ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

5年が経った。 #1509

2020年7月29日。昨日、このブログ「ウイイレ一日一試合」を始めて5年が経った。

 

winningeleven2014woyaritsudukeru.hatenablog.com

 

5年前の昨日、ある友人から話の流れでウイイレブログを書くことを勧められて、このブログを開設した。そして、今日までの間、自らのモーニングルーティンとして、このブログを更新することは続けられている。

5年という節目に、壮大にこのブログを振り返ってみようかと昨日考えていたのだが、やめた。振り返るのはこのブログの本意ではないと思ったからだ。

とにかく、ウイイレを一日一試合やって、試合後に記事を書くということは、毎日の楽しみになっている。朝起きたら試合が待っている。だから、起きた瞬間から張り合いが出てくる。大袈裟に言えば、今日の試合に勝つことがその日の最重要事項なのだ。そしてそれが一日の始めに待っているのが、「ウイイレ一日一試合」を飽き足らずにやっている一因なのだ。

ピッチで全てを出し切る。ピッチ外(つまり日常生活)で発見したあれこれも総動員して、全てを出し切る。これが何より楽しい。ピッチの上で全力を出して、そこで発見したことを記事に書いて、その発見をピッチ外で活かして、それにより発見した新たな考えがピッチの上で影響を与える。この循環がたまらない。

そんなこんなで、まだまだウイイレをやり続けるでしょう。現在僕は、PSPウイイレ2014をプレーしていますが、今後PS4とか5とかに移ることも考えている。とにかく、ピッチの上では全力を出していきたいと思う。

最後に。5年前にブログ開設を勧めてくれたT君と、僕の知る限りで唯一の「ウイイレ一日一試合」のファンであるK君には感謝している。T君がいなければこのブログは存在していないし、K君がいなければこのブログが他者と繋がっていることを実感出来なかった。

というわけで、明日もウイイレをやってブログを書く。それがあなたにとっても善いことであれば、それほど嬉しいことはない。