読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

D2リーグ最終節 課題の多き試合だった

レンゲルブリッツ 0-0 DRAW

最終戦を引き分けで終えた。最終結果は、12勝3敗7分け。

 

エイジカワシマ率いるレンゲルブリッツに無得点。悔しいね。敗因としては、自慢のサイド攻撃が機能しなかったこと。サイド攻撃を封じられると何もできないのが今のマザーウェル。チームの現状が浮き彫りになった最終節だった。

 

ここ何試合かは左WGのエインズワースがサイドから切り込んでゴールに結びつけるシーンが多くあって、今日もそれ頼みで行ったら甘かった。相手の右SBが結構足が速くてね、エインズワースがエリア内に切り込もうとするところを止めるシーンが何回かあった。そこの一対一で負けてしまうと、もうサイド攻撃は機能しない。それを早い段階で分かっていたはずなのに、試合中に改善できなかったのが、ダメでしたね。

 

サイドがダメなら、中央でしょ。トップ下の二人が中に切り込むシーンをもっと増やすべきだった。確かに、今までの経験から、サイド攻撃が一番有効だから、サイドで勝負しようとする気持ちはよく分かる。でもね、それがダメなときは、そこにすがっていてはいけない。違うことやらないと。そこに踏み出す勇気が足りない。来季は両WGの他に、トップ下の二人を使った攻撃を物にしていきたい。

 

さて、今日でD2リーグでの一年目が終わった。ここで最終順位を振り返ることにする。

 

1位 バイエルンミュンヘン 58

2位 SLベンフィカ 54

3位 ガラタサライ 43

4位 マザーウェル 43

5位 バイヤーレヴァークーゼン 41

6位 APOELニコシア 30

7位 レンゲルブリッツ 27

8位 テーゼルファーゲン 21

9位 アルムヒェンドルフ 19

10位 クリードバッハ 16

11位 ファインゼーベルク 12

12位 アーレンホフシュタット 11

 

てなわけでね、マザーウェルは今季4位。一年目でのプレミア昇格を逃した。正直ね、バイエルンベンフィカは抜けてましたよ。そこに食い込んでいくのはなかなかきつかったね。前半戦は行けそうな感じだったけど、後半戦で一気に離されたからね。まあそこはしょうがないことだと思っている。でもね、単独3位になれた実力はあったと思っている。まだまだ全部は出し切れていないという思いがある。そこは悔いが残るかな。まあ悔いが残らないことは絶対にないんだと思うけど。

 

リーグの表彰選手を発表します。

MVP ロッペン(バイエルンミュンヘン)

得点王 ピサロ(バイエルンミュンヘン)

アシスト王 サルビオ(SLベンフィカ)

でした。特に言うことはない。

 

うちのチーム内で最も点を取ったのは、フランシスアンゴルとエインズワースの両WGで、7得点。次いでCFのアニエルが6得点という結果だった。全22試合ですからね。もっと欲しいよね。特にCFは。一番ゴールに近い人がやはり点を多く取ってもらいたい。それが強いチームの条件だと思うし。エースストライカーと言える人がまだいないんですよね。誰がうちのエースになるのだろうか。10番のフォレストをCFに起用してみるのも、一つの策かもしれない。

 

ということでね、2014-2015シーズンはあっけなく終わってしまったわけですが、来季こそプレミア昇格を決める戦いをしたいと思います。今まで、閲覧、応援ありがとうございました。また明日から始まる2015-2016シーズンを期待していてください。では最後に、今季のマザーウェルの戦績を載せて終えます。

 

リーグ戦

12勝3敗7分け、32得点17失点、得失点差15、イエローカード4枚、レッドカード0枚

リーグ4位、勝率54.55%

D2カップ ベスト8、クラブランキング67位

 

ちなみに、来季はD2リーグにノリッジシティとクリスタルパレスが参入してきます。彼らとどんな試合が出来るのか、楽しみ楽しみ。

 

次回の記事は、来季に向けた補強等々を書きます。ではまた。