ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

ISSカップ準々決勝 油断はするな

対チリ 3-2 WIN

とにかくボールを持ってから考える。調子こくとすぐ崩れるよ。

 

日本、ISSカップ準決勝進出を決めた。もう何年ぶりなんだろうかという感じなんですが、今季の日本を考えれば当たり前な結果でもある。とにかくボールを持つサッカーというのがこれまでのウイイレ人生の集大成として存在している。それが見つかったいま、自分はどこに行こうとしているのか。なんだかこれまでにない答えを手にしてしまったようで、逆に変な感じになっているのは気のせいだろうか。

とにかく今シーズンやるべきことは、手にした答えを結果に結実させて昇華させることだと思う。それをやって初めて、その答えは真に有効であったことが認められる。とにかくそれをやろう。

次戦の相手は、フランス(3位)。日本は現在1位。しっかりと気を引き締めて、確実に結果を出そう。全員サッカーで盛り立てていこう。

明日も勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud

Iリーグ第22節 時間をかければ上手くいく

クロアチア 4-2 WIN

自分一人でやろうとしない。待って待って、みんなで攻める。

 

強くなるっていうことは、パッと見で分かることではないのかもしれない。今シーズン、日本は過去にない強さを発揮している。現時点で22試合中18勝しているのは、正直言って驚異の数字だと思う。昨シーズンは一年を通してでさえ18勝も挙げていないと思う。昨年の自分たちからすると、「あり得ない」ことが起きているのが今シーズンの自分たちなのだ。

そういう結果を生み出している大きな要因の一つに、相手にボールを奪われない戦い方が出来るようになったことが挙げられる。つまりポゼッションを高めていくサッカーですね。自分たちがボールを持っている間は相手に攻められることはあり得ないし、ボール保持の時間が長いほど周りの味方がビルドアップしてくれて、攻撃の選択肢が増え、相手が的を一つに絞れなくなるという効果が出てくる。

フリーの味方を使っていくというのも非常に大事なことだということが分かってきた。「余裕のある」選手を使うことで、「確実な」攻撃が可能になるのだ。試合に勝つためには、リスクを下げて、正確性を上げることが求められる。今のポゼッションサッカーがその二つの条件を見事に満たしているということが、現在の好成績に繋がっているのだ。

結局のところ、強くなることの中身は、結構地味なことであるようだ。強くなればなるほど、見た目の派手さは無くなるのかもしれない。でも、強いからこそ、見た目で勝負しなくていい、という風にも取れる。見た目は虚勢か。少なくともウイイレにおいては、中身ギッシリのプレーをしていこう。

次戦はISSカップ準々決勝。相手はチリ(15位)。日本は現在1位。負けたら終わりのカップ戦。延長もあり得るのだということも見越して、チーム全体で戦っていきたい。

明日も勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud

Iリーグ第21節 ボールを持ちながら考える

対スペイン 2-0 WIN

スペイン撃破。ボールを持ちながら、やるべきことを見つけていくことが大事ですね。

 

ポゼッションしながら、点も取っていくスタイルが板に付いてきた。時間稼ぎが「消極的パス回し」なら、今のスタイルは「積極的パス回し」だ。相手がプレッシングしてきたところで味方にパスを出す、ということを繰り返すことで、スペースを上手く使いながら省エネで賢いサッカーを実現することが可能になった。

あとは、選手一人一人が相手に奪取されないボールの扱いを出来るようになったのも大きい。ダッシュでドリブルしなくても、相手とボールの間に自分の体を入れておけば、ボールを取られることはほとんど無い。そして自分がボールを持っている間に周りの味方選手のポジションを確認して、うまくフリーになっている選手を使っていく。つまり一人一人がタメを作れるようになり、より無理のない状態で攻撃出来るようになったということだ。

文章にしてみると、非常に当たり前で、シンプルなことをしているみたいだけど、それを見出して、実行出来るようになるのに8年以上(ウイイレの世界で)かかっているというのは、どういうことなのでしょうか。自分の分析力が足りないのか、それとも今やっていることが長い間やらないと分からないことだったのか。どうなのでしょうね。でも、何はともあれまた一つ攻撃パターンが生まれたことをうれしく思っている。型が出来るとなにかと楽だから。勝つためには楽することを知らないといけない。そうしないと、いざという時に力が発揮出来ない。本当の意味で、全てを使って勝負していこう。

次戦の相手は、クロアチア(10位)。日本は現在1位。アウェイ。続ける。その場でやるべことをやる。

明日も勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud