ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

日本代表、世界で戦う。

Iリーグ第36節 一歩ずつ

対オランダ 1-1 DRAW 先制するも、ドロー。内容は良かった。 あとはこれを続けて、しっかりと結果を出していくことだ。今日の内容は良かった。失点の部分もそれほど気にする必要はない。不運の部分もあった。 負けない、ということは良いことだ。そう、だか…

Iリーグ第35節 最初から攻める

対ブラジル 2-1 WIN おしおし。先制して流れに乗れた。 敵地でブラジルに勝利。良くやりました。とにかく先制出来たことがこの結果に繋がっていると思う。そして先制するためには、最初から攻めていくという姿勢が大事なのだと思う。根幹にあるのは姿勢だか…

Iリーグ第34節 もっともっと出来るはずだから

対ポーランド 1-1 DRAW 絶対に勝てると思い続けて、成し遂げられなかった。もっともっと強くなりたい。 自分に対して、あるいは自分たちに対して、もっと出来るはずだという思いがある。本気で勝てると思っている。どんな相手にも勝てると思っている。そうで…

Iリーグ第33節 やっと勝った

対アルゼンチン 2-1 WIN やっとこさの勝利。先制点がやはり大きかったのかも。 もう、何度も言うけど、その場にいかに居られるかが大事なのだ。逆に言うと、それさえ出来ていれば大丈夫なのだ。技術とか戦略云々なんて考えなくていい。その場に「居て」、ち…

Iリーグ第32節 三度追いついての引き分け

対セルビア 3-3 DRAW 必死で土が付かないようにした、って感じ。負けてはいないけど、勝ててない。 そうなると順位は落ちるんですよね。やっぱ勝たないと。まあ、それは重々承知してはいるんですけど。あまり気にすることはない。気にすると、どんどん難しく…

Iリーグ第31節 その場に居ること

対イングランド 2-2 DRAW その場に居ることの大切さ。それが何よりも大事なのだということを学びました。 技術とかじゃない。そんなもんは後から付いてくる。まずは、「その場に居る」こと。それが出来ていなかったら何も出来ない。その場に居ないと正確な状…

Iリーグ第30節 いざ先制すると、戸惑う。

対スペイン 2-2 DRAW 上手くいかなかったけど、冷静に考えてみよう。考えて、瞬間で捨てることが大切。 全ては頭の問題。頭が不安も希望も作り出す。頭が不安を作り出すと、心も不安になってくる。そうするとそれは体にも伝わって、負のスパイラルに陥ってい…

Iリーグ第29節 とにかく先制しよう

対ウルグアイ 1-2 LOSE 後半ロスタイムのオウンゴール。同じような試合を繰り返している。 悔しい。マジで悔しい。勝てそうで勝てないし、なんか負けてるし。単純に結果が出ないとフラストレーションが溜まる。なんか、光が見えてこない感じ。まあそういうと…

Iリーグ第28節 あともう一歩

対イタリア 1-1 DRAW 引き分け。先制点を決めたいね。 昨日のフランス戦、そして今日のイタリア戦、ともに1点ビハインドを追いついての引き分け。負けそうなところを追いついたという意味では評価できるけど、そもそも先制点を取られているということは決し…

Iリーグ第27節 貴重な勝ち点1

対フランス 1-1 DRAW 後半ロスタイムの同点劇。目標は近くに置くことが大事。 0-1で終盤を迎えたときのモチベーションをどう作っていくか。これは非常に大事なことだと思う。別に0-1に限ったことではないのだけれど、勝利という目標からちょっと離れた現実に…

Iリーグ第26節 破れない

対コートジボワール 0-0 DRAW シュート、打ち切れない。前半からの追い込みが課題。 今日は攻撃が良くなかった。というか、シュートまで行かない。前半は0本。後半は盛り返して5本。でもゴールは0。前半のうちに状況を改善することが課題。様子見の時間を圧…

Iリーグ第25節 目的を忘れないこと

対チェコ 1-0 WIN やはり勝つことが全て。ピッチに立つ以上、その目的を忘れるな。 余計なエゴは要らない。勝利へのエゴしか要らない。それを肝に命じて行動した。結果は自らが作り出したものだ。つまり自らの意志一つで結果は変わるのだ。だから、自らが何…

Iリーグ第24節 最悪ですね

対スウェーデン 0-1 LOSE 不完全燃焼で敗北。結果が出せない悔しさ。 なかなか明るくなりませんね。あまり良いところが無かった。シュートまでの流れは良いんだけど、というのは何個かあった。やっぱゴール決まらないとなかなか乗り切れないな、っていうとこ…

Iリーグ第23節 一寸先は闇だから

対コロンビア 2-3 LOSE 最後にやられた。意識としての攻守のバランスを保ちきれなかった。 前半を0-2で折り返し、後半入って63分までに2点返して、最後の最後で決勝点を決められた。後半はこちらのペースで、勝利が現実味を帯びてきて、攻撃に軸を傾けている…

ISSカップ準々決勝 流れを明け渡してしまった

対アルゼンチン 1-3 LOSE カップ戦、これにて終了。まだ、やるべきことはたくさんある。 負け惜しみではないけれど、今日の敗戦は、自分たちのやるべきことはまだたくさんあるんだ、ということを認識できるものだった。負けは負けでも、気分がジメッと重くな…

Iリーグ第22節 余裕のあるうちにやる

対ベルギー 2-0 WIN 試合が始まったころは余裕がある。そのときからいかにチャレンジしていけるのかが大事。 攻撃を先延ばしにしない。序盤からガンガン攻撃していけば、それだけチャンスの数は増える。とにかくシュートを打つ。母数を増やしていく。それが…

Iリーグ第21節 運にも救われた

対ドイツ 1-0 WIN トンネル脱出。必要以上に攻めないと勝てない。 やりました。ドイツに勝ちました。つまりどのチームにも勝てるということです。サイドの選手の調子が良かったのも勝因の一つ。あとは運。相手に決定的なシーンを2度作られた。そこで運が味方…

Iリーグ第20節 間髪入れずに打つ

対カメルーン 2-3 LOSE シュートは打ててきている。次は素早くシュートを打つことだ。 カメルーンに2連敗ですね。守備陣が相手の攻撃に対応しきれていない、ってのはあるのかな。でも、失点はこちらの守備のミスによるものが大きいんですけど。 ミスに関して…

Iリーグ第19節 シュート、とにかくシュート。

対クロアチア 1-1 DRAW 出来ると思ってることしかやらないから小ちゃい攻撃しか出来ないんだよ。もっとハミ出してみろよ。 ということで、またもシュートが足りないという話です。意識しないとシュートの本数は少なくなってしまう。今日なんて、前半のシュー…

Iリーグ第18節 連敗はないわ

対ポルトガル 1-2 LOSE まだまだシュートが足りない。行為が足りない。 いくら気持ちを持っていると言えども、行動しなきゃ何にもならない。少なくともサッカーにおいては。試合に勝つためにはゴールを決めるのが必要不可欠なわけで、そのためにシュートを打…

Iリーグ第17節 身から出た錆

対オランダ 0-1 LOSE 自分たちのミスから失点し、巻き返せなかった。ミスとシュート不足が招いた敗戦。 ディフェンスラインでボールを回すときは注意しましょうね。そこで取られたら一気に相手のチャンスになるので。それと、シュートを打つこと。シュートで…

Iリーグ第16節 やる、やる、やる。

対ブラジル 2-1 WIN ゴールのチャンスは無数に存在する。その数を増やすのは、自らの目、のみ。 前半の大迫の2得点で逃げ切った。どちらも右サイドからのパスをダイレクトで押し込んだゴールだった。ここ、というポイントでパスを出すのが大事。そしてそのポ…

Iリーグ第15節 まだまだやれる、ということが分かる

対ポーランド 2-0 WIN 新しい発見は、自分の中に潜在する未知なる世界を予知させる。それがたまらなく、ワクワクさせる。 決して内容が良いわけではなかった。でも2ゴールは、自分たちで作り上げたという実感が非常に強い。最近の試合では、「意志」の力でプ…

ISSカップ2回戦 死闘を制す

対スペイン 4-3(EX 2-1) WIN 延長戦まで縺れての勝利。とにかく自分で作り出せってこと。 国立競技場での試合でしたからね、まあスペイン相手でも良い試合が出来ました。失点はこちらのミスも大きく関与してるから頂けないところではあるけど、何はともあれ…

Iリーグ第14節 結果を出す前に、イメージを創り出すこと。

対アルゼンチン 2-1 WIN 結果を出す前に、行動の元となるイメージを創り出す。そのイメージは、理想とも言い換えられる。 2分にメッシに先制されてから、怒涛の攻撃を見せ、前半で逆転した。得点となった二つのシュートの前にも、惜しいシュートを何本も蹴り…

Iリーグ第13節 落ち着いて見定めること

対セルビア 1-0 WIN まずはうれしい勝利。そしてまた、新たな発見があった。 やはり勝利が自信をつける。そしてそこまでには、シュートで終わることで徐々に自信を取り戻していったチームの姿があった。ちゃんと消化すること。それはそのまま昇華につながる…

Iリーグ第12節 決められる時に決めないと

対イングランド 0-2 LOSE チャンスはいつ巡ってくるか分からない。チャンスの匂いがした瞬間、さっと掴む覚悟を持て。 4試合勝ち星なし。こうなってくると、良いイメージがしにくくなってきます。ここぞ、チャンスだと思います。こういうときこそ、自分たち…

Iリーグ第11節 勝ちたいという気持ち

対スペイン 1-1 DRAW なんとか引き分けた。でも勝てる可能性もあったよね。 気持ちがあるのか。まずそこ。そこから、色んな技術的なとこが始まる。 気持ちを具現化するのが好きなのだと思う。そこに一種、マジックみたいな、奇跡的なものを見出せるからだと…

Iリーグ第10節 一つの発見で満足するな

対ウルグアイ 1-1 DRAW 失点からの素早い追いつきは評価する。でも、君たちはそんなところに落ち着いている君たちではない。 先制点は依然として取られる。何らかの迷いが生じているように思う。真っさらでいる勇気もないみたいだ。すなわち、信じられていな…

Iリーグ第9節 具体的な策が見つからない

対イタリア 2-3 LOSE 失点が多い。前半早めでの失点をなんとかしたい。 悔しい。不甲斐ない。特に自分たちのプレーが悪くなったとも思えていないから、どうすれば良いのかが分からない。ただ一つ言えるのは、守備に慎重になりすぎて、ズルズルと後ろに引いて…