戦は厳しいものとなった。 オランダ、ドイツ、ブラジルとの三連戦全てが1-1の引き分け。これが物語るのは、強豪に勝ちきれないということ。その証拠に、全ての試合で先制しときながら引き分けに持…

Iリーグ第31節 勝てないかあ。

対ドイツ 1-1 DRAW 絶句。後半ロスタイムに潰えた。 負けた感強いですね。本当に勝利まであとちょっとのところで終わった。まさか、というタイミングで強烈なミドルシュートを決められた。詰めが甘いと言ったらそれまでだが、これは少し解決策を考えざるを得…

Iリーグ第30節 激闘 -マネジメント能力なるもの-

対オランダ 1-1 DRAW 個の力の差は感じた。でも頭を使えば乗り越えられるとも思った。 このインターナショナルリーグにおいて、個の力を伸ばすことは不可能だ。なぜなら選手の成長が設定されていないからだ。何試合経験を重ねても、選手の能力値が上がること…

Iリーグ第29節 勝利が最低目標

対コートジボワール 1-0 WIN 突き抜けられない状態でしのいだ。価値ある一勝。 今日は昨日と違って、後半からフレッシュな風を送ることが出来なかった。ハーフタイムで選手を交代させようか悩んだが、控えに使いたい選手がいなかったので、そのまま後半を迎…

Iリーグ第28節 飽きたら変える

対コロンビア 3-1 WIN アウェイで勝利。4位に浮上。 今日は楽しかったですね。良い具合に攻撃が出来た。相手は強烈な攻撃陣を擁してはいるものの、守備に脆さがあった。だからこちらは気持ちよく攻撃させていただいた。 今日の試合で再認したのは、フレッシ…

Iリーグ第27節 伝統の一戦

対韓国 1-0 WIN またの接戦。この対戦はいつもタダじゃ終わらない。 前回の対戦では5-4の乱打戦、今回は1-0の渋い接戦を制した。他のチームとの対戦とは何かが違う。あと日韓戦のときだけ必ず選手入場シーンがあるのは何故だろうか。やはりコナミも日韓戦は…

Iリーグ第26節 力入れ過ぎない

対ポルトガル 2-1 WIN 後半ロスタイムの決勝点。大迫さまさまの試合になった。 強敵ポルトガルによく勝てました。このIリーグの中でもポルトガルはなかなか歯が立たないチームであることを前半戦で体感していた。今日勝てたのは試合開始早々に先制できたのが…

Iリーグ第25節 気持ちの余裕・油断

対ボスニアヘルツェゴビナ 3-0 WIN ホーム戦勝利。スコアで圧倒しているときの精神状態について。 今日の試合は、今までのリーグ戦のなかでは異質なものだった。17分までに2点を取り、前半が終わる頃には3-0と、スコアで圧倒していた。いつも試合終盤まで「…

Iリーグ第24節 持っている人

対チリ 4-2 WIN このチームにおいて外せない二人を認識した。それは本田と大迫だ。 大迫が久々試合に出場した。リーグ前半戦ではチームトップの得点を記録していたが、このところ調子が芳しくなくベンチを温めていた。今日はコンディションが戻り、他の絶好…

Iリーグ第23節 散々

対イングランド 0-3 LOSE 自分たちから流れを変えてしまった。投げたくなる試合だった。 極論、「諦めない」が試されていると思う。諦めるとは、現実から逃げること。ウイイレにおいて、場合によっては諦めたくなる瞬間がある。そのときにいかに諦めないでい…

Iリーグ第22節 甘さはいらない

対スイス 5-1 WIN 突ける隙は全部突く。付け入る隙は与えない。 結果的には大勝だけど、70分まで1-0だった。それがガラッと変わったのは、ずっと突っついていた相手の壁が崩壊したからだろう。相手はCPUだけど、一回引き離されるとずるずるやられていくこと…

Iリーグ第21節 ここで勝負すること

対スペイン 1-2 LOSE 相手が強いと余計なことを考えなくなる。それはすごく幸せなことだ。 余計なことを考えなくなればなるほど、底の方から力が溢れてくる。それが幸せなことで、明らかに感じられる強さというのは、たとえ敵であったとしても良い気分にさせ…

Iリーグ第20節 煮え切らない

対アメリカ 0-0 DRAW 後半戦は引き分けスタート。壁を打ち破る軽さが足りない。 壁というものは、重たい心では打ち破ることができないことが多々ある。心を軽くすると、壁というものは簡単に崩れていくことも多々ある。今日はそういうことだったのかもしれな…

Iリーグ第19節 これでやっと前半終了

対ウルグアイ 3-1 WIN 相手の攻撃に翻弄されながらもなんとか勝利。多くのことを学んで前半戦終了。 ウルグアイの攻撃陣はハンパないですね。中央にスアレス、左にカバー二、右にフォルラン。実際エゲツなかった。しかも失点の1点はCBに決められたし。お前ど…

Iリーグ第18節 悔しいなあ

対ベルギー 3-3 DRAW 一歩のところで力んだ。まだまだ信じきれてないみたいだ。 前半にまさかの0-2とされ、ベルギー相手にこんな試合やっててどうすると監督に喝を入れられて迎えた後半、46分に柿谷が中央突破のドリブルから点を決める。しかしそのすぐ5分後…

Iリーグ第17節 ハラハラドキドキ

対イタリア 3-2 WIN 首位イタリアを撃破。リベンジ成功。 まあ、結果は出ましたね。それは満足。前半17分、左の香川から前にスルーパスをもらった山口蛍がエリア内で倒されPK獲得。それを本人がキッチリ決めて先制した。30分に相手のFWジュゼペロッシに決め…

Iリーグ第16節 甘くない

対アルゼンチン 1-1 DRAW 瞬間にどこまで見れるか。違う次元に入った。 今までも、瞬間に集中するということを意識していた。瞬間に集中することで、自ずと答えが見えてくるというスタンスを取っていた。今日はそれとも違った。もちろん無意識的なところでの…

Iリーグ第15節 判断が追いついていない

対フランス 0-3 LOSE 隙をまんまと突かれる。呆然と立ち尽くしてしまう。 なすすべなしと言ったところです。試合の入りも悪かったし、プレッシャーに行くべきところに行けてない、その単純な理由で3失点した。判断が追いついていなかった。それがボコボコに…

ISSカップ2回戦 敗戦は、単なるスコア。

対イタリア 3-4 LOSE またも新たな強さに触れた。最後まで得点を積み重ねたことは褒めたい。 カップ戦の初戦。今までこのインターナショナルリーグで戦ってきて、こんなに攻撃に圧倒されたことはなかった。ウイイレ3日ぶりということも作用したとは思うけど…

Iリーグ第14節 勝ちを収める

対ギリシャ 1-0 WIN 前半7分の決勝点。試合巧者の戦い方をした。 試合開始早々の得点を守りきっての勝利。危なげない試合はしたものの、追加点が程遠かったのも事実。決めるときに決められていたのが結果につながった。 ある程度思いきりというのも必要にな…

Iリーグ第13節 王国に勝つのは難しい

対ブラジル 0-0 DRAW アウェイでのブラジル戦。勝てる感じを感じられない引き分け。 シュートはこちらの方が打っていた。でも惜しいシーンは思いつかない。スペクタクルな攻撃を仕掛けてくると思いきや、王国、守備が鋼のように固かった。かといってチーム全…

Iリーグ第12節 しっかりと上はいる

対ドイツ 2-3 LOSE 久々の敗戦。まだまだ上に行ける。 やはりドイツ強かったね。前半で0-2になったときは、こりゃあ勝てないわって思ったもんな。正直前半での2失点は防ぎようがなかった。最善の選択を取り続けてもやられたって感じ。相手のフォワードになぜ…

Iリーグ第11節 たまらない空間

対オランダ 1-0 WIN アウェイで撃破。どこだろうがやることはただ「見る」こと。 相手が変わろうが、どんな状態だろうが、やることは変わらない。ただ、「見る」こと。ちゃんと見ていたら勝手に足は動く。自分がやることは、ただ見ることでしかない。それを9…

Iリーグ第10節 過信してはいかん

対コートジボワール 5-0 WIN 誰も予想していない結果。ハネるときはある。 攻撃力の高いコートジボワール相手に、圧倒的な攻撃力を見せつけた日本。うまく相手の綻びを突いた戦いが出来たように思う。まあ昨日の記事にも書いたことだけど、自分たちの精神状…

Iリーグ第9節 素晴らしい

対コロンビア 2-0 WIN 今日は選手たちを褒めたい。よくやってくれた。 今日は冴えていた。それぞれの選手が色んな局面で為すべきことを理解して実行していた。冴えているときは相手の一歩、二歩先の動きが読める。そこを読み取って、一歩、二歩前で先回りし…

Iリーグ第8節 すげー試合した

対韓国 5-4 WIN やっぱこんなことになるんだ。日韓戦は身震いがした。 なんですかね、久しぶりに手に汗握るような試合をした。試合の流れを大まかに説明すれば、前半の早い段階で韓国に2点取られ、マズい展開になったものの、前半終了までに大迫が2点取り返…

Iリーグ第7節 それでもやるしかない

対ポルトガル 0-2 LOSE 完敗。でも人間は前を向く以外にない。 60分台に立て続けに失点した。1点目はしょうがないにしろ、2点目はこちらのミス。そういうところが、メンタルの脆さを映し出している。 日本代表もよく、崩れることありますよね。いま思ったの…

Iリーグ第6節 本田さん

対ボスニアヘルツェゴビナ 1-0 WIN 勝負強さを発揮した。どれだけ自分を信じられるか。 85分での劇的決勝弾。最後にあの男が決めてくれた。本田圭佑。僕たちは待っていた。持ってる男の登場を。 ウイイレって、立派な「経験」だと思う。僕は今日、この試合を…

Iリーグ第5節 勝機は必ずある

対チリ 3-1 WIN それを掴めるか否か。どれだけ研ぎ澄まされているのか。 後半からの逆転勝利。55分に先制されてからよく3点取った。ラッキーもあったけど、それはお互いに言えたことで。ヘディングで先制され、やはり個人では勝てないのかと思った4分後に、…

Iリーグ第4節 余白がない

対イングランド 1-1 DRAW 余分な余裕の余地なし。本当に研ぎ澄まして力を発揮しないと勝てない。 そんな試合が楽しい。明らかに楽しい。本当に本気出さないと勝てないという状況でないと、本気は出ない。そして本気であるということは、それだけで楽しいこと…

Iリーグ第3節 手強い

対スイス 0-1 LOSE 明らかな壁がある。でもそれは崩れる壁だ。 ホームで迎えた第3戦。スイスは強かった。さすがだな、これが欧州のレベルなんだなというのを知った。 日本が弱いわけではない。彼らには可能性を感じる。ただ最後の決定力が足りない。そこは試…

Iリーグ第2節 やれなくはない

対スペイン 1-3 LOSE アウェイでスペインに敗れる。でも手応えはあった。 開始早々のPK献上で試合は始まった。GK西川がイエローで済んだのが不幸中の幸いだった。その後も前半中盤にセスクにこぼれ球を押し込まれ0-2となる。 後半に入って中央の大迫と右の柿…

Iリーグ第1節 上々のスタート

対アメリカ 2-0 WIN 久々のウイイレで白星を挙げた。やっぱり楽しい。 なんか、とりあえず楽しくていいよね、って感じです。そこがクリアしてたら、とりあえずはいいよって。やっぱウイイレ楽しい。少し離れたからこそ感じられること。有り難み、みたいな。 …

日本代表、世界の頂を目指す。

満を持して、再開します。ウイイレ、始めます。 約二週間を置いて、再びウイイレやります。これまでは、マスターリーグという、実在するクラブの運営をしながらチームを強くしていくことを目的としたモードで遊んでいた。APOELニコシアというキプロスのクラ…

プレミア最終節 7年間ありがとう。

対サンダーランド 3-1 WIN 最終節勝利。マザーウェルの7年間が終わった。 色々ありましたよね。そりゃ7年もやってれば。最初はこんな感じでした。 未知なるスコットランドのクラブで、なおかつスコットランド人だけで世界の頂点を目指そうという、なんだか壮…

プレミア第37節 危なくてもまとめる

対マンチェスターユナイテッド 3-2 WIN ホームにて勝利。マンU強し、されどマザーウェルはもっと強し。 マザーウェルは向かう所敵なし。それでも危ないことにはなる。常に安定して力が出せるわけでもない。動的平衡。ぐらぐらしながら、必死に保っているとこ…

CL決勝 有終の美

対ユベントス 3-0 WIN ここまでの歴史の中で、一番うれしいこと。ビッグイヤーが彼らの手に。 リスボンで行われたヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝。マザーウェルにとって夢にまで見た大舞台。昨年まではCLの舞台にも立てなかった。それが今年、いきなり…

プレミア第36節 手は抜かない

対アーセナル 3-0 WIN 手は抜かない。いつでも同じじゃない。 いわば消化試合。そして来週はCL決勝。今日の相手はアーセナル。別にこの試合負けたっていい。順位に影響は出ない。でも、それのどこが楽しい?勝負事において、勝負を放棄するほどつまらないこ…

プレミア第35節 きっちり

対エヴァートン 2-0 WIN もはや2点差での勝利は「勝利」という感じがしない。とはいえきっちり勝ててよかった。 相手は強かった。なんか、強い。守備が良かった。こちらのサッカーを封じてきた。前半はスコアレスだった。微妙に噛み合ってない感じがあった。…

プレミア第34節 初の制覇

対サウザンプトン 8-0 WIN マザーウェル、悲願のプレミア優勝!みんなこの時を待っていた。 今日の試合は、マザーウェルの優勝がかかった試合だった。とにかく、これまで長かった。7シーズン戦って、ようやくプレミアのタイトルを手にすることが出来た。 実…

CL準決勝2nd leg 確固たるものへ

対バルセロナ 3-1 WIN(Total 7-1 WIN) ホームでも勝利。決勝に駒を進めた。 バルセロナは、昨日とは違っていた。本気を見せていた。その圧力が強くて、1点先制されたまま後半に折り返した。 ただ、マザーウェルも黙っちゃいられない。ホームでの意地がある。…