ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第25節 気持ちの余裕・油断

ボスニアヘルツェゴビナ 3-0 WIN

ホーム戦勝利。スコアで圧倒しているときの精神状態について。

 

今日の試合は、今までのリーグ戦のなかでは異質なものだった。17分までに2点を取り、前半が終わる頃には3-0と、スコアで圧倒していた。いつも試合終盤まで「勝利」を目標に全力を尽くしていた代表チームにとって、前半でその目標をほぼ確実なものとすることは、逆に不安を煽ってくることになった。

「勝利」という分かりやすい目標があると、モチベーションは保たれやすい。人間が夢や目標を掲げるのも、生きることの動機が保たれるからだろう。でもそんなものは、やはり仮初めである。その夢や目標が消えた時にこそ、その人間の本当が現れるのだ。

今日の試合、3-0になって、初めて自分たちが「試合に勝つこと」を目標にプレーしていたのだということを理解した。目標が達成されない間は盲目なのである。一つの点しか見えない。そしてその目標よりも深い次元に確固たる動機が無いと、目標を達成したあとに全力を尽くすことが出来なくなるのだ。これが、油断に結びつくのだ。

余裕と油断は似て非なるもの。二つの違いは、根底に行動の動機があるかどうか、だ。それを見極める上で、そして真の動機を見出す上で、今日みたいな「空白」は必要不可欠だ。結局ウイイレは、この真の動機を見つけるための旅みたいなもんなのだ。

次戦の相手は、ポルトガル(5位)。日本は現在7位。ホーム戦。真剣に。

明日も勝つ。