読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

ヨーロッパマスターズカップ準決勝1st leg 二人の怪物

対リヨン 2-0 WIN
準決勝第一戦を勝利。アウェイで2点取れたのは良かった。

今日は点を取りながらも堅実なサッカーをした。内容が割と良かった。得点者は清水と高徳。この二人、能力値が半端ないのです。清水は言わずもがなだけど、高徳も成長シート上では93ぐらいの能力値まできてる。ボランチなのに得点力もあって、この大会4ゴール。ニコシアが超攻撃的なチームになっている要因である。

今日の一点目は前半20分に清水が右サイドから中に切り込んで、途中相手にボールを取られかけるも難なく奪い返し、最後はゴール右隅にボールを沈めた。正直ドリブルが速すぎてシュートをいつ打ったのかもよく分からない感じだった。

二点目は後半40分頃、左サイドを突破したボナが切り返して右斜め後ろにいた高徳にパス、それから3、4歩ドリブルして右足を振り抜いてボールはゴール右上に突き刺さった。最近の高徳の特長が表れたシュートだった。ボランチに高徳がいることで、攻撃に厚みが帯びるし、もう一方のボランチの蛍は守備的MFとして役割がよりはっきりしてきた。それぞれの役割が明確になってきて、よりニコシアのチームワークが上がってきている感じがする。もっともっま良い試合がしたい。

明日はLIGA第35節、相手はセルタ(10位)。戦力はニコシアより劣るけど、ヴェリトンという得点力の高いFWがいるから要注意。ホーム戦。良い試合をしよう。
明日も勝つ。