ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第35節 これは完敗

対スペイン 0-2 LOSE

これは完敗。個人技が問題にならない戦い方をしよう。

 

エリア付近での出来が相手との差を広げた。エリア内でもたもた攻撃しても点は入らないんですね。やはり瞬間の勢いを利用しないと、殊に日本においてはゴールまで達しない。

いかにその場で、蛇のようにすり抜けていくようなパスコースを思いつくか。それが、日本がこのインターナショナルリーグで勝ち続けるために必要になっていくことだ。要所でキラーパスを出す。シンプルなんだけど、これが追っても追っても逃げていくものだったりする。白紙。分析して色を付けるけど、その場は白紙。こういうことを自分は求めている。相手の特徴と自分たちの特徴をきっちり把握しながらも、そこに全く囚われないプレーをする。この矛盾しているように見える行為が、理想である。

白紙だから創造される。極限状態だから白紙になれる。本当の極限状態は、何物にも囚われていない。こうやって文章を書くけど、次プレーするときには全て忘れている。そんなことが、したいのですね。

自分たち、まだまだですね。伸びしろを感じます。その場にどのように存在するのか。その探求は尽きない。

次戦の相手は、アルゼンチン(5位)。日本は現在4位。ホーム。勝ち点で並んでる両者。良い試合がしたい。

明日は勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud

Iリーグ第34節 油断は大敵

クロアチア 2-1 WIN

勝利に常に飢えている。それでも油断をしてしまう。

 

カップ戦のリベンジは成功した。ゴールを決めた本田と原口は本当に素晴らしかった。本田の先制点は、2014年のブラジルW杯初戦のコートジボワール戦で見せた先制弾を彷彿とさせた。原口の勝ち越し弾は、エリアから離れた場所からの、見事なミドルシュートだった。二瞬の煌めきで、この試合に勝てたと言っていい。

こういう勝負事は、一つの、一瞬の大きなプレーで結果が左右される。でも結果が求められる世界ではどこでも、そういうもんな気がする。全てのことが合格点ギリギリであるよりは、一つで飛び抜けていた方が、その人全体の評価は高まると思う。一つの武器は、他の欠点を全て覆い隠すだけの大きな布地を持っている。全てが合格点ギリギリだと、ポツポツ下地が見える出来上がりになる。少なくとも他者評価の観点から言えば、前者の方が分かりやすく評価されるよなとは思う。うん、結局、結果と実力は完全には比例しないのだと思う。でもそれも、実力とは何かという定義に依るのだ。

冒頭の「油断」の件は、スコア2-1のまま、あと数分で試合終了の場面で、ちょっとした気の緩みからボールを奪われてシュートまで持っていかれたことから出た言葉。勝利固執して、70分あたりから時間稼ぎしてたのに、最後の最後で気を抜くってのは、なんなんだっていうね。油断の存在は常にある。油断が大敵となる場所では、油断は禁物だ。

今シーズンも残すところあと4戦。一つ一つの瞬間に埋没していきたい。

次戦の相手は、スペイン(1位)。日本は現在4位。ホーム。首位のスペインを埼玉で迎え撃つ。サポーターを沸かせたい。

明日も勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud

Iリーグ第33節 出来ないこと出来るようにしよう症候群

対スイス 1-2 LOSE

いつも通り打ちのめされたが、一つの発見があった。道は外にある。

 

前半で0-2にされるパターンです。最近これで負けてますね。相手選手のドリブルを4人がかりで行っても止められない。みんな怖がってる。キャプテンの長谷部に代えて先発した細貝の出来は良くなかった。うん、まあ個人のことについてはいい。

ただ一つ発見があったのは、自分が「ここが出来ていない」と思うと、そこを直そうとプレーするんだけど、実はそれをやる必要はないのではないかということ。それは自ら狭い道に突っ込んでいって、なんとか先に続く道を探ろうとしているのと同じなのではないかと。勝利という大きな目標を考えたら、それをやるよりも、一回外に出て、気持ち良い海で泳いだ方が良いのではないかと。そんなことを思った前半ロスタイムの仕返し弾。

おそらく人間(自分)は、出来ないことがあると出来るようになろうとする。そういう性がある。でもそれは墓穴を掘る可能性も十分にある。別にやりたきゃやったら良いんだけど、この、正味15分程しか時間がないウイイレにおいては、こんなこと時間の無駄だったりするのですね。出来ないことにフォーカスするのではなく、出来ることをやること。それが体勢を立て直す鍵になるのでは。まあ結局は自分のリズム、自分のペースっていうことなんです。

次戦の相手は、クロアチア(17位)。日本は現在5位。アウェイ。カップ戦のリベンジ。強くなってる自分を信じて。

明日は勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud