読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

プレミア第37節 すべてが人生

ニューカッスル 5-1 WIN

ホームで大勝利。一瞬に全てが存在する。

 

少し日を置いての試合。そういうときはいつも用心している。確実に試合勘が鈍っているから。今日も出過ぎた真似をしないようにしつつ、攻撃出来ずに終わることがないようにバランスを取ろうと思った。

結果は圧勝。あまり予想してなかったけど、結局のところ一つ一つのプロセスに結果のパーツが存在するのだ。味方からもらうパスのトラップ一つで、一連のプレーがシュートまで行けるか、はたまたゴールまでたどり着けるかが決まるのだ。そして最も良い形にするためには、その知識を忘れることが必要なのだ。これが行為における最も大事なことだと自分は思う。

さすれば楽しめる。結局、プロセスにおける楽しさに勝る喜びってあるのだろうか。結果にはその喜びは存在しないように思う。今日はここらで。

リーグ順位を振り返る。

1位 バイエルンミュンヘン 92

2位 マザーウェル 91

3位 チェルシー 89

4位 マンチェスターユナイテッド 76

5位 ニューカッスル 63

6位 マンチェスターシティ 62

7位 アーセナル 61

8位 SLベンフィカ 54

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終節を残し、マザーウェルバイエルンを勝ち点1差で追っている。正直、あまり優勝とか意識していない。あるのは、目の前のプレーだけだ。とにかく最終節を楽しめたら良いと思う。

次戦、相手はエヴァートン(13位)。最終節を本拠地で戦える。有終の美を飾りたい。

明日も勝つ。