ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア第34節 今を見る

エヴァートン 2-0 WIN
ホームで勝ちました。また新たな発見をしました。

いつもこの場所で言ってる、「瞬間瞬間に最善を尽くす」ということは、「今を見る」ことで成り立つのだということを実感した。今を見ない限り、その瞬間の最善を尽くせない。それはつまり、感じないと考えられない、というのと一緒だ。今の姿を全力で見ろ。そうすれば自ずとやるべきことは見えてくるから。見ることだ。考える前に見ろ。それを今日は選手たちから教えてもらった。

昨日の試合、ホームで勝ちを逃したので、今日は何としてもホームで勝利を挙げたかった。でもそのために、前半の序盤で先制点を取ろう、なんてことは考えなかった。今日は最初から、「今を見る」ことに専念していた。先のことを考えることは、今を見ていないということだ。でもプレーは90分間通して続いているわけで、今を見ない限り最善なプレーは見えてこない。相手の動きを読むということも、今の相手のプレーを見ることで可能になることだ。それを勘違いしてはいけないよ。

だからと言って前半の序盤に先制できる訳ではないのだが…笑 マザーウェルの先制点は前半ロスタイムに生まれた。絶不調のフォレストを外して先発出場したサムギャラハーが今季初ゴールを決めた。彼は193センチの長身と速さを兼ね備えた選手だ。弱冠20才ながらも着々と成長している彼に、監督もフォレストの後継者として期待を寄せていた。その彼がついにゴール。最近は新戦力の活躍が目立つようになってきた。彼もその一人。徐々にチームが変化してきている。その変化を正の力にしたい。

後半に入ってからは停滞した時間が続く。相手に何度かチャンスを与えた。その度に選手交替でチーム全体の気持ちを切らさないようにした。そして迎えた82分、グリフィスに替わって途中出場のクレイグムーアがエリア付近でボールを奪い少し前方にドリブルした後、ゴール前でフリーとなったスノッドグラスにパス。スノッドグラスは右足を当てるだけで良かった。相手GKは左手で反応したものの、ボールはゴールへと吸い込まれた。スノッドグラスは今季19ゴール目。得点ランキングはリーグ3位だ。素晴らしい活躍です。そのまま試合は終了。気持ちを終始コントロール出来た試合だった。大体気持ちが変化するのは負けていたり点が入らないまま試合終盤に差し掛かるときだ。そこで初めて気持ちのコントロールが必要になる。今日はコントロールの必要がなかった。そういうわけで上手く頭が機能したというわけだ。「今を見る」これだね。

さてさて、順位表を振り返りましょう。
1位 バイエルンミュンヘン 78
2位 マンチェスターユナイテッド 77
3位 マンチェスターシティ 67
4位 チェルシー 64
5位 マザーウェル 54
6位 ウェストハムユナイテッド 52
7位 リヴァプール 52
8位 アーセナル 50
9位 ニューカッスル 50
10位 トッテナムホットスパー 49
・・・・・・・・・・・・・・・
ですね。マザーウェルは5位に浮上。4位チェルシーとは勝ち点差10。まあ厳しいことには変わらない。マザーウェルは一試合一試合を丁寧に戦っていくしかない。それだけです。

次戦の相手は、サンダーランド(19位)。チーム力が拮抗している。アウェイです。ただただ今を表現しよう。良い試合をしよう。
明日も勝つ。