読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

プレミア第3節 辛うじてだから調子乗んなよ

フルハム 2-0 WIN

今日はツイてた。冷静に良い試合ではなかった。

 

今日は今季初のホーム戦ということで、勝利を飾れたのはマザーウェルにとっても応援してくれているサポーターのみなさんにとっても良かったと思う。ただとてもじゃないけど良い内容とは言えない試合をした。チャンスをたまたま掴めただけのことだ。

立ち上がりから、左WGで先発したサムギャラハーが果敢にサイド攻撃を仕掛けていくも、フィニッシュまで辿り着かないシーンが続いた。正直、この流れどうにかした方がいいなと思っていた。その矢先、28分、ドランスがエリア内でファウルをもらいPKを獲得する。これをドランスがど真ん中にきっちり決めて先制。これはラッキーだったね。エリア内でうろちょろしてるとこういうこともたまに起きるもんなんだな。

そのまま前半は1-0で折り返して、右WGのスノッドグラスを下げて、ヴィガースを投入。スノッドグラスは今季調子が上がっていない。こういうときはあるんですよね。プチスランプですね。これは尻を叩いていく行為はせずに、調子が出てくるのをじっと待ていた方が良い。その間に他の選手も試せるしね。そして後半開始直後、2点目が入る。ドランス→マルグリュー→ハメル→グリフィスの連携で取ったゴールだった。このプレーは良かった。この試合で唯一褒められるプレーだった。特にアシストしたハメルは左SBで、よくエリア付近までオーバーラップしてCFのグリフィスに絶妙なスルーパスを送ってくれたと思う。ハメルは前半にイエローカードをもらっていたんだけど、使い続けてて良かったね。そういう采配は当たっていた。そしてこれら2点を守りきり試合終了。本拠地アリアンツアレナでの今季初戦に白星がついた。

前回の試合からチーム内に変化を加えてきているけれど、今のところ結果としてはうまくいっているみたいだ。ただ調子に乗ってはいけない。必ずそこには落とし穴が存在する。ただただ、「今」を見つめるのだ。そこにやるべきことが記されているから。

次戦の相手は、SLベンフィカ(6位)。マザーウェルは現在2位。ベンフィカは高徳がいます。ヌリシャヒンがエースですね。攻撃的なチームとの対戦となります。ディフェンスの真価が問われるね。やってやりましょう。良い試合をしよう。

明日も勝つ。