ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

日本代表、世界で戦う。-シーズン5

Iリーグ第22節 本当に残念

対ガーナ 3-3 DRAW 3点差を追い付かれた。2点差付けた段階での試合の進め方を考えないとね。 まあ、最悪ですね。後半の10分間に3ゴール決められた。相手を乗せてしまったのがマズかった。こんなことって、やっぱりあるんですね。無いと思ってましたわ。でも…

Iリーグ第21節 とりあえず気合い

対ポルトガル 2-1 WIN 根本の根本は、やる気の問題。気合いだ、気合いだ、気合いだ、なんですね。 勝ちたかった試合に勝てた。前回のポルトガル戦は苦杯を舐めたので、自分たちに勢いをつけるためにも今日の試合は勝ちたかった。ただ目の前の試合に勝つとい…

Iリーグ第20節 まさしく死闘

対アルゼンチン 5-4 WIN こんなに勝つことはしんどいことなのか。とてつもなく長い試合だった。 4回追い付かれて、4回振り切った。気持ち切れそうになった。4回追い付かれるのはキツい。何回もダムが決壊した感じ。たった一試合を勝つことがこんなにもしんど…

Iリーグ第19節 及第点

対イタリア 1-1 DRAW 終わるところを食らいついた。チャンスは何処にでも広がっている。 まあ、可もなく不可もなくという内容でしたね。攻撃面は85分間物足りなかったけど、87分でのゴールはそれを帳消しにするインパクトがあった。守備もね、悪くなかったけ…

Iリーグ第18節 無情にも

対ポーランド 2-3 LOSE 逆転負け。やっぱ簡単には勝たせてくれないんですね。 一難去って、また一難、的な。状況に応じての戦い方がまだまだですね。1点リードの状況で、失点しないやり方をベースに、あわよくば追加点というスタンスをどう保っていくのか。…

Iリーグ第17節 臨機応変、変幻自在。

対ウルグアイ 5-2 WIN 相手を良く見て試合が出来た。でもスコアに踊らされてはいけない。 久々3点差付けての勝利。でもこれはたまたま。3点目を取れたのが大きかった。前半は怒涛の展開で、相手に先制点を取られるも、40分までに日本が逆転し、前半はリード…

Iリーグ第16節 スペースをいかに確保するか

対ベルギー 1-1 DRAW 相手の守備が堅いときは、無理やり突っ込むのではなく、引いて自らスペースを確保せよ。押すのは誰だって出来るんだから。 価値あるドローではある。全体的に日本が押していて、にもかかわらず55分に先制され、苦しい展開を強いられ、85…

Iリーグ第15節 やってみないと分からない

対ブラジル 3-1 WIN 時間稼ぎにもやり方がある。大事なことは、油断せず、闘うことだ。 3分に日本が先制した。そこから時間稼ぎにトライした。そして27分に同点に追い付かれた。運が良かったのはそのあと前半終了までに2点追加出来たことだ。1点差と2点差は…

ISSカップ2回戦 二度の奇跡は起こらず

対コロンビア 2-3 LOSE (EX 0-1) ちょっとの隙なんです、結局。穴になる隙をどう埋めるか。 負けました。カップ戦、一試合で敗退です。またもタイトル獲得の夢潰える。ドラマティックな試合展開だった。後半開始直後に先制するも、85分に勝ち越し点を決めら…

Iリーグ第14節 惨敗

対フランス 0-4 LOSE 訳のわからない間に点を取られるのが一番問題。原因がボヤけているのは、まだまだ先は遠いということの証し。 この大差での負けは予想してなかったですね。なんだか訳のわからない間に3点取られた。自分たちの不意なミスもあったけど、…

Iリーグ第13節 時間稼ぎはなにもつまらないことではない

対イングランド 1-0 WIN 前半の半ばに先制して、それから時間稼ぎ。時間稼ぎは無駄ではない。 今までの、時間稼ぎの、やっている方で感じていたつまらなさに変化を見た。時間稼ぎはなにも、つまらないことではない。相手に取られないようにボールを運ぶこと…

Iリーグ第12節 どこでも「今の」自分であること

対コートジボワール 0-1 LOSE 何も出来なかったですね。軽さと重さを同時に表現したい。 なぜ自分はずっとウイイレをやっているのだろうか。そしてなぜ、一日一試合、カメのようにのったりとリーグ戦を続けていくのだろうか。二試合じゃダメなんですか?ダメ…

Iリーグ第11節 詰めが甘くて引く

対トルコ 2-2 DRAW 順調に時間稼ぎして最後にやられるとか、まさしく詰めが甘い。そこには事を成し遂げることへの消極性が感じられた。 ピッチの上に立つということは、勝負に勝つことを成し遂げるために最善を尽くすという意味だ。だからこそ、ピッチの上の…

Iリーグ第10節 安定しない

対クロアチア 1-4 LOSE スペインに勝って、クロアチアにはボロ負け。表面に起きた出来事の理由をしっかり考えよ。 スコアの変動によって、適当でない態度の変化が生じた。1-1の状況で65分に決められたFK。あれは止めようがなかった。なのにそれから三選手の…

Iリーグ第8節 勘違いをなくす惨敗

対オランダ 0-3 LOSE 奮闘実らず。振り出しに戻った。 オランダの攻撃力にやられましたね。試合の中で修正はかけていったんだけど、スコアの上で盛り返すことは出来なかった。ただ、やっていくなかで具体的な解決策が見えて、それをどんどん実行に移せたこと…

Iリーグ第7節 そりゃつまらないときだってあるさ

対スウェーデン 1-0 WIN 勝利を目指すとはそういうこと。勝利=楽しい試合だった、ではない。 前半の1ゴールを大事に墓場まで持って帰った、みたいな感じでしたね。コンディションの良かった岡崎を35分から投入して、その2分後に点を取ってくれて、そのあとは…

Iリーグ第6節 命尽きるまで

対コロンビア 1-0 WIN 死にかけた経験は、今在ることの奇跡を訴えかける。生きることの本当をチラッと垣間見た試合だった。 死にかけた、って何かと言うと、試合中にPSPの電源が落ちたということですね。正確に言うと、二回落ちてて、最初の一回は完全に電源…

Iリーグ第5節 昨日に続き、今日も大ケガ

対ボスニアヘルツェゴビナ 2-3 LOSE またしても逆転負け。念には念を入れるべきだった。 人間、学ばないものだ。昨日あれほど痛い思いをしたのに、また同じようなケガをしてしまう。残念でならない。昨日今日の敗戦には、自分の顔面を真正面から殴られるよう…

Iリーグ第4節 覚悟は大事だ。でも油断は大敵だ。

対ドイツ 2-3 LOSE 67分からの3失点。覚悟と油断は表裏一体。 60分までの2ゴールは、覚悟の上で成り立っていたように思う。攻撃も守備も、絶対に勝つという覚悟をもって臨んでいた。その覚悟が2得点を生み出したと思った。 ところがそこからまさかの3失点。…

Iリーグ第3節 チャンスをモノにできないパターン

対ガーナ 1-2 LOSE 攻勢の流れで決められなかったのが大きな敗因。ただ、チャンスを多く作ったことは評価する。 前半で0-2となった。相手の2ゴールは素晴らしかった。身体能力の高さを発揮していた。なかなかこの2ゴールを防ぐのは難しかったと思う。でも、…

Iリーグ第2節 残念でならない

対ポルトガル 1-2 LOSE 逆転負け。たまらない悔しさ。 不甲斐なさを悔しく思う。不甲斐なく感じているときは、まだまだ力が出せたという感覚があるからだ。大きなターニングポイントとして、後半に決められた同点ゴールがあった。CB森重のカバーリングにミス…

Iリーグシーズン5開幕戦 よくやりました

対アルゼンチン 2-1 WIN 新シーズンの開幕戦を勝利で終えた。肝心のスタートで結果を残すことが出来て満足。 インターナショナルリーグ、新シーズンが始まりました。今季で5年目です。1年目から順に、3位、8位、6位、11位という結果になっています。今年こそ…