読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

プレミア第20節 なぜ僕がウイイレをやるのか

ウェストハムユナイテッド 0-1 LOSE

ホームで負け。OKこれから頑張る。

 

後半にオウンゴールで一点を献上して負けました。今日の試合については振り返りません。

それはそうと、久しぶりにウイイレやったんですよ、今日。ちょっと自分でも、毎日ウイイレやることに縛られてるなと感じて、やりたくなったらやろうと思ってたら、2,3日やりませんでした。で、今日やったわけですよ。まあ一回リセットしたかったんですね。自分の頭、心の中にうごめくものを。それがウイイレをやる一つの理由。

二つ目の理由が、メインです。ウイイレってたかだか15分ぐらいの勝負だけど、やっぱ勝負には変わりなくて、そこには色んなことが詰まっているのです。で、僕が思うのは、勝負をやるのが大事なんです。それを気軽に、時間をかけずに出来るのがウイイレであって、他に良い方法があれば別に僕はそれでも良いのです。勝負することが大事なのです。勝負に勝とうとすることが大事なのです。そしてどんな状況でもその気持ちを持って、なおかつそのための最善の方法を頭で考えること。やっぱり熱い心と冷たい頭を共存させること。これを習慣づけられるのが、ウイイレなのです。日常生活で誰かと勝負する場面ってあんまりないと思うんですけど、それは「勝負」という名前が付いているものがあまりないだけで、実際には熱い心と冷たい頭の両方を持ち合わせておく必要がある場面が、わんさかあると思うのです。

というか、生きるということ自体がそういうことでしょ。自分が何をしたいのか。それは熱い心を持っていないと分からない。そしてそのために何をすればいいのか。それは冷たい頭を持っていないと分からない。でも、そういうことって、型にはまりがちな日常生活を送っているほど忘れていくものなのです。だから僕はウイイレをやるのです。その大事なことを思い出させてくれるから。ただ勝ちたいと思っているだけじゃ勝てないことを。ただ冷静に分析しているだけじゃ勝てないことを。だから僕はウイイレをやり続けるのです。

次戦の相手は、アーセナル(9位)。ホームです。勝つ。良い試合をしよう。

明日は勝つ。