ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア第5節 タイミングという問題

バイエルンミュンヘン 3-0 WIN

ダービー勝利!一夜で一変するのも人生というもの。

 

首位バイエルン相手に清々しい勝ち方をした。後半は文字通りボコボコにしましたね。よくやった。特に先制弾を決めたグリフィスとアシストしたスノッドグラスを讃えたい。

前半はスコアレスドローだった。序盤からマザーウェルがよく攻撃を仕掛けていたものの、フィニッシュの精度に問題があった。特に左WGで先発したサムギャラハーが持ち前の体格を生かし、バイエルンの選手相手でも堂々とプレーしていて、何度もシュートを放っていた。しかし点が入らない。そして時たま見せるバイエルンの速攻が結構えげつなくて守備は必死だった。

後半に入って、ここ最近はドローで折り返したときはハーフタイムで一人選手を入れ替えるのだが、今日はチームの状態が悪くなかったからそのままのメンバーで臨んだ。すると58分。ついにその時がやってきた。CFグリフィスから右サイドでボールを受けたスノッドグラスはそのまま縦にボールを運び、よく周りを見て、エリア内でフリーになったグリフィスに絶妙なスルーパス。受けたグリフィスはダイレクトで右足を振りぬき、相手GKノイアーの右足が届かないコースにボールを放ちゴール。これは本当にきれいなゴールシーンだった。ちょっと興奮モノでしたわ。最近スノッドグラスの調子も悪かったから、その意味でも貴重なゴールとなった。

そしてそのあと、ジョージボイド、ヴィガースが追加点を決め、バイエルン相手に3-0の勝利を収めた。素晴らしい試合をありがとう。やはり、タイミングなんだ。今日の勝因は、ピッチの外にもある。普段夜にウイイレをすることが多い自分が、今日はなぜか今のタイミングでやりたくなったのだ。その心の声に素直に従ったのも、こういう結果に一役買ったのでしょう。常に新しい風を吹き込む。それで結果がどうなっても、必ず新しい視点を得ることにつながる。そうでしょ。そうやってウイイレも人生も進んでいきましょう。

次戦の相手は、アストンヴィラ(12位)。マザーウェルは現在4位。清水能久がいます。このチームなかなか強いですよ。ホームで臨みます。良い試合をしよう。

明日も勝つ。