読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

ヨーロッパマスターズカップ準決勝1st leg ないものはない

SLベンフィカ 1-1 DRAW

初戦引き分け。アウェイで、まずまず。

 

「ないものはない」

試合中に出てきた言葉だ。自分は、「ないといけない」という観念から悩みの森へ勝手に入っていくことがよくある。でも、ほとんどの場合、森から出たあとに「ないといけない」ものが手元にあった試しがない。そもそも「ないといけない」ものが何なのかもよく分かっていないのでしょう。でもそれが「ある」と思っているから森に行くんでしょうね、懲りることなく。

でも、ないものはないんですよ。結局。ないものがあるわけがない。そういうことを、ウイイレのたかだか15分ぐらいで実感する。ないものはないという当たり前なことを自覚して、初めて自然にプレーできるのだ。森に入っていくのは自分自身。そのことも覚えておけ。

前半はスコアレスで、後半に入って10分ぐらいで失点した。前半にこちらが押していたというのもあって、流れは悪い方に進んでいた。しかしながら82分にCKのチャンスをモノにした。どういう状況であろうが、普通にプレーする、それだけ。

初戦を1-1で引き分けたということで、二戦目はスコアレスならこちらが決勝に進む状況ですね。まあやるだけです。やってみなきゃ分からない。

次戦の相手は、フルハム(15位)。マザーウェルは現在6位。アウェイ戦。ちゃんとやろ。

明日は勝つ。