ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

スペイン国王杯準決勝1st leg 勝つことの意味とは

FCポルト 2-0 WIN
第一戦を勝利。新たな問い。

勝つって何なんだ。勝って何の意味があるのか。ということを試合中に考えてたら、当然迷いのあるプレーになりますよね。それが出てきました、今日は。何かをやっているときに、それをやる意味を問うたら、何かをやることに全力は出せません。そういうことをウイイレを通して思い出すのです。今日はそういうことを試合中に考えてしまって、考えるのは試合外でやれとなだめました。

これ、ウイイレで勝つことの意味を問うてるのではないのです。単純に勝負事で勝つことの意味、延いては物事に対して全力で取り組むことの意味に対してです。例を出せば、イチローとか羽生くんとかは、なんで全力出そうとするのかってことです。そこに価値はあるのかと。価値って何なんだと。考えればキリがないのでここでは考えません。ブログ外で考えます。

僕がウイイレをやっている理由として、何かしらの発見があるとか、自分の意識していることとか意識下のことが選手のプレーに表れるとか、全力を出すためのヒントがそこにある、とか、まあ色々あるのです。結局はウイイレの外の世界に通用する考えを得ることが出来るからなのです。まあとりあえずこんなことを思うのも、ウイイレをやっているからです。一日一試合ね。

とまあ試合内容とは全く関係のない話を書きましたが、ひとまず準決勝の第一戦目を勝利で終われて良かったですね。エルシャーラウィと柿谷です。良いでしょう。今日はこんな感じで良いでしょう。

次戦はLIGA第24節、相手はラージョバジェカーノ(9位)。ホームです。良い試合をしよう。
明日も勝つ。