ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア第2節 幸運の女神が微笑む

マンチェスターシティ 2-1 WIN
シティ相手に勝利!サッカーの怖さを知った。

明らかに相手に分があった。パススピードから連携の速さから、何から何まで違う。でもマザーウェルが勝った。これは事実。内容と結果は必ずしも一致しない。むしろ一致する方が少ない。それをまざまざと見せつけられる一戦だった。

マザーウェルに幸運が味方したのは前半ロスタイム。ドランスがペナルティーエリアでファウルをもらい、PKを獲得する。これをCFグリフィスがきっちりとど真ん中に決めて1点先行。1-0で前半を折り返した。これが流れを呼んだことは言うまでもない。その後54分にドランスが新加入のジョージボイドのパスをペナルティーアーク付近でもらい、1タッチで相手DFをかわし、すぐさま左足でシュート。ボールは相手GKハートの伸ばす手を避けて、ゴール右上隅に収まった。これはナイスゴール。見事な連係からの素早いシュートだった。

2-0。2部上がりのマザーウェルが優勝候補のマンCに2-0。割と奇跡的なことが起きている。その状況にも浮かれずに、マザーウェルイレブンはやりきったと思う。87分に相手FWヨヴェティッチにヘディングシュートを決められてからは時間稼ぎに入った。なんとしても勝利を手にしたかった。チームにとって、勝利ほど効く薬はないから。

相手が強いと、こちらの未だ見ぬ潜在能力も浮き彫りになる。今日はその一部が垣間見れた。強い相手とやるのは楽しい。その分だけこちらも強くなれるから。プレミアを堪能してますわ。

次戦の相手は、リヴァプール(4位)。マザーウェルは14位に浮上。強豪との試合が続く。ジェラードとかスアレスとかいる。やってやろうじゃないの。良い試合をしよう。
明日も勝つ。