読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

プレミア第24節 勝てない日々

バイエルンミュンヘン 0-3 LOSE

ホームで大敗。負けこんでますね。

 

勝ちたいですよ、そりゃ。でも同時に、楽しめてもないですね。やっぱりさ、結果と内容は別物だよ。内容こそが真実だと思うよ。結果だけに焦点を当てていたら、内容は絶対に良くならないよ。大事なのは内容だということを、理解しておこう。もしかしたら今の自分に必要なのは、勝利への気持ちを絶やさないようにすることではなく、自分のやりたいプレーを明確にしてそれを実現することなのかもしれない。そこへの意識が最近なかった。なんかぼんやりと「勝ちたい」と口にして、プレーの内容を見ていなかった。もっと見ましょう。ていうか楽しみましょう、純粋に。勝つまでのプロセスをね。

勝てないチームに対して、「勝て」と言ったって良くはならないんだ。ちゃんと現実を見よう。何が出来て何が出来ないのか。選手それぞれの守備のやり方も変えないといけないのに、なんかすべて一緒くたに考えているよね。やるならそういうところまで意識しなさい。自分の考えに固執するのではなく、現実に沿って自分の考えを変えていく。それが本来やるべきことだから。しっかりと、見るんだ。目をそらすな。それが一番大事なことだから。自分の考えなんて捨ててしまえ。それは足かせになっている場合が多々ある。自分の考えに固執することは、一番大事なことを放棄している可能性がある。それをしっかりと、時にえぐられそうになっても、受け止めること。そこから未来は拓けていくから。

次戦の相手は、アストンヴィラ(18位)。マザーウェルは現在5位。ここ耐えどころ。これ以上4位と離されるとCL圏内が遠のいていく。絶対勝つという気持ちを持ち続けながらも、プロセスを楽しむ。いや、結局のところ、絶対勝つという気持ちが、自分の考えを凝り固まらせているのかもしれない。気持ちが大事とか、その気持ちというのは、もっと深いものなのかもしれない。自分が意識している気持ちなんかよりももっと深いもの。思い切ってプロセスだけを見るのも良いのかもしれない。だってあるのは、その場の状況だけだから。結果は結局、単なるスコアだから。結果は真実を表していない。勝つために何が本当に大事なのか、それさえ分かっていたらやるべきことは自ずと見えてくる。一旦そこに立ち戻ろう。良い試合をしよう。

明日は勝つ。