ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第8節 上がって行くだけ

対フランス 2-1 WIN 流れを止めた。流れを作る。 勝ちにこだわって、勝利するのは嬉しいこと。守備の裏には攻撃があって、攻撃の裏には守備がある。それを自覚しながら、攻撃と守備をやっていきたいと思う。 今日は、向こうに行きそうな流れを同点ゴールで食…

Iリーグ第7節 面白さを取るのか、否か。

対コートジボワール 1-2 LOSE プレーに面白さを求めた結果。結果に繋がらないと、否定しそうになる。 面白いプレーをしたらいいと思う。問題は、それと勝利を繋げられるのかということ。結果が出ないと、面白さと勝負強さを分けて考えてしまう。でも、この二…

Iリーグ第6節 惨敗

対チェコ 1-3 LOSE 掴めないまま終わった。新たな改善点を見つけた。 相手のチェコは、ワイドに広がらずにコンパクトに攻撃してくるチームだった。そういうチームは苦手だ。相手に中央でプレーされるのを嫌がる。プレッシャーがかけにくいのだろう。それはプ…

Iリーグ第5節 いまにいること

対スウェーデン 1-0 WIN 今季初勝利。はみ出す欲を抑えつつ、手にした勝利。 どれだけ「いま」に居られるか。結局のところそれでしかなくて、それをするためには、常にその姿勢でいなくてはいけない。そして、意識すればするほど、「いま」というのは遠ざか…

Iリーグ第4節 埋めては欠ける

対コロンビア 0-0 DRAW 無失点。されど無得点。 一難あって、また一難ですか。なんて考えるとどんどん難が増えていくのでやめときます。前2試合と比べると、後味は良くないですね。ほぼ攻撃出来ずに終わった感じですからね。不完全燃焼。 それでも、失点はし…

Iリーグ第3節 良い流れではある

対ベルギー 2-2 DRAW 今日もまた、負け試合を挽回した。手応えはバンバンに感じている。 確かに開幕から3試合、勝ち星がない。ただ、この2試合(対ドイツと対ベルギー)は、2点差で負けるところを土壇場で追いつくという展開で、気持ち的には半分勝利した感じ…

Iリーグ第2節 立て直した

対ドイツ 2-2 DRAW 84分からの2ゴール。タダじゃ終わらない精神がリスクを乗り越えて行った。 立ち上がりに失点。後半開始直後に追加の失点。やられちゃいけないことを全てやられて、よく最後に立て直した。気持ちが折れないことが一番大事なのだと実感した…

Iリーグシーズン8開幕戦 課題を突きつけられる

対カメルーン 3-4 LOSE 開幕戦、敗れる。相手攻撃陣を止められなかった。 もう、相手の攻撃にやられるのはある程度しょうがない。4点は要らなかったかなと思うけど、ある程度はしょうがないレベルだった。それほどカメルーンの攻撃が優れていて、こちらはそ…

Iリーグ最終節 フィニッシュの精度

対オランダ 0-0 DRAW まだまだやれることがたくさんある。守備と攻撃のバランスも、まだ改善の余地がたくさんある。 無失点は良かった。でも無得点は良くない。得点に関しては、気持ちの面も少なからず反映していると思う。精神論になってしまうが、どれだけ…

Iリーグ第37節 立ち上がり、要注意。

対アルゼンチン 1-2 LOSE 久々の敗戦。試合の入り方間違えた。 立ち上がりの時間帯は頭がピッチのスピード感に慣れていない。だからこそ、ボールを回して徐々にモーターを回していくのが必要だと思われる。今日はそれをしないままに失点を食らった。まだ温ま…

Iリーグ第36節 最後の最後まで力入れる

対ベルギー 3-2 WIN シーソーゲームを制する。最後はプレッシングからのオウンゴール。 プレーが切れる寸前まで何が起こるか分からない。だから、プレーが切れるまでは力を尽くす。それだけだ。本当にただそれだけなのだ。 邪念という悪い渦に巻き込まれない…

Iリーグ第35節 いる限り、力尽くす。

対セルビア 1-0 WIN 89分の決勝ゴール。意志の力を感じた。 結果を生み出すには行動が必要で、行動を生み出すには意志が必要なのだ。そして意志は、意識と無意識がブレンドされている。自分がコントロール出来るのは意識の部分だ。そして無意識をコントロー…

Iリーグ第34節 大事なものは、単純だ。

対コートジボワール 2-1 WIN 逆転勝利。やれることをやる、それは本当に。 余計なことは考えない。それが大事。いつでも窓を拭いておくこと。澄んだ目で見ること。そしてそこに想像を膨らませること。その想像は意思に変わって、目の前に起こることを作り替…

Iリーグ第33節 集中し切る

対コロンビア 2-0 WIN 守備をきっちり遂行出来たのが得点を生んだ。守って守ってカウンターの2得点。 気持ちを切らさないことが第一。切らした瞬間にやられる。最低限の糸は常に張っておくこと。それが要らないミスを未然に防ぐ。 とにかくこの試合に勝つこ…

Iリーグ第32節 後ろを見ること

対ポーランド 2-1 WIN 勝利。やるべきことを理解することが第一。 今日はうまく試合を進めることが出来たと思う。その一つの要因として、相手がボールを保持していてこちらがプレッシングをかけに行く際に、後ろの味方の状況を把握しながらバランスを取るこ…

Iリーグ第31節 やられるべくしてやられた

対ブラジル 0-1 LOSE 最後に守備で崩れた。まだ、何かのせいにしようとしている自分がいる。 でも、やれることをやるしかないんですよ。やれることをやる、ってことが案外難しい。簡単なんだけど、なかなか出来ていなかったりする。 ああ、やめたやめた。77…

Iリーグ第30節 その場で出来ることだけ考える

対ウルグアイ 1-0 WIN 先行逃げ切り成功。ピッチの上に立っていることを自覚すること。 ピッチの上に立っていられる時間は、1日のうちほんの1%でしかない。その1%で勝敗が決まってしまうのだ。その日の試合結果は、そこで決まってしまう。 ピッチの上でしか…

Iリーグ第29節 ピッチの上では

対スペイン 0-1 LOSE 自分たちはピッチの上に立っているのだという覚悟。それが足りていないから、この内容を生んだのか。 まだまだ、覚悟が足りていない。不純物が混じっている。スパッとしてないんですね。地に足が着いていないんですね。なんだかんだで、…

Iリーグ第28節 セーフティーに

対フランス 1-0 WIN とにかく点をやらない。それが勝つ秘訣だと思う。 点をやらなければ負けることはない。負けるのは良くない。悪い流れを作ってしまう。バッドスパイラルに入らないことが、勝負事においては大事だ。というか勝負事に限らず大事だ。 点をや…

Iリーグ第27節 情けない

対イタリア 1-2 LOSE 追いついて、すぐに離される。詰めの甘さが光る試合だった。 連勝のチャンスを逃す。なかなか勢いを作れない。本当に強いチームは自ら勢いを作ることが出来る。まあ、それが出来ないんですね。まだまだ要所を掴むことが出来ていない。 …

Iリーグ第26節 とにかく自分

対ドイツ 1-0 WIN 結局は自分。自分がどれだけ現在に存在出来ているかだ。 自分の精神の状態が全て。それでパフォーマンスが変わっていく。強い相手とやると、自分たちのパフォーマンスも引き上げられていく。だからやっていてすごく楽しいし、ピンと張った…

Iリーグ第25節 見誤った

対カメルーン 2-3 LOSE 逆転負け。時間稼ぎからの2失点。 2-1で75分が過ぎ、時間稼ぎに入った瞬間に失点した。そしてその7分後にまた失点した。同じパターンでやられた。相手が4トップのフォーメーションに変えてからの対応を見誤った。これはこちらのミス。…

Iリーグ第24節 思考なんて脆い

対スウェーデン 0-4 LOSE 大敗。残念極まりないけど、ここ正念場。 崩壊すると、通用しないね。今まで支えてくれた考えの数々も。0-3になった時点で自棄っぱちになったね。何をやっても上手くいかないときは、もうそれこそ、その流れに身を委ねるしかないの…

Iリーグ第23節 自力本願

対ポルトガル 2-1 WIN 引き分けを止めた。大きな試合をした。 なんとしても連続の未勝利を止めなければいけないと思っていた。まずはそれが出来てホッとしている。悪い流れは素早く切ること。それが良い流れを作り出すためのコツである。 昨日と展開が似てい…

Iリーグ第22節 無茶苦茶残念

対ロシア 1-1 DRAW 連続の引き分け。やりたくないことやってしまった。 残念の一言。良くないことはスパッと切ることを良しとしていたのに、それが出来なかった。残念。なんとも言い難い(それは上手いとも、堅固であるとも表せない類の)ロシアの守備の壁をこ…

Iリーグ第21節 悪くはなかった

対クロアチア 1-1 DRAW 苦手な相手と引き分ける。内容は悪くなかった、と言いたいパターン。 悔しさはあまりない。プレーはほとんど満足いっていた。ただシュートが相手のゴールネットを揺らすことが出来なかっただけであった(得点は本田のPK)。でも、やはり…

Iリーグ第20節 まずまたここから

対アイルランド 3-1 WIN リーグ後半戦突入。状況を見ながら試合が出来た。 「良いことを、長く続ける」というコンセプトが頭に浮かんでから、勝利に対する考え方がまた変わった。それまでは、勝利とは良いプレーをした先に付いてくる結果だと思っていたのだ…

Iリーグ第19節 良いことを、長く続ける。

対オランダ 2-1 WIN とにかく打ちまくった。慣れないなら、やるしかない。 今日の記事タイトルについて、話がしたい。いま戦っているリーグは、世界の強豪20カ国が集うインターナショナルリーグであり、日本はそのリーグに参戦して7シーズン目になる。過去の…

Iリーグ第18節 試合をコントロールする

対アルゼンチン 2-1 WIN サッカーは、ただ点を決めればいいってもんでもない。スコアに無いところで畝りがある。 前半で2-0にしたのがまず良かったところ。遠藤保仁。あなたはやはり、良い選手です。遠藤が先制点を決めた。ウイイレの遠藤はあまり使えないイ…

Iリーグ第17節 自分から行かない

対ベルギー 1-0 WIN ここ、というポイントは必ずある。そこを見極めてこそ勝負を制する。 今日はそのポイントを見極めることが出来た。前半からとにかく失点しないことを第一に動いて、自分たちの流れがやってくるのを待っていた(ピッチの上ではそんな悠長な…