ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア最終節 7年間ありがとう。

サンダーランド 3-1 WIN

最終節勝利。マザーウェルの7年間が終わった。

 

色々ありましたよね。そりゃ7年もやってれば。最初はこんな感じでした。

未知なるスコットランドのクラブで、なおかつスコットランド人だけで世界の頂点を目指そうという、なんだか壮大なものを夢見ていました。ワクワクしていました。そして今シーズン、マスターリーグ7年目、プレミアリーグ5年目の最初はこんな感じでした。


三冠は達成できなかった。今季、リーグ戦優勝、カップ戦ベスト4、チャンピオンズリーグ優勝と、二冠は成し遂げた。

終えようと思う。マザーウェルの歴史に幕を閉じようと思う。まだ三冠を達成していない。最初に立てた目標をクリアすることは出来なかった。でも終わろうと思う。理由は、あまり楽しくなくなったから。楽に勝てることが出来るようになったから。7シーズンもやっていれば、そりゃ選手たちの能力は高まります。彼らの能力は、世界各国のトップクラブにいる選手たちと全く引けを取らないレベルになりました。だからこそ、圧倒するようになったのです。

もういいでしょう。また一つの歴史が終わった。終わったということは、始まりの季節である。次は何が生まれるのか。それは自分にも分からない。ただ、何かは始まるでしょう。ひとまず、今季2020-2021シーズンの最終順位を振り返る。

1位 マザーウェル 103

2位 チェルシー 85

3位 SLベンフィカ 85

4位 バイエルンミュンヘン 84

5位 アーセナル 80

6位 ニューカッスル 78

7位 マンチェスターユナイテッド 76

8位 エヴァートン 57

9位 マンチェスターシティ 51

10位 リヴァプール 47

11位 サウザンプトン 46

12位 カーディフシティ 44

13位 トッテナムホットスパー 39

14位 アストンヴィラ 38

15位 バイヤーレヴァークーゼン 37

16位 クリードバッハ 33

17位 サンダーランド 29

18位 スウォンジーシティ 27

19位 ノリッジシティ 19

20位 ストークシティ 18

というわけで、マザーウェルプレミアリーグを圧倒的な力で優勝しました。33勝4分1敗、得点141、失点33、得失点差は108。これは驚異の数字だ。

表彰選手は以下の通り。

MVP オスカル(チェルシー)

得点王 グリフィス(マザーウェル)

アシスト王 スノッドグラス(マザーウェル)

グリフィスは今季31得点、2位のエトー(チェルシー)の30得点をぎりぎりで交わし、初受賞となった。彼はCLの得点王も合わせて、個人タイトル2冠を達成した。

そしてスノッドグラスは12アシストでこちらもリーグでは初タイトル。同じくCLでもアシスト王になっているので、2冠達成。

これは、マザーウェルの得意なプレーが反映されている。右サイドのスノッドグラスがドリブル突破し、エリア内でフリーのグリフィスにラストパスを出してゴールの御膳立てをするという形。スノッドグラスは昨季まで、一人でシュートまで持って行く形が多かったが、今季は余計なエゴを捨てて、チームとしての最善のプレーを心掛けた変化が現れている。それに加えて、ゴール前での視野が広くなったことも要因の一つとしてあげられるだろう。まあこれは、その後も生き続けることだろう。

最後に、この7年間を、年間成績を振り返ることで表したいと思う。

2014年 D2リーグ 4位 D2カップ ベスト8

2015年 D2リーグ 2位 D2カップ ベスト4

2016年 プレミアリーグ 8位 FAカップ 2回戦敗退

2017年 プレミアリーグ 7位 FAカップ ベスト8 ヨーロッパマスターズカップ 1回戦敗退

2018年 プレミアリーグ 6位 FAカップ 2回戦敗退 ヨーロッパマスターズカップ ベスト4

2019年 プレミアリーグ 2位 FAカップ 準優勝 ヨーロッパマスターズカップ ベスト4

2020年 プレミアリーグ 1位 FAカップ ベスト4 UEFA Champions League 優勝

チームタイトルは、今季初めて獲りました。一気に二つ獲れて、満足です。三冠達成がならなかったのは残念ですが、スコットランド人だけでイングランドの世界最高峰のリーグを制覇出来たこと、スコットランド人だけで欧州CLを制覇することが出来たので、もう頂点を取ったも同然だと思います。楽しかったです。

これだけ成績を載せておいてあれだけど、やっぱり本質は、プレー中の楽しさにあるよ。そしてその楽しさは、困難の中にこそ存在すると思う。困難が無いと味気ないものになってしまう。酸いも甘いも知らないと、人生つまらないのだ。そういうことだ。

新たな冒険に出ようと思う。これまで、マザーウェルの闘いをご覧になっていただいて、誠にありがとうございました。こんな、一人の人間のマスターリーグ日記を読んでいただいて、恐縮でございます。でも、ちゃんと読んでくれている人がいることも知っています。ありがとうございます。やはりブログと日記は、違います。僕は日記を書くようにしてこのブログを書いているつもりでしたが、おそらくは違います。それはつまり、読者の方がいらしたからです。

今後も、何某かの冒険日記をここに書こうと思いますが、そこのあなた、暇を見て、チラッと覗いてくださると幸いです。

それではまた会う日まで、ごきげんよう