ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

LIGA第27節 嫌われないようにすればするほど嫌われる

アルメリア 0-0 DRAW

今日は色んな意味で学びました。落ち込む。

 

やっぱ連勝が続いてて、引き分けると落ちるね。今日はでも学んだよ。

 

前半に点を取れなかったのがこの結果の一つの原因ではあると思う。0-0で後半を折り返して、焦りが出た。最下位のチーム相手にまだ点が取れていない、そして点が取れないと連勝が途絶える、と。こんなことが頭をよぎった。まあその時点で勝てる可能性は下がっていってるわけだけど、プレーにもそういう頭が出た。

 

とにかくドリブルでペナルティーエリアに入ろうとした。味方にパス出すのが怖かった。なぜならボールを取られたくなかったから。点を取る過程でボールを失いたくないという消極的な姿勢でいたら、それは逆効果なんだ。点を取ろうとする気持ちの足を引っ張ってるだけなんだ。変に自分たちの立ち位置を守ろうとしたからこういう結果につながったんだろうと思う。

 

試合終わって思ったのは、人間関係と似てる部分あるなと。僕が思うに、他人に嫌われないように行動する人の態度って、逆に他人に嫌われる原因になってると思う。それは相手からしたら媚びてたり作ってるように見えるからで、そんな人間のことを好きになるやつはあまりいないだろう。それと同じように、点取るためにボールを失わないようにプレーするのは、点の入らない原因を作っているのだろう。それは、選手のプレーが点を取るためじゃなくて、ボールを奪われないためのプレーになってるから。もう目的が違うわけよ。だからその目的からはどんどん遠ざかっていく。

 

つまり、ある目的を叶えたかったら、純粋にその目的だけを考えること。それこそが大事なのだ。それを教えてもらった試合だった。

 

次戦の相手は、レバンテ(8位)。APOELニコシアは現在4位。アウェイですね。試合中だけ試合のことを考えよう。

明日は勝つ。