読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

LIGA第19節 安定感

ガラタサライ 3-0 WIN

前半戦を17勝2分けで終えた。安定して戦えた。

 

今日の得点者は、エルシャーラウィ、ボナヴェントゥーラ、清水。よくやってくれました。攻撃陣のコンディションが良くて、チャンスを再三作れた。先発は大迫をCFにしたんだけど、あんまり良くなかったから後半初っ端からボナとポジションを入れ替えたらボナがやってくれた。なんとなく前半やってみて、今日はボナをCFにした方が良さそうだと感じていたから、ちゃんと結果が出て良かった。前半3分にエルシャーラウィが決めて、57分にボナ、75分に清水という感じで、コンスタントに点が入ったのと、90分間集中して守備が出来たことが良かった。点は入っても、失点したらもったいない。大量得点無失点。これが理想。攻守の切り替えを明確にする。それが理想への近道。

 

ということでこれでリーグ前半戦が終了した。ここまでの順位を振り返ってみましょう。

1位 APOELニコシア 53

2位 レアルマドリー 48

3位 バルセロナ 45

4位 FCポルト 36

5位 アスレティックビルバオ 33

6位 レアルソシエダ 29

7位 セビージャ 28

8位 アルメリア 27

9位 ヘタフェ 25

10位 ラージョバジェカーノ 25

11位 レバンテ 24

12位 エスパニョール 24

13位 バレンシア 21

14位 ガラタサライ 21

15位 アトレティコマドリー 21

16位 バジャドリー 20

17位 マラガ 18

18位 ビジャレアル 16

19位 テーゼルファーゲン 16

20位 セルタ 11

てな感じです。上位陣は順当だと思うけど、下位は波乱が起きてますね。バレンシアアトレティコガラタサライはもっと上に来ていいチームですね。我がAPOELニコシアは堂々の首位ですが、まだ全然油断できない。レアルとの勝ち点差は5。5なんかすぐに追いつかれる。とにかくニコシアとしては一試合一試合集中してゲームをモノにするしかないですね。他のチームの動向とかはどうでもいいです。

 

さて次戦は、2018年最後のゲームです。UEFA Champions League第6節。相手はPSVアイントホーフェンニコシアは首位通過が確定しているので、この試合は言ってしまえば消化試合だ。でもPSVにとってはグループステージ突破の希望をつかむ最後のチャンスだ。つまり相手は120%を出してくる。そんな相手とやれるのはニコシアにとっても非常に良い機会だ。全力でつぶそう。良い試合をしよう。

明日も勝つ。