ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

D2リーグ最終節

ガラタサライ 1-2 LOSE

負けた。ウイイレの厳しさを味わったゲームだった。

 

ラスト10分で2失点。難しいねサッカーって。昨日の記事に書いた通り10分間ひたすらゴールしか狙わなかったら、足元掬われたわ。守備でミスりましたね。

 

攻撃と守備の切り替えを素早くしないといけない、頭の中で。攻撃も守備もどちらもアグレッシブさは必要になってくるけど、守備の方がより冷静さが必要になると思われる。攻撃性と冷静さの両方をバランスよく保つのが非常に難しい。そんなことをまた思い知った。

 

強豪に勝つことが強くなるための大きな薬になる。まあしょうがないですね。どんな相手にも勝てるようになりたい。そう強く思わされた試合だった。

 

ただ収穫もあった。リーグ後半戦からチームに加入して、これまでわずか1得点のみとなっていた柿谷が最終戦でゴールを決めた。来シーズンの飛躍を期待する。

 

それではリーグ順位の最終結果を振り返ってみましょう。

1位 FCポルト 54(17勝2敗3分け)

2位 ガラタサライ 53(17勝3敗2分け)

3位 APOELニコシア 46(14勝4敗4分け)

4位 SCブラガ 42(12勝4敗6分け)

5位 レンゲルブリッツ 36(11勝8敗3分け)

6位 FCコペンハーゲン 31(9勝9敗4分け)

7位 テーゼルファーゲン 23(6勝11敗5分け)

8位 レギアワルシャワ 22(5勝10敗7分け)

9位 ファインゼーベルク 19(5勝13敗4分け)

10位 アルムヒェンドルフ 19(5勝13敗4分け)

11位 クリードバッハ 18(5勝14敗3分け)

12位 アーレンホフシュタット 9(2勝17敗3分け)

といった感じになりました。ニコシア、惜しかった。前半戦でもうちょっと勝ち星が欲しかったですね。というわけで来季も2部リーグどす。やはり厳しいねウイイレは。

 

そして今季の表彰選手も発表されました。以下の通りです。

MVP ドログバ(ガラタサライ)

得点王 ジャクソン マルティネス(FCポルト)

アシスト王 大迫勇也(APOELニコシア)

 

なんということでしょう。我らが大迫勇也がアシスト王に輝きました。素晴らしい限りです。さすが我らの10番です。

 

最後にチーム内のゴール・アシスト上位3人を紹介しましょう。

まずはゴールランキング

1位 大迫勇也 11

2位 マンドゥカ 9

3位 原口元気 6

 

続いてアシストランキング

1位 大迫勇也 8

2位 マンドゥカ 3

2位 乾貴士 3

という結果になりました。やはり大迫の結果が目立ちますね。10番を背負う我らのエース、よくやってくれました!!

 

今日でひとまず1シーズン目が終了しました。最終順位は3位となり、目標としていた1年目での1部リーグ昇格は叶いませんでしたが、来季は必ずや1部昇格ラインの2位以上に入りたいと思います。

ただその前にまだイベントがあるのです。それは、、、交渉です。移籍市場がこれから大荒れします。ニコシアも新しい選手を獲得したいですね。今考えているのは、DF陣の強化です。将来有望なDFがいれば獲得したいと思います。

 

次回の記事で移籍交渉について書きたいと思います。