ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

スペイン国王杯1回戦1st leg 攻撃過多

ビジャレアル 4-0 WIN
完勝。また新たなニコシアが見えた。

今日は、前半はあまり良くなかった。内容的には完全に押してるんだけど、点が入らない。酒井高徳の1ゴールのみに終わった。原因は、選手同士の距離が近すぎるためにドリブルしにくいということと、サイドバックが攻撃参加すると、そこをカバーする選手が誰もいなくてカウンターで相手がボールを持つ時間が長くなったところがある。

なので、チーム全体の攻守レベルを攻撃型からバランス型に変更した。つまり今までより守備的に選手が動くようにしたということだ。それからはその効果が出たのか、後半は3点取った。

4-3-3のフォーメーション自体が攻撃的なだから、攻守レベルも攻撃型である必要はない。攻撃的であるということは、守備に力を入れていないということでもあるから。だからそこはバランスを考えて取り組まないといけない。4-3-3のフォーメーションは、事実上4-1-5、つまり5トップみたいなことになってるから、相手にカウンターを仕掛けられると脆い。だからこそDFの4人にはしっかり守備をしてほしいのだ。

後半に清水と代わって入ったギグスが最後の10分で2得点を取った。もしかしたらこの男、今年ブレイクするかもしれない。ついに力を発揮する時が来たのかもしれない。

まあ今日は完勝出来たんですが、ここで皆さんに残念なお知らせがあります。えー、今まで右サイドバックで活躍してきた、内田篤人を、本日をもちまして放出いたしました。これも偏にAPOELニコシアのオーナーである私の責任だと感じています。彼を放出しないと破産する自体に陥りまして、こうせざるを得ませんでした。申し訳ないです。彼には敬意を表して、長年背負ってきた背番号6は永久欠番にします。なかなかみんながハッピーになれるやり方はないですね。そのことを実感しました。結局一選手よりも組織の繁栄が大事なんだなということも分かりました。僕自身勉強になりました。ちなみにヴィニシウスもその前に放出しました。今は破産をなんとか免れている状況です。もう今シーズンは選手を放出することはないと思います。これからもニコシアの応援、誠によろしくお願いいたします。

さて、次戦はLIGA第2節、相手はアルメリア(5位)。今季から1部リーグに復帰したチームです。ドウグラスコスタがいますね。要注意です。ホーム戦です。とにかく良い試合がしたい。
明日も勝つ。