ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

日本代表、世界で戦う。-シーズン6

Iリーグ第29節 思考の癖が出る

対ボスニアヘルツェゴビナ 1-2 LOSE またしても逆転負け。動きを明確にした方がいい。 一歩先の未来が見えているときは、いま自分のやるべきことはクリアに見える。守備でもその意識を持とう。結局のところ、やるべきことをやればいいのだから。自分たちの根…

Iリーグ第28節 一つの発見を引っ張るな

対ウルグアイ 2-3 LOSE 逆転負け。願いが叶わないということが、負けるということ。 3分の先制弾で、奢ったところがあった。前の試合から実行している、あるレベルでの俯瞰が身を結んだゴールだったから、これで良いんだ、というある種の慢心を生んだ。それ…

Iリーグ第27節 集中力にも波がある

対オランダ 3-1 WIN 前半で試合を決めた。集中出来ているときこそ、周りがよく見えている。 つまり周りが見えなくなっていたら、集中出来ていないということ。本当に集中出来ているときは、俯瞰する冷静さも持ち合わせている。自分のピントがずれ始めたら、…

Iリーグ第26節 真っ直ぐ立つことが、冷静でいるということ。

対アルゼンチン 1-5 LOSE 大敗。身銭切ってまで学ぶことはあった。 二連敗。重い。でも、だからこそ知れたことはある。まず、マズい状況に自分たちが遭遇したときに、好転させることができない現状を思い知った。そしてその理由として、状況が良くないと、立…

Iリーグ第25節 乱してしまった

対ポルトガル 1-3 LOSE ああ、人間だ。久々自棄になった。 70分の時点で1-1にしたのは良かった。そこからだったな。欲をかいた。自分たちがやるべきことは攻撃のほかに、もう一つ守備があるのだということを忘れていた。「何をやるべきか」を見落としてしま…

Iリーグ第24節 「なんでもない」を「とんでもない」に変える

対クロアチア 3-1 WIN やりました。パスが繋がらないときは、パスを繋げばいい。 修繕、修繕、の繰り返し。生きるとはそういうことだ。どうにもいかなくなったところに少しの余白を作る。そうすることでまた、活動を再開させるのだ。自分が(意志が)やれるこ…

Iリーグ第23節 冷静さを失わなければOK

対カメルーン 4-1 WIN よくやった。勝ってるときも冷静さを失わなければ足元すくわれない。 冷静であることが、行動においては大事ですね。自分が冷静であるかの判断基準として、自分のやるべきことが何であるかを捉えようとしているか、というのがある。自…

Iリーグ第22節 負けました

対イタリア 1-2 LOSE 敗因は探さないといけないのか。見えないものは見えないのではないか。 見えないものを見ようとする、あるいは見えたと思い込むまで見ようとするのは違うのではないだろうか、なんて思ったりする。見えてたらやってるわ、っていう。結局…

Iリーグ第21節 キレッキレ

対ベルギー 4-0 WIN 最初から感触が良かった。やっぱ自分にできることは窓を綺麗にしておくことだ。 久々の大勝。アウェイの地でよくやりました。試合開始から手応えがあった。サイドを使ってよく攻められていた。攻撃がしやすいと、気持ちも乗ってくる。今…

Iリーグ第20節 朝一は気を張って

対スペイン 0-1 LOSE 負けた。慣れないうちに終わった。 今日は久々早朝に試合を行なった。開始すぐの失点は、まだ目が慣れないうちに起こった。やはり、朝は起きてからちょっと時間を置いて、体が生活に馴染んでからプレーした方が良いのかもしれない。 ど…

Iリーグ第19節 一球入魂

対ブラジル 2-1 WIN リーグ前半戦最終節を勝利で終えた。一仕事終えた。 ブラジル相手に普通に勝てたことに満足している。ブラジルをただの対戦相手として見ることが出来た実感があった。 ブラジル相手だから気を引き締めるとか、もうそんなことは言ってられ…

Iリーグ第18節 勝ち癖つける

対スウェーデン 2-1 WIN 信じないと、行動に出ない。行動に出たものこそ、本当のところ。 二試合連続逆転勝利。先制点を決められるのは結構嫌なんだけど、とにかく勝つと決めて、やるしかないんですよね。 本当に、無心になるって、簡単なことだけど、難しい…

Iリーグ第17節 現実的の「現実」なんてない

対ポーランド 3-2 WIN 奇跡は「信じる」ところから始まる。とにかく信じないと、起こらない。 80分からの逆転劇。この間のドイツ戦と同じような奇跡が起こった。とにかく、何が何でも勝つ、点を決めるという気持ちこそが大事なのだろう。それも、そんな言葉…

Iリーグ第16節 受け止めるしかない

対フランス 1-1 DRAW 一度電源が切れてナーバスになる。電源が切れても、今まで通り、切れるまでやろう。 ある意味学び。電源が落ちるのは2パターンあって、一つはスリープ、もう一つはシャットダウン。今回は前者の方だったから試合を進めたんだけど、経験…

Iリーグ第15節 がっくし

対トルコ 1-1 DRAW シュート数が足らん、特に後半。切迫感が感じられない。 正直言って、トルコは勝てる相手だ。こういうところで勝てないと優勝なんて出来ないです。とは言ってもまだまだ可能性はあるので試合はやり続けるんですけど。 もっと打っていこう…

Iリーグ第14節 メンタルよわ

対コロンビア 1-1 DRAW 残念です。ただ、プレーがしたい。 メンタルというか、行動に言葉が多すぎる。もっと何も言わずに黙々とやっていけよ、って思う。綺麗事撒き散らすな。 ただ、いまのプレーに集中しよう。そんな言葉が必要なくなる世界に行きたい。 次…

Iリーグ第13節 こんなことあるんだな(逆の意味で)

対ドイツ 3-2 WIN 67分からの3ゴール。良いことも悪いことも、よく分かっていない間に起きる。 自分でやっていて、自分で驚くという感じ。奇跡も一歩ずつ起きていくんだなという実感があった。うれしい。とにかくうれしい。ああ、もう一日分生きたよ、ってな…

Iリーグ第12節 理由なんかあるのかな

対ロシア 1-1 DRAW 後半ロスタイムでの失点。最後に防ぎきれなかった。 こういう苦い試合をすると、その理由を決めつけようとする。それで、「もっと本格的に時間稼ぎをすればよかったんだな」とか「手数が少なかったな」とか、今までの試合で見つけてきた敗…

Iリーグ第11節 思って、やる。

対コートジボワール 1-2 LOSE 勝負事において、僕は、「思って、やる」ということが最も価値あることなのではないかと思う。失敗を分析することは、小さな穴を大きく広げてしまうことにもなってしまう。 邪念は存在する。そういうときに邪念を意識してはなら…

Iリーグ第10節 踏ん張った

対ボスニアヘルツェゴビナ 1-0 WIN とにかく勝てたので御の字。思い切ってプレーできるスペースが十分に確保されているかが大事なポイント。 ボスニアには苦戦しましたね。いつも簡単にはプレーさせてくれない相手だったように思う。なんとなくスラブ系の国…

Iリーグ第9節 気持ちよくシュートを打つこと

対ウルグアイ 3-0 WIN シュートをガンガン打つことを前提にして、どうしたらもっと決定率を上げられるのかも考える。その一つが、シュートを気持ちよく打つこと。 アウェイで勝てましたね。前半に2点取れたのが大きい。先制点はオウンゴールだった。最近はオ…

Iリーグ第8節 ラストパス

対オランダ 1-0 WIN ここ、というところでラストパスを出せるか。ゴールはそこに生まれる。 お膳立て、ということです。たぶん自分がやれる(選手たちがやれる)ことは「お膳立て」しかない。あとはもう、運に任せるという感じではある。とにかく、万全な用意…

Iリーグ第7節 明確ではある

対アルゼンチン 2-3 LOSE 0-3になった原因も分かるし、2-3にした理由も分かる。とにかく大事なのは、要所を多く作ることと、要所での丁寧さである。 ただ、それ。量と質。どちらも上げていく。案ずるから質が上がるわけでもない。むしろ産んでった方が質は上…

ISSカップ1回戦 まあ、こういうのも乗り越えていこう

対スウェーデン 0-1 LOSE 時間が空いてのウイイレ。あまり考えなくていい。 諸事情によりウイイレが出来なくなっていたが、一週間ぶりにプレーすることができた。結果、カップ戦初戦敗退。しょうがない。試合勘を取り戻していなかった。シュートはよく打てて…

Iリーグ第6節 乗り切った

対ポルトガル 3-0 WIN 勝ちましたね、勝ちました。万々歳のスコアですね。 前半をなんとか1-0で終えられたことが今日の勝因の一つですね。クリロナにやられそうなシーンが一個あったけど、ゴールバーが日本の味方をしてくれた。そういうこともある。 今日の…

Iリーグ第5節 ついに来た

対クロアチア 1-2 LOSE 優勝したいので、クロアチアに負けている場合じゃない。そうです、僕らが望んでいるのは優勝のみ。 どこかで、「まあ、こっちは日本なんで(だから負けることもあるよね)」なんて思ってないだろうか。もしそんなことを思っていたのなら…

Iリーグ第4節 キーパーにも感謝

対カメルーン 2-0 WIN 相手16本のシュートに対してこちら3本。それでもこういう結果を生む。 シュート数が少ないことに関しては反省。効率的に得点出来たことは良かったけど、もっと攻めなきゃね、とは思う。あとは今日は、キーパー川島に感謝。何回も危ない…

Iリーグ第3節 リスクを感じない戦いをする

対イタリア 3-2 WIN イタリアでイタリアを倒す。前線からのプレッシングから得点が生まれている。 ドラマチックな展開で、最後に勝利を掴んだのは日本だった。とにかく一個でも多くのチャンスを作るという方向でプレーした。3得点中2得点は、相手ゴールキッ…

Iリーグ第2節 圧勝

対ベルギー 4-0 WIN とにかく狙えるのなら狙う。弱気になっている時間はない。 前線からの守備とカウンターアタックが上手くいった。立ち上がりの早い時間に先制点が取れたのも、こういう展開になった理由ではあろう。 やれるときにやる、というのが良いと思…

Iリーグシーズン6開幕戦 勝った

対スペイン 3-2 WIN ガンガン攻めて勝利を掴み取ること。そしてスコアと残り時間を知った上で、ただやるべきことをやること。 良かったですね、開幕戦勝てて。何事も最初は大事。そこで躓くと調子が出にくくなるので、今日の開幕戦は勝てたことが全て。 相手…