読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

D2リーグ第二節

マスターリーグ-APOELニコシア編- マスターリーグ-APOELニコシア編-シーズン1

対テーゼルファーゲン 1-1 DRAW

悔しいわ。なんか負けた感が強い。

やっぱ一試合一試合が重いな。リーグ戦だからそんなことないかなって思ってたけど、重いわ。一試合ごとの結果で選手の成長も変わってくるしね。

 

今日思ったのは、試合終了間際になっても、メッセージのあるプレーを続けること。それによって冷静さは保たれるから。終了間際になると、自分でも「これ相手に取られるだろうな」とか思いながらも強引にドリブルしてたりパス出したりするんだよね。それってマジ意味ないから。試合序盤だろうが終了間際だろうがやること変わんないから。少しでもゴールの可能性のある選択をすること。それが勝利への最大の近道。

 

ただ、あまりに考えすぎると、逆に一歩ずつ遅いプレーになるから、瞬間瞬間の考えに身をゆだねることが大事。型にはめるのはダメ。かといって無茶苦茶にやるのもダメ。そのバランスが大事になってくる。

 

次戦の相手はクリードバッハ(8位)。我らがAPOELニコシアは4位に上がった。明日は勝つ。