ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

日本代表、世界で戦う。-シーズン7

Iリーグ第20節 まずまたここから

対アイルランド 3-1 WIN リーグ後半戦突入。状況を見ながら試合が出来た。 「良いことを、長く続ける」というコンセプトが頭に浮かんでから、勝利に対する考え方がまた変わった。それまでは、勝利とは良いプレーをした先に付いてくる結果だと思っていたのだ…

Iリーグ第19節 良いことを、長く続ける。

対オランダ 2-1 WIN とにかく打ちまくった。慣れないなら、やるしかない。 今日の記事タイトルについて、話がしたい。いま戦っているリーグは、世界の強豪20カ国が集うインターナショナルリーグであり、日本はそのリーグに参戦して7シーズン目になる。過去の…

Iリーグ第18節 試合をコントロールする

対アルゼンチン 2-1 WIN サッカーは、ただ点を決めればいいってもんでもない。スコアに無いところで畝りがある。 前半で2-0にしたのがまず良かったところ。遠藤保仁。あなたはやはり、良い選手です。遠藤が先制点を決めた。ウイイレの遠藤はあまり使えないイ…

Iリーグ第17節 自分から行かない

対ベルギー 1-0 WIN ここ、というポイントは必ずある。そこを見極めてこそ勝負を制する。 今日はそのポイントを見極めることが出来た。前半からとにかく失点しないことを第一に動いて、自分たちの流れがやってくるのを待っていた(ピッチの上ではそんな悠長な…

Iリーグ第16節 無失点

対セルビア 1-0 WIN 勝ち点3、大きい。初対戦のチームに勝利。 今季からIリーグに参戦しているセルビアとの初顔合わせ。今日の試合ではそこまでの脅威は感じなかった。可もなく不可もなくというチームだった。 今日のグッドポイントとしては、無失点で終えら…

Iリーグ第15節 何回言っても直らないことがある

対コートジボワール 1-1 DRAW またも早々の失点。これは単なる集中力の問題なのか。 とにかく初めは特に気合いを入れてやってった方が良いということですね。より慎重にプレーした方が良い。その他具体的な方策は見えてこないし、あんまり見つけようともして…

Iリーグ第14節 立ち上がりの問題

対コロンビア 1-1 DRAW 燃焼したけど不完全。何が問題なのか、そこに嵌ってもいけない。 悔しいですね、最近で一番。そういうときは、大抵「もっと出来た」という思いが存在する。自分の力を100%近く出すことが、自分のやりたいことなんですね。それが出来…

Iリーグ第13節 無駄に頑張らない

対ポーランド 3-2 WIN 価値ある勝利。中堅との試合は実力が試される。 ポーランドはなかなかやりづらい相手。圧倒的な強さを誇っている感じでもないんだけど、なかなか思うようにプレーさせてくれないイメージがあった。そういうチームに勝てたことは、代表…

Iリーグ第12節 久々の惨敗

対ブラジル 1-4 LOSE ちょっとのところがいっぱいある。こういう試合が己を正気にさせる。 ちょっとずつ足りていないんですね。その足りていない部分が結果に反映された形になった。実力が無いのはしょうがない。それはもう、長く時間をかけて付けていくしか…

Iリーグ第11節 及第点(たまに使うこのタイトル)

対ウルグアイ 2-2 DRAW でも勝てるときに勝っておいた方がいい。まだまだだと実感。 基本的に、過信するとロクなことがない。そして、自分は無意識のうちに過信していることがよくある。その逆もよくあるのだが。とにかくは、「自分が出来ていること」に対し…

Iリーグ第10節 とにかくやるべきことをやる

対スペイン 3-2 WIN なんとか勝利。自分のやれることはまだまだある。 見限らなければやれることは必ずある。とにかくその場にちゃんと立って、やるべきことをやる。それだ。全てのことは繋がっているけど、同時に独立している。だから君は、今立っているポ…

Iリーグ第9節 この勝利は大きい

対フランス 2-1 WIN 強敵を撃破した感あり。勝利するという目的を最後まで意識できた。 まず、それが大事。なんのためにここにいるのか、という意識を持っていること。それがあると、適当なプレーはしなくなる。今日のプレーが完璧だったわけでは全くないけ…

Iリーグ第8節 幸せは自分で掴み取るものなんだ

対イタリア 3-2 WIN ホームで辛くも勝利。最後まで軸一本残しておくことがなにより。 最後の最後で勝利をもぎ取った。3得点とも綺麗なゴールとは言えないものだったけど(うち二つは相手の不運もブレンドされていた)、とにかく勝ち点3取れたのが嬉しいですね…

Iリーグ第7節 守備は出来てる

対ドイツ 0-0 DRAW 問題はシュート精度。コントロールシュートという手もあるのか。 正直、テクニック頼りになるのも好きじゃない。面白くないから。テクニックを使ってゴールを決めたところで、それはそのテクニックが凄いだけで、本質的にはむしろ退化した…

ISSカップ1回戦 フィニッシュの精度

対オランダ 0-1 LOSE 初戦敗退。手前までは来てるから、あとはシュートの精度を上げること。 といってもシュートの精度ってどう上げるんだろう、っていう。ループシュートとか打てば良いのだろうか。たしかにそういうやり方も一つあると思う。テクニックを身…

Iリーグ第6節 落ち着きは持っていた

対カメルーン 0-0 DRAW 昨日よりはマシだけど、なにか超えられていない。狭いところで頑張ってます、って感じ。 もっと余裕を持ってプレーしたい。余計なものは削ぎ落として、賭けるべきところで一気に力を流し込むというのが理想的。今日は、削ぎ落とすこと…

Iリーグ第5節 情けない

対スウェーデン 0-0 DRAW 本当に情けない試合をした。攻撃でも守りに入った。 シュート打てずに時間が過ぎていくのが一番イラつくことかもしれない。打たなきゃ始まらないわけで。今日は攻撃が良くなかった。なんかセーフティーに行こうとしてたね。なんでだ…

Iリーグ第4節 正すのは、姿勢のみ。

対ポルトガル 4-1 WIN どんなときでも、姿勢を正す。つまるところ、本質は姿勢に宿る。 苦しい時に姿勢を正せたことが、結果的に大勝へとつながった。相手の攻撃はなかなか破壊力があった。こちらが踏ん張り切れなかったら真逆のスコアになっていてもおかし…

Iリーグ第3節 縦パスは有効

対ロシア 3-1 WIN 攻撃がパッとしなければ、縦パスを入れる。それだけで一気にリズムが生まれる。 緩急は偽装出来ない。緩急とはあくまで、付いてくるもの。何かの出来事への反応だ。そして緩急が無いと、突破出来ない。だから緩急を起こすには新しいこと(そ…

Iリーグ第2節 全体のバランスを見ること

対クロアチア 0-1 LOSE 守備では味方選手のポジションも確認すること。それだけは言える。 これといった良いところもないまま終わった。最後の最後で攻撃的な大胆なパスが出てきた。今日の相手は守備が堅かったから、思い切って前線に一本のスルーパスをもっ…

Iリーグシーズン7開幕戦 まあ、見てればいい。

対アイルランド 2-0 WIN 見ることの大事さなんだ、つまりは。吸い込んで同化する。 なんか変な例えになるかもしれないが、警察が一人の狂気的殺人犯を捜査するとき、相手の行動心理を読み解くために、相手と同じような心理状態で生活して狂気的な思考回路を…