読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

LIGA第29節 イライラ解消

対セルタ 3-1 WIN
勝利に安堵。ボナヴェン大活躍。

今日は勝ちが欲しかった。前回のバルサ戦で引き分けたのと、今季のセルタ戦をホームで引き分けているということもあって、絶対に勝ちたかった。試合展開としても、勝利に執着してプレー出来たなと手応えを感じた。

7連戦の4戦目ということで、選手たちの疲労が溜まっているんです。だからなかなか彼らのコンディション調整がうまくいかなかったりで、こちらも考えながらプレーさせなければいけない。今日は清水に代えてギグス、高徳に代えてカチャニクリッチを先発で起用した。でも先制点を取ったのはこの男、エルシャーラウィ。不調でもやるのがこの男。前半ロスタイムにボナのスルーパスを受けてゴールエリアに切り込み、DFを引き付けたところで中に切り返して、キーパーとの一対一を難なく決めた。素晴らしいね。不調でも使うのは彼と蛍だけだ。

だがしかし、後半すぐに追いつかれるのです。ペナルティーエリア内で大混戦になって、防ぎきれなかった。1-1の状況に最近よく遭遇してて、またかと思ったんだけど、さすがにこれだけの試合をこなしてると、イライラしたりはなくなった。そういう気持ちを持つこと自体が非常にナンセンスだなと頭が理解するようになった。

このイライラ解消は、私生活にも影響しています。ウイイレで学んだことが日常で生かされ、日常で感じたことがウイイレで生かされるのです。そういうことを一試合一試合を丁寧に全力で臨むことで実感しました。だからやめられないのです。

そして、それからボナと柿谷の連続ゴール。2点目は選手が多く絡んで、組織が機能した。右サイドに走り込んだギグスが切り返して、ペナルティーエリアの角にいたカチャニクリッチにパス。受けたカチャニクリッチはペナルティーアーク付近にいたボナに素早くパス、そのボールをダイレクトシュート、決まった。次の柿谷のゴールもボナはアシストして、全得点に絡んだ。最近彼調子良いね。いいわー色んな選手が活躍してくれて。飽きがこない、楽しい。

さて、次戦は、国王杯準決勝2nd leg、相手はFCポルト(4位)。アウェイです。1st legは2-0で勝ったので、まあまあ気は楽ですけど、勝利して決勝に駒を進めたい。絶対勝つ。良い試合をしよう。
明日も勝つ。