ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

D2リーグ第6節 勝負に徹する

ガラタサライ 1-0 WIN
首位のガラタサライを撃破。勝利に拘った勝利。

ここまで6試合やってきて、明らかにガラタサライが一番強かった。格が違った。そんな相手に勝つことが出来たのは本当に良かった。結果には満足している。そして、そこに至るまでの微調整が功を奏したのかもしれないと考えている。

昨日の試合では左サイドをかなり崩された。ここ最近、サイドバックが相手のウイングかサイドハーフと一対一になって、なおかつ抜かれるというシーンが目立っていた。今日も何回かあった。これは何が原因なのか、考えた。サイドバックが一対一で抜かれるのは、能力面を考慮して、致し方ないことだと考えよう。では、一対一の状況を減らせば良いのではないかと考えた。そして思い付いた案は、トップ下の二人の守備意識を「低い」から「普通」にすることだった。おそらくは、トップ下の二人が下がってこないから、サイドバックが一対一の場面にぶち当たるのだろうと考えた。だからトップ下の二人が、より守備に参加するようにと、守備意識を変更した。これは後半から。

これが良かったのか分からないけど、スコアレスで迎えた後半中盤、左サイドを突破したエインズワースがエリア内までドリブルし、中にスルーパス。それをグリフィスが利き足の左足でダイレクトシュート。ゴールにぐっさりと突き刺さった。グリフィス今季3得点目。着実にゴールを積み重ねている。

このゴールをなんとしても無駄にはしたくなかった。だからここで、また設定を変えた。チーム全体の攻守レベルを、「攻撃型」から「守備型」に変えた。その二つの間に「バランス型」があるから、一気に二段階守備よりに傾けた。これが良かった。この設定を変えただけで、マザーウェルの守備が強固になった。今日の試合は何としても勝ちが欲しかった。だって相手は昇格争いでのライバルだから。彼らから勝ち点を奪うことは、他のチームに勝つことと意味が異なる。引き分けじゃ意味がなかった。だから今までしたことのなかった攻守レベルの切り替えを行った。

なんとか勝てた。向こうの方が危ないシーンを作っていた。でも勝ったのはこっち。勝ちに拘って、改善できるところを試合中に改善したところが結果につながった。一つの成功を体験した。新たに勝つ方法を見出だした。今後に必ず生かせるだろう。

次戦は、D2カップ準々決勝1st leg。ついにカップ戦が開幕する。今季は絶対に優勝したい。そして、初戦の相手はなんと、ガラタサライ(2位)。まただよ。こういうパターンあるんだよなあ。明日はホームでガラタサライと戦う。アウェイゴールを取らせないように、無失点でいこう。いや、まず勝とうよ。1st legは大事だからね。とにかく勝とう。良い試合をしよう。
明日も勝つ。