ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア第14節 右のエースの底力

トッテナムホットスパー 3-1 WIN

マザーウェル4連勝。今日はエースがやってくれた。

 

そのエースとはスノッドグラス。独壇場だった昨季と比べると落ち着いたパフォーマンスが目につく今季のスノッドグラスが、今日はやってくれた。まずは24分。右ショートコーナーでキッカーのグリフィスからパスを受け、相手をよく見た巧みなドリブルから一点を取った。しかし前半ロスタイム、こちらのCBの軽率なプレッシングで相手CFのスティーブンフレッチャー(スコットランド)にループシュートを決められて振り出しに戻された。

仕切り直して後半、47分。またもこの男がやってくれた。左サイドから中に切り込んだサムギャラハーがエリア右側にいたスノッドグラスにスルーパス。またも巧みなドリブルで相手陣内を切り裂き、落ち着いて左足を振り放った。今日2得点で、今季の得点を5に伸ばした。

その後、左トップ下のドランスが絶妙なスルーパスをCFグリフィスに出して、エリアに少し入ったところからダイレクトシュートをグリフィスがきっちり決めた。最近のゴールがトップ下の選手がよく絡んでいる。これは攻撃陣が噛み合っている証拠だ。攻撃の5人が連動していると、プレーのバリエーションが広がって、見ている側にとっても楽しいプレーが増える。楽しんで点を取ることが少しずつ出来るようになってきている。それは控えの選手の目覚ましい活躍が刺激しているからであろう。

次戦の相手は、スウォンジーシティ(13位)。マザーウェルは現在3位。チーム力が似たり寄ったりのチーム。アウェイです。ただただ楽しんで勝ちたい。良い試合をしよう。

明日も勝つ。