ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

LIGA第2節 発展途上

アルメリア 2-1 WIN
今日は本当に危ない試合をした。改善点が見えた。

前半無得点がこの展開を招いたのかもしれない。個々の能力は非常に高いものがあるんだけど、パスがあまり繋がらないから、決定的な場面が生まれない。まだ新たなフォーメーションでの戦い方がはまっていない。

それでも56分に新加入の右SBティロマのパスを受けた蛍が反転して左前に走っていた高徳にパス、受けた高徳はペナルティーアークを突っ切ってゴール左上にシュートを突き刺した。公式戦3試合連続ゴール。見事だった。

だが64分に嫌な位置でフリーキックを献上。相手チームのキャプテン、ドウグラスコスタが強烈なシュートを決め同点にされると、為す術もなくディフェンスに追われ、気づけば87分になっていた。これは一か八かの勝負に出るしかないと思い、大迫に代えて柿谷、ボナに代えてティエレマンスをピッチに送った。するとものの見事に采配的中。ロスタイムに左サイドを駆け上がったエルシャーラウィが中央でマークを振り切った柿谷にラストパス。キーパーとの一対一を落ち着いて決め、これが決勝点となった。出場時間3分で柿谷のボールタッチ回数はわずかに1。たった一つのチャンスを彼はモノにした。劇的な勝利だった。ただこんな試合はしたくない。もっと良い試合が出来るはず。

一番の懸念材料が、相手にサイド攻撃をされた際に、止めることが出来ないこと。原因はサイドバックがオーバーラップしてから元のポジションに戻ることが遅いのと、トップ下の二人が守備に出遅れること。だから次の試合ではトップ下の二人のポジションを少し下げて臨む。一試合一試合を丁寧に戦いながら、理想に近付いていけたらと思う。

そして次戦、第3節、相手はFCポルト(10位)。強豪との戦い。2節ではバルサに勝っている。僕としては、ニコシアのディフェンスがどう対応していくのかが気がかり。攻撃力のあるチームと戦って、今のニコシアの穴が見えてくると思ってたから、序盤に強豪と戦えるのはラッキー。勝利に拘りながらも、冷静に分析しようと思う。良い試合をしよう。
明日も勝つ。

広告を非表示にする