ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

LIGA最終節 APOEL FC終了

ガラタサライ 2-0 WIN
最終戦が終わった。また思うところがあった。

リーグ最終戦をホームで勝利出来たのは良かった。その結果については満足。ただ、メンタル面、考え方に、まだまだ物足りない面を感じた。

今日は最終戦ということで、リーグ戦の個人タイトルが決まるわけです。で、大迫がアシストランキングトップだったり、通算ゴール、アシストランキングでも良い位置にいたんで、やはりそこを少しでも上げたいなという気持ちがあった。でも、サッカーは個人スポーツではないですからね。集団にとってマイナスな個人プレーはいらないわけです。そのいらないプレーをいくつかやったなというのが、今日の反省点。

あくまで、個人の記録は、チームで戦ったことによって付いてくる副産物なのだ。それに対する理解が、自分自身足りない。足りないから大迫贔屓のプレーをするのだ。それを止めろということだ。でも、まだまだ足りていないことが分かったのは収穫。やっぱりね、試合に勝利することこそが目標であって、そのためにプレーしているのに、そこに別の目標が出来ると、はっきり言って邪魔なんですわ。まだ、チームの勝利と特定の選手の結果を両立させることが出来るような価値観もないわ。ていうか、チームが勝利のために戦って、それで結果を出せない選手であるのなら、それはそれまでの選手だということだろう。自分は、意図的に特定の選手を引き上げたいのではない。引き上げられるべき選手を引き上げたいのだ。そういうことを考えた最終戦だった。

得点者は大迫と柿谷。最後にこの二人が決めたのは、なかなか面白いですね。柿谷はなんだかんだ控えの中では一番活躍していたと思う。最後に結果を出せて良かったね。とりあえずは、リーグ戦の順位を振り返る。

1位 APOEL FC 106
2位 バルセロナ 88
3位 レアルマドリー 87
4位 FCポルト 76
5位 アスレティックビルバオ 65
6位 ラージョバジェカーノ 54
7位 セビージャ 54
8位 レバンテ 51
9位 エスパニョール 51
10位 アトレティコマドリー 45
11位 レアルソシエダ 44
12位 アルメリア 43
13位 バレンシア 42
14位 ガラタサライ 42
15位 テーゼルファーゲン 39
16位 バジャドリー 38
17位 ビジャレアル 38
18位 ヘタフェ 36
19位 マラガ 36
20位 セルタ 33

このような結果です。見ての通り、APOEL FCの一人勝ちです。目標にしていた勝ち点100越えも達成して、結果に関しては満足しています。34勝4分け0敗で、シーズン最初に挙げた年間通して無敗という目標もクリアしたので、まあやりきりましたね。続いて表彰選手の発表です。

MVP メッシ(バルセロナ)
得点王 エルシャーラウィ (APOEL FC)
アシスト王 大迫勇也 (APOEL FC)

でした。
エルシャーラウィは30ゴールで文句なしの得点王、大迫は10アシストなんだけど、他に5人も10アシストの選手がいた。そしてそのうち二人はニコシアの選手だった。高徳とボナだ。それでも大迫がアシスト王に輝いた。まあ、彼だからね。MVPだけ取れなかったのが残念だね。メッシには及ばんということです。ここで、これまでの大迫の功績を簡単に紹介します。

2014年
Division 2
11ゴール、8アシスト(アシスト王)

2015年
Division 2
21ゴール、4アシスト(得点王)

2016年
LIGA BBVA
15ゴール、9アシスト(アシスト王)

2017年
LIGA BBVA
25ゴール、10アシスト(得点王、アシスト王)

2018年
LIGA BBVA
20ゴール、10アシスト(アシスト王)

ということで、大迫勇也だけで、記録を載せられる歴史があるのです。彼はリーガエスパニョーラの3年全てでアシスト王に輝いたわけです。これはすごいですね。得点のイメージが強いけど、実は周りを生かすプレーをやっていたということです。それがあったからこそ、自身も周りに支えられたのはあったかもしれません。では次に、これまでの5年間の通算ゴール、アシストランキングを発表します。これは他リーグの選手も含まれています。

通算ゴールランキング
1位 カバーニ(パリサンジェルマン) 171
2位 メッシ(バルセロナ) 163
3位 バロテッリ(ACミラン)150
4位 エトー(チェルシー)148
5位 ジャクソンマルティネス(FCポルト) 145
6位 ジニャク(マルセイユ) 136
7位 ファルカオガルシア(ASモナコ) 123
8位 ファンペルシー(マンチェスターユナイテッド) 121
8位 大迫勇也(APOEL FC) 121
10位 ボージャン(アヤックス) 118

通算アシストランキング
1位 モドリッチ(レアルマドリー) 64
2位 セスク(バルセロナ) 62
3位 ビダル(ユベントス) 55
4位 イニエスタ(バルセロナ) 52
4位 ネイマール(バルセロナ) 52
6位 マッジョ(ナポリ) 50
6位 トニクロース (FCポルト) 50
8位 大迫勇也(APOEL FC) 49
9位 メッシ(バルセロナ) 48
10位 ヴァレラ(FCポルト) 47
10位 アザール(チェルシー) 47
10位 クリスティアーノロナウド(レアルマドリー) 47

バルサがいかにパスサッカーで成功していたか分かるような結果ですけど、ここに大迫がいるのは素晴らしいですね。しかも最初の2年は2部リーグなので試合数も少ないんですよ。まあそれでこれだけの記録を残せたのだから大したもんだ。あっぱれ大迫。

というわけでね、もう薄々感じられているかもしれませんが、これにて、APOEL FCを解散します!!

もうね、チームとしてやり残したことは何もありません。チームとしての最大の目標であった、LIGA、国王杯、CLの三冠を達成できたので、もうタイトルの上では目指すものがありません。あとは、APOEL FCはもう十分、と思えるところまで強くなりました。まだ完全体とは言えないけど、その先を実現するモチベーションがありません。なのでAPOEL FCでのマスターリーグは、今日を持ちまして終了します。みなさんこれまで、閲覧、応援のほどありがとうございました。

ただ、APOELを解散するとしただけで、ウイイレは続けます。したがって、このブログも続けます。ウイイレは精神修養の場でもあるので、やらないという選択肢はいまのところありません。また、このブログも、まだまだ面白いことがありそうなんで、やめません。まあマイペースに更新していこうと思います。

では最後に、これまでのAPOELニコシアFCの戦績をここに載せます。

2014年 Division 2
14勝4分け4敗
リーグ 3位
D2カップ 準優勝

2015年 Division 2
14勝6分け2敗
リーグ 1位
D2カップ 優勝

2016年 LIGA BBVA
19勝10分け9敗
リーグ5位
国王杯 準優勝

2017年 LIGA BBVA
30勝7分け1敗
リーグ 1位
国王杯 優勝
ヨーロッパマスターズカップ 優勝

2018年 LIGA BBVA
34勝4分け0敗
リーグ 1位
国王杯 優勝
UEFA Champions League 優勝

こうしてみると、リーガエスパニョーラに参入してからの成り上がり方がすごいですね。行為に時間が結び付くとこういう結果が生まれることが擬似的にも体験できました。これからまた、新しいウイイレに向けても、これは良い経験になったとともに、一つの基準にもなった。5年でCL優勝。それを越える何かはあるのか。これからどんなストーリーが生まれるのか。大迫勇也を超えていく選手は現れるのか。興味は尽きない。