ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第15節 判断が追いついていない

対フランス 0-3 LOSE

隙をまんまと突かれる。呆然と立ち尽くしてしまう。

 

なすすべなしと言ったところです。試合の入りも悪かったし、プレッシャーに行くべきところに行けてない、その単純な理由で3失点した。判断が追いついていなかった。それがボコボコにされてる感を強めてしまった原因である。

プレッシャーに行けてなくてゴールされるのは問題がある。それは問題を自らで設定できていないということなのだ。何が何だか分からずにやられているという状態。そして、それが原因で相手にやられているということが理解できているのなら、まだいい。それは自らのミスで生じた失点であり、決して相手の強さによってではないということが分かるからだ。でも今日は、それも出来てなかった。無駄に相手の強さを意識して萎縮してしまった。それは途中で気づいたので、自分たちがやるべきことに集中するようにもう一度方向転換出来たが、まあ十分な時間は残っていなかった。

今日分かったのは、ちょっとでも判断が遅くなったり、問題を察知する感度が鈍ると、失点という致命傷を簡単に負うということだ。そのレベルで試合しているのだということを思い知った。それには精神が研ぎ澄まされていないといけない。試練は続く。

次戦の相手は、アルゼンチン(9位)。日本は現在8位。ホーム戦。メッシか。よろしく。

明日は勝つ。