ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

ISSカップ準々決勝 油断はするな

対チリ 3-2 WIN とにかくボールを持ってから考える。調子こくとすぐ崩れるよ。 日本、ISSカップ準決勝進出を決めた。もう何年ぶりなんだろうかという感じなんですが、今季の日本を考えれば当たり前な結果でもある。とにかくボールを持つサッカーというのがこ…

Iリーグ第22節 時間をかければ上手くいく

対クロアチア 4-2 WIN 自分一人でやろうとしない。待って待って、みんなで攻める。 強くなるっていうことは、パッと見で分かることではないのかもしれない。今シーズン、日本は過去にない強さを発揮している。現時点で22試合中18勝しているのは、正直言って…

Iリーグ第21節 ボールを持ちながら考える

対スペイン 2-0 WIN スペイン撃破。ボールを持ちながら、やるべきことを見つけていくことが大事ですね。 ポゼッションしながら、点も取っていくスタイルが板に付いてきた。時間稼ぎが「消極的パス回し」なら、今のスタイルは「積極的パス回し」だ。相手がプ…

Iリーグ第20節 気を緩めない

対カメルーン 1-0 WIN 大事な後半戦のスタートを白星で飾った。とにかく勝ったことに意味のある試合だった。 良くやりました。良くやったと褒めたい。リーグの前半戦が終わって、若干気が緩んでるところがあった。そして気分が乗っていなかった。それに対し…

Iリーグ第19節 試合を作るという発想

対イタリア 2-0 WIN ボールを持ちながら、同時に攻めていくというスタンス。積極的なパス回しが試合を作り出していく。 良くやったと思います。リーグ前半戦を締めくくる試合で、相手は強豪イタリアで、よく勝ってくれたと思う。決して無理をせず、ボールを…

Iリーグ第18節 時間を作っていく

対オランダ 2-1 WIN 時間は自分たちで作れるものなのだなと実感。時間は意識に付随する。 ゆったりとした動きをすれば、時間はゆったり進む。たしかにピッチの上に居られる時間は90分と決まっているけど、体感時間は自分たちで変えられる。どう行動するかで…

Iリーグ第17節 ボールを持つこと

対コロンビア 2-0 WIN ボールを持つことでリズムを取り戻した。価値ある勝利。 時間稼ぎをするようになったからこそ掴んだ感覚というものがあった。流れが相手に行っているときは、ボールがこちらに来たらパス回しをするという新たな攻撃パターン。パスをゆ…

Iリーグ第16節 あっという間に終わった

対ドイツ 0-2 LOSE ほぼ何も出来ずに終わった。壁に穴を開けることも出来なかった。 負けた。前半の15分までに2点決められた。ドイツは強かった。今日の試合に限っては、隙を見つけることがほぼ出来なかった。シュートすら打つことが出来ない状態だった。や…

Iリーグ第15節 最優先事項は何か

対ポーランド 1-0 WIN 勝利。無失点で終えることを優先した。 スケベって無意味な攻撃をしてはいけない。「なんとなく」でプレーしてはいけない。何気ない一歩でも、そこに意思があれば道は開ける。その積み重ね。一歩一歩の意思の差が、何万歩もの差に繋が…

ISSカップ2回戦 最後まで見るんだ

対カメルーン 2-0 WIN カップ戦の初戦を勝利。パスを出す寸前まで周りを見ることが大事。 カップ戦は一発勝負、負けたら終わりなので、リーグ戦よりも一つの勝利が結果を左右する。そういう場所で、しっかりと勝つことが出来たことに満足している。 ここ最近…

Iリーグ第14節 勝負に徹する

対ベルギー 1-0 WIN 面白さとか二の次。まずは結果を出してから。 「嬉しいから笑うのではなく、笑うから嬉しいのだ」みたいな言葉があるけど、最近ウイイレをやっていて同じように、「強いから勝つのではなく、勝つから強いのだ」というイメージが湧いてく…

Iリーグ第13節 積み重ねる

対チリ 2-1 WIN とにかく勝利を作り出せ。内容は後から付いてくるから。 状況に応じたプレーをしよう。その時々で求められるプレーは変わる。それを全体で共有しよう。それぞれがチームのやりたいことの全体図を共有していたら、プレーに無駄は無くなってい…

Iリーグ第12節 勝つことが大事

対スウェーデン 2-1 WIN 70分台からの時間稼ぎ。後味は良くないけど勝ち点3が何より大事だった。 同じ失敗はしない。2-1までの展開が昨日と同じだった。先制して、その後追い付かれるもすぐさま勝ち越して、という展開。そこからは何としても点を入れさせた…

Iリーグ第11節 不安要素を消す

対イングランド 2-2 DRAW 先制するも、勝ち切れなかった。一つ一つ不安要素を消していくしかない。 どれだけ気持ち良くプレー出来るか。それが勝負において大事なことだと思う。気持ち良くプレー出来ているときは、不安要素というものがほとんどない。つまり…

Iリーグ第10節 悪くないから

対ブラジル 2-4 LOSE 内容は悪くない。守備での少しの綻びがこの結果を生んだ。 前半の1点ビハインドをという状況を、47分までに1点リードにまで覆したところは良かった。そのあと完全な自分たちの流れをすぐに明け渡してしまったのが大きな敗因。そしてその…

Iリーグ第9節 ここからだと思う

対ポルトガル 2-4 LOSE 今季初黒星。ここからどういう試合をしていくのかが大事になってくる。 なかなか追いつけない試合だった。一歩近づいたら秒速で離されるという展開が2回あった。得点後の姿勢に乱れが出た。 どんな状況でも動じなくなっている。それは…

Iリーグ第8節 Moment to moment

対ウルグアイ 3-1 WIN 前半で勝負あり。前も後ろもよく見えてきた。 今日の前半は攻撃陣の調子が良かった。ウルグアイ相手に30分で3-0にした。調子が良い時にガッとまくし立てるのは良いですね。そしてそれが序盤なら尚更ですね。一日の計は朝にあり、じゃな…

Iリーグ第7節 先を見据えた今

対デンマーク 2-0 WIN 一歩先が見えると、二歩先が見えてくる。それによって、今の動きが変わっていく。 自分たちの調子が良い時は、先の未来の予測を立てられている時だ。そういうときは、いまやるべきことがハッキリ分かる。やるべきことが分かるというの…

Iリーグ第6節 取るべき時に取る

対アルゼンチン 2-0 WIN ホームで勝利を手にした。「立ち上がり」が負担なく攻められる時間。 今日の先制点も山口蛍。今季はヒーローが次々と生まれている。本田、香川がいなくても、チームは躍動している。それでこそ日本代表だと思う。 最近はキャプテンの…

Iリーグ第5節 落ち着いて出来た

対チェコ 4-0 WIN 今季初の大勝です。山口蛍のハットトリック。 後半はほぼ完璧な試合をした。相手がボールに食いついてきたら、さっとボールを離す。その積み重ねで得点を量産した。保持しているボールを、相手の前にぶら下げたニンジンだと捉えると、パス…

Iリーグ第4節 クレバーに戦う

対フランス 4-2 WIN 勝ちました。行くべきところと引くべきところを見極められた。 そして今日も斎藤学が先制点を決めた。出来すぎている。そしてポジションが変わっても結果を残せている。日本代表は大きな切り札を手にしたなという感じは本当にある。 今日…

Iリーグ第3節 持ってる男、斎藤学。

対クロアチア 2-1 WIN 82分からの2ゴール。決めたのは、斎藤学。 やりました。日本代表はこんな選手を求めていた。本田だけじゃない、持ってる男。彼はそんな選手なのかもしれない。 斎藤学が今日の試合でも躍動した。後半からの出場で、試合を決める2得点を…

Iリーグ第2節 鮮烈デビュー

対スペイン 1-0 WIN 斎藤学、衝撃デビュー。王者スペインに決勝弾。 なかなか意味のある試合になりました。賭けに勝ったという感じです。70分に投入した斎藤学が決勝弾を決めた。やりました。新しい風が吹いた。彼の機敏さが一瞬でゴールを生み出した。 ここ…

Iリーグシーズン9開幕戦 どんどん行く

対カメルーン 1-0 WIN シーズン9開幕戦を勝利した。どんどん勢いに乗っていきたい。 はい、インターナショナルリーグも9シーズン目に突入しました。なかなかですね。毎シーズン、今年こそは優勝するという気持ちでやっているのですが、今シーズンは、もっと…

Iリーグ最終節 最悪

対クロアチア 0-1 LOSE ここで勝てないのは、マズい。最後って最初と同じぐらい大事だから。 内容的にも煮え切らない試合をした。シュートは打つものの悉く枠から外れる。打ちゃあいいと思ってるシュート。それはそれで大事なんだけど、それだけじゃ得点確率…

Iリーグ第37節 大きい

対ポルトガル 2-1 WIN 凄まじい逆転劇。攻撃的なディフェンスがポジティブな波を作った。 77分に先制されて、よく逆転しました。とにかく一歩先の目標を見て、それを達成することに集中するのが良いと思った。1点ビハインドなら引き分けに、同点なら勝利へ、…

Iリーグ第36節 一歩ずつ

対オランダ 1-1 DRAW 先制するも、ドロー。内容は良かった。 あとはこれを続けて、しっかりと結果を出していくことだ。今日の内容は良かった。失点の部分もそれほど気にする必要はない。不運の部分もあった。 負けない、ということは良いことだ。そう、だか…

Iリーグ第35節 最初から攻める

対ブラジル 2-1 WIN おしおし。先制して流れに乗れた。 敵地でブラジルに勝利。良くやりました。とにかく先制出来たことがこの結果に繋がっていると思う。そして先制するためには、最初から攻めていくという姿勢が大事なのだと思う。根幹にあるのは姿勢だか…

Iリーグ第34節 もっともっと出来るはずだから

対ポーランド 1-1 DRAW 絶対に勝てると思い続けて、成し遂げられなかった。もっともっと強くなりたい。 自分に対して、あるいは自分たちに対して、もっと出来るはずだという思いがある。本気で勝てると思っている。どんな相手にも勝てると思っている。そうで…

Iリーグ第33節 やっと勝った

対アルゼンチン 2-1 WIN やっとこさの勝利。先制点がやはり大きかったのかも。 もう、何度も言うけど、その場にいかに居られるかが大事なのだ。逆に言うと、それさえ出来ていれば大丈夫なのだ。技術とか戦略云々なんて考えなくていい。その場に「居て」、ち…