ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ最終節 采配的中

対スイス 1-0 WIN

後半ロスタイムの勝ち越し弾。完全なる采配の的中。

 

終わり良ければ全て良し。今シーズン、苦しい試合が多かった。今日の試合も苦しかった。その中よく点が取れたなと最後に思いました。試合終了間際に変えた本田と清武の両選手がアシストとゴールを記録し、今シーズンの最終戦を勝利で締めくくった。

点を取るっていいなと思う。分かりやすい。分かりやすく救われる。最後の点が入るか入らないかで気持ちが全く違う。今は全てが救われた気分。まだまだやろうと思える試合だった。最後には笑っていたいと思えた。

それでは今シーズンの最終結果を振り返る。

優勝 スペイン 85

2位 イタリア 77

3位 ドイツ 76

4位 ブラジル 74

5位 フランス 67

6位 ベルギー 62

7位 アルゼンチン 62

8位 ポルトガル 54

9位 クロアチア 51

10位 日本 49

11位 イングランド 49

12位 チリ 49

13位 オランダ 46

14位 コートジボワール 45

15位 ポーランド 45

16位 ボスニアヘルツェゴビナ 44

17位 コロンビア 37

18位 トルコ 33

19位 アメリカ 30

20位 スイス 27

というわけで今季、日本は10位で終えた。久々一桁に入らなかった。14勝7分け17敗。この数字を見るとヒドい。中盤以降調子を落とした。沼にズブズブ入った。そういうときの効果的な対処法は未だ見つかっていない。ただ一つ分かることは、その状態でも続けていくと、いつかは抜け出せるということ。そしてそのキッカケになるのは、やはりゴールであるということ。キツい時に、いかにゴールを決められるか。それが重要。そして、ゴールを決めるためにはもちろん、ゴール前での冷静さも必要だし、それと同じくらいにゴールへの強引さも必要なんだということが分かった。13シーズン戦って、言えることがこんなことなので、こんなんでいいのかなとか思ってるんですけど、こんなんでしかないので、こんな感じで書き続けます。勝つまで。

なので、引き続き明日から、インターナショナルリーグを戦っていきます。14回目になりますが、優勝しか考えていないです。って書いて、本当か?と今なっています。たぶん、そこの気持ちが甘くなっています。

もう一度言います。優勝しか考えてないです。

ピッチに立つ以上、勝利しか考えてないです。

明日も勝ちます。

よろしくお願いします。