ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

D2リーグ第12節 着々と

クリードバッハ 3-0 WIN
アウェイ勝利。内容が上がってきてる。

今季開幕戦で勝った相手に勝つことができた。調子に乗らず結果を出せたことが良かった点。あとは相手のシュートを1本に抑えられたところも良い点ですね。まあその1本が非常に危ないシュートだったんですけど(笑)

前半15分にキャプテンのラズリーが久々の点を決めた。たしか開幕戦でもゴールを決めていたから、クリードバッハに強いのかもしれない。アンカー(1ボランチ)のポジションの彼は、あまり攻撃参加をすることは無いのだが、今日はアグレッシブなプレーを随所に見せていた。試合開始早々に、35m程のミドルシュートをかましたのが、このゴールの布石になったような気がする。点が入ったシュートは、中央をドリブル突破して、DFを振りきって、エリアに入ってすぐにシュート。ゴール右下の隅を突くナイスシュートだった。やっぱキャプテンが奮起するとチーム全体が盛り上がるね。それが結果に表れたと思う。

後半はアニエルの2ゴール。エストニアの至宝がマザーウェルで暴れている。良いですね。2点差付いたところで、新加入の10番、フォレストを左トップ下で起用した。まあ、結果的にインパクトのあるプレーは残せなかったけど、段々とマザーウェルに慣れていってほしいなと思う。

最近調子良いですね。やはり相手の攻撃を読む力が付いてきているのだと思う。それによって致命的なシュートを打たれることがなくなってきている。全員の守備意識の高さが結果に表れてきている。ここに決定力を加えたら、どえらいチームになる予感がしている。毎回の試合で、その可能性を実現させたいと思う。

さて、いまは冬の移籍市場が開かれております。また選手の変動がありました。まずは控え選手のラムズデン(CB、31歳、イングランド)をクリードバッハにレンタル移籍させました。そして移籍金3億円程が入ったところで、ウエストブロムウィッチにいたドランス(SMF、26歳、スコットランド)を、ジョンサトン(CF、イングランド)とトレードさせました。ジョンサトンは、背が高くてヘディングが強いのでパワープレーに有効なFWだったと思うのですが、まずマザーウェルの戦い方に合っていないのと、イングランド人というのもあって、移籍させました。まあ、彼もプレミアで戦えるので、お互いにとって良い取引だったのではないかと思う。ドランス君は、背番号15で、MFの競争を激化させてほしいと思います。もちろん残りのシーズンの戦力になってほしい。新しい風が吹けばいいと思っている。

それでは、次戦、相手はバイエルンミュンヘン(1位)。ちょっと桁違いのチーム力を誇っていますねこのチームは。前回の対戦ではホームで2-0で勝ちました。バイエルンは僕らと戦った試合以外は勝っています。つまり彼らを止められるのは僕らだけです。そして明日はアウェイです。マザーウェルにとっては前回からの成長を見せつける良い機会だと思います。当然相手はリベンジに燃えているでしょう。勝つ気しかないです。バイエルンに合わせた攻撃、つまりカウンターの意識を高く持ちながら、積極的なサッカーをしたいと思う。良い試合をしよう。
明日も勝つ。