読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

LIGA第37節 油断できる隙はない

対レバンテ 3-0 WIN
スコア的には圧勝。でも調子乗った試合をした。

今日は清水が前半3分に先制点を決めて、後半にボナと原口が点を取って終わった。試合の序盤に先制点が取れて、楽な試合が出来たかと思うと、そうではない。結構パス回らないし、攻撃もサイドの二人(清水と柿谷)頼みになって、結局体力の消耗も激しかった。次戦が最終戦だということを考慮した頭がなかった。でもって最終戦に向けてのみんなのコンディションがあまり良くない。ま、そんなの言ってられないんだけどね。

みんなの個の力が上がると、どうしても一対一のプレーに頼ることが増えてくる。それで良いときもあるんだけど、どんどん安易なプレーになって美しいパフォーマンスからは遠ざかっていく。ただ強いだけじゃなくて、美しいサッカーがしたい。そして美しいサッカーには無駄がないから、選手の体力の消耗も激しくは落ちない。勝利は絶対条件だけれども、そこをクリアした上でさらに上のサッカーをしたい。それでこそ、APOELニコシアが名門クラブになるために必要なことだろう。勝ってなおかつ美しいサッカーをすることが、最高に楽しいことなのだ。

順位を振り返る。
1位 APOELニコシア 94
2位 バルセロナ 93
3位 FCポルト 77
4位 レアルマドリー 65
5位 アトレティコマドリー 57
6位 ガラタサライ 56
7位 バレンシア 56
8位 テーゼルファーゲン 54
9位 エスパニョール 52
10位 セルタ 49
・・・・・・・・・・・・・・
バルサと1差で首位ですニコシア。最終戦で全てが決まります。勝利を手にして、今季3冠を達成しましょう。

次戦の最終戦、相手はビジャレアル(18位)。アウェイです。良い試合をしよう。
明日も勝つ。