ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

D2リーグ第11節 安定感

レンゲルブリッツ 2-0 WIN
チームの基本が出来てきた。リーグ前半戦終了。

今日はエイジカワシマ率いるレンゲルブリッツに快勝。前半のうちに試合を決めた。2点ともCKからのゴールで、両サイドで、両ウイングが同じ形で点を決めた。ショートコーナーで受けて、エリアのラインと平行に中に切り込んでいってのシュート。これは得意パターンになった。フランシスアンゴルとエインズワースの両ウイングがよくやってくれている。彼らがいなければ僕らは点が取れていない試合がかなりあると思う。絶対に必要な選手たちですね。

今季の半分が終わって、全チームと一試合ずつ戦った。結果7勝1敗3分けでリーグ3位で折り返した。個人の能力を考えれば、まあまあの成績だと思う。ただ、僕らは一年目でのプレミア昇格を目指しているので、その点では全くもって満足出来る結果ではない。まだまだやれる可能性をこのチームは秘めている。その可能性を後半戦で結果に表そうと思う。

それではここで、現時点での順位表を発表する。

1位 バイエルンミュンヘン 30
2位 SLベンフィカ 26
3位 マザーウェル 24
4位 ガラタサライ 18
5位 バイヤーレヴァークーゼン 17
6位 レンゲルブリッツ 17
7位 テーゼルファーゲン 14
8位 APOELニコシア 12
9位 クリードバッハ 12
10位 ファインゼーベルク 10
11位 アルムヒェンドルフ 6
12位 アーレンホフシュタット 5

という結果です。あまり順位を振り返ったところで良いことはないのですが、6位までのチームとの対戦成績が昇格に大きく影響するだろうと思います。上位陣との対戦で結果を残せるかどうかが、マザーウェルの真価を問うのではないかと思う。

さて、次戦は、といきたいところなのですが、現在2015年の1月第2週ということで、冬の移籍市場が開かれています。そして、マザーウェルも選手を一人獲得しました!MFのフォレスト君、22歳、スコットランド出身。彼はどこにも所属していなかったのですが、3億7千万の移籍金を支払って獲得しました。提示額が4億だったので、取れないかなと思ったら案外取れてしまいました。それだったら2億5千万とかからスタートすれば良かったと若干の後悔があるのですが、まあこれも経験ですね。足が速い選手なので、ウイングとして活躍してくれることを期待しています。そして背番号は、10。マザーウェルから初の10番を手にしたのは、フォレスト君。我々の期待の表れです。是非とも彼に、マザーウェルの栄光を担う選手になってほしいと思います。彼が加入したことによって、よりチーム内の競争が激しくなると思う。良い意味でかき乱してほしいと期待しています。

では、次戦の相手は、クリードバッハ(9位)。アウェイです。後半戦、気を引き締めて戦いましょう。今までのことは忘れて、目の前のプレーに全力で。良い試合をしよう。
明日も勝つ。