ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第16節 高を括ってはいかんよ

対ドイツ 2-1 WIN

最後の最後までプレーは続く。手放した瞬間にボールは落下していく。

 

ギリギリですね。もっと上手く試合を運べたと思う。プレーが終わるその瞬間まで気を緩めてはいけない。どんな可能性も想定して構えておく必要がある。

人間、90分間集中し続けることは不可能だ。本当に研ぎ澄まされた状態でいるのは1分にも満たないと思う。やんわりと紐が弛んでいる様子を思い描く。ピンと張っているのは両端の2点のみだ。そして中点は最も張りがない。ある2点で紐を固定する限り、ほとんどの場合において中点は他のどの点よりも弛んでいる。それをピンと張ろうとしても限度がある。

そこをどう遊んでいくか。弛んでいる感覚でプレー出来るのは、ピッチの中盤にいる選手たちだ。彼らこそ、紐にできた遊びを使って試合を展開させることが出来る。そういう意味で、チームの手綱を握っているのはMFだ。

今日の試合はそれがわりと上手く行った。攻撃で中盤が遊べていた。その時間があるからこそ、ピンチの時もチャンスの時も「ピン」と張ることが出来るのだ。どちらか一方を否定したらどちらも崩れる。その見極めは大事ですね。

次戦の相手は、オランダ(15位)。日本は現在7位。ホーム戦。最初と最後と中間と。それぞれを意識する。

明日も勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud