ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

WIN

Iリーグ 第30節 流れは変わる #1600

対ポーランド 3-1 WIN 後半の半ばから3得点。焦らずやれた。 もはや勝利めがけて体が固くなることがない。柔らかくいれる。負けるときは負けるときなんだとしか思わない。結果がどうでもいい。いや、勝ったら勝ったで嬉しいけど、それは流れてたから。流れる…

Iリーグ 第29節 口を突いて出てくる #1599

対クロアチア 2-0 WIN ポジティブなワードが口を突いて出てくる。こらたまげた。 二週間ぐらい前から、とにかく気持ち良くなることを意識して生活していて、それはウイイレにも波及してる。その生活をしていると、ことあるごとにポジティブなワードを自分自…

Iリーグ 第27節 楽しむと結果がどうでもよくなる #1597

対ウルグアイ 5-2 WIN 最近は他のチームの結果を見なくなった。それはピッチの上でもう十分に充実しているから。 とにかく楽しい。ウイイレがとてつもなく楽しい。もう勝っても負けてもどうでもいいという感じ。勝つためにやってるところから抜けた。僕は楽…

Iリーグ 第26節 悲しんでいる場合じゃない #1596

対イングランド 3-1 WIN 勝利。とにかく流れろ。 悲しんでいる暇はない。とにかく流れよう。流れて流れて流れて、全てを思い出にしよう。止まるな。止まると落ちる。それは罠だ。止まる必要はない。流れていれば何の問題もない。 楽しくやろう。それが大切。…

Iリーグ 第25節 最高に楽しかった #1595

対ポルトガル 6-0 WIN ピッチの上で楽しめた。それが全て。 それが全てでやってる。それ以外の見返りは求めてない。結果も要らない。楽しすぎてそれでいい。以上。他に言うことはない。 次戦の相手は、イングランド(10位)。日本は現在1位。ホーム。楽しんで…

Iリーグ 第24節 体得 #1594

対トルコ 2-1 WIN 体得する、って言い得て妙だと思う。覚えるのは体。 楽しくプレーすることを体得していっています。楽しいです。楽しむことにおいて要らないものは「結果」です。結果は過去です。過去を楽しむことは出来ません。楽しむことが出来るのはい…

Iリーグ 第23節 信じること #1593

対チリ 1-0 WIN どんどん良くなっていくことを信じること。信じるから行動出来るのだ。 今日は後半ロスタイムでの決勝点だった。昨シーズンまでのように、何がなんでも勝ちますというガチガチな気合いは持っていない。でも、静かな意志は存在している。それ…

ISSカップ準々決勝 楽しくプレーすることだけ考える #1592

対ドイツ 2-0 WIN 準々決勝突破。着実に進む。 もう時間稼ぎとかはしない。あれは本当にkill the timeだ。自分たちが楽しむ時間を自分たちで奪うことになる。ただ生存するために生きてますってやつ。それは死んでいるのと同じではないか、というやつだ。楽し…

Iリーグ 第22節 気持ち良いかを重要視する #1591

対イタリア 3-0 WIN いくら大勝しても気持ち良くなかったら、良くない。今日は気持ち良かった。 まあ楽しかった。すごく楽しかった。流れるように攻撃が進むと快感ですね。気分良くプレー出来た。これが何より。とにかく気持ち良くなかったらダメですね。何…

Iリーグ 第21節 止め処なく流れろ #1590

対コートジボワール 2-1 WIN 言葉は使わなくていい。感じたものをプレーに出せ。 感じること。それが最初。なるだけ多くのことを感じよう。そのために、言葉はなるだけ使わないようにしよう。言葉を使うと感じたことが限定されてしまう。限定すると可能性を…

Iリーグ 第19節 動き続ける #1588

対ブラジル 2-0 WIN 止まっていたらすぐに水を流す。そうやって流れることを意識する。 とにかく動いていればいい。動いていれば止まることはない。止まるということが一番危険なこと。停止。思考停止。思考は動きが止まることによって止まる。止まりながら…

Iリーグ 第18節 とにかく動け #1587

対ベルギー 2-1 WIN 次の一手は動かずには出てこない。とにかく動いて流れに乗れ。 動く。考える前に動く。止まって考えるのは、「考える」ではない。それは「悩む」だ。動け。動いたらどんどん動く。どんどん流れる。とめどない流れが湧き出る。その力を利…

Iリーグ 第17節 言葉を使わない #1586

対フランス 2-0 WIN 言葉が流れを止める。しゃべらず動け。 だいぶ言葉が邪魔することに気付いてきた。自分で何かしようとしなくていい。言葉を使っている時は、大概、自分で何かしようとしてる。それはするな。それは無理がある。流れから逸脱している。流…

Iリーグ 第16節 言葉を使わない #1585

対アメリカ 1-0 WIN 言葉を使わないのが良いのではないか。言葉に変換する時間が流れを止める。 とにかくピッチの上では何かしら感じでいるわけで。それに対してのリアクションがプレーなわけで。その受信と発信の間に言葉を挟まなくていいのではないか。発…

Iリーグ 第15節 失敗を見ない #1584

対ガーナ 2-0 WIN 終始楽しんだ。失敗なんか見ずに楽しめばいい。 失敗という概念を捨てる。というか、気持ちよくプレーしようとしたら、そんな概念が入ってくる余地が無い。失敗という言葉が入ってきた時点で気分が悪くなる。気分が悪くなるということは自…

ISSカップ2回戦 PKまでもつれこんだ #1582

対アルゼンチン 2-2 (EX 0-0 PK 4-3) WIN カップ戦で初となるPK戦にもつれこんだ。それでいい。 何が正解なのか分からないけど、いまやりたいことやる。というか、何が正解か分からない、という状況に陥っている時点で、そこから抜け出した方がいい。それら…

Iリーグ 第14節 ただただ楽しんでる #1580

対スペイン 2-0 WIN 勝つためのサッカーをやめても勝てている不思議。楽しむってすげーな。 コペルニクス的転回が起きた。今までは勝利を至上の価値として崇めていた。その勝利を地上に引きずり降ろし、新たな王に「楽しむこと・気持ち良くなること」を据え…

Iリーグ 第12節 すごく気持ち良い #1578

対コロンビア 2-0 WIN 完全に実験。気持ち良さを求めてプレーする。 昨日から気持ち良さを求めてプレーするようになった。坂口恭平インスパイアです。もうそういうモードなので、ウイイレもそういうモードになります。こういうところも良いんですよね。ピッ…

Iリーグ 第11節 気持ち良くする #1577

対ポーランド 3-0 WIN 自分を気持ち良くする。これヤバいかも。 いま、変革が起こっている。これはピッチ外の出来事であるが、ちょっと前の記事にもちょっと名前を挙げたが、坂口恭平にハマっている。そして彼のやっていることで良いと思ったことは実際にや…

Iリーグ 第9節 力の入れどころを察知する #1574

対アルゼンチン 1-0 WIN 僅差で勝利。後半開始のギアアップが功を奏した。 「ここ」というところで力を入れる。それが出来るかが勝負の分かれ目だったりする。そしてそれが出来るためには、常に力を入れないことを徹底する。基本はリラックスして。自分たち…

Iリーグ 第7節 良いイメージを持つに限る #1571

対イングランド 2-1 WIN 良いイメージを持つに限る。つくづくそう思う。 人間はイメージによって動いている。どんなに楽しい時間を過ごしていても、悪いイメージを持った瞬間に楽しめなくなる。何を思うかで感情が変化する。 今日は前半の半ばあたりでFKを決…

ISSカップ 1回戦 感じていることを見ろ #1570

対ブラジル 3-2 WIN カップ初戦勝利。感じていることが絶対なんだ。 今日は2回追い付かれながらも勝利した。後半30分まで2-2で、普段なら攻撃陣のポジションをそれぞれ一個ずつ前に上げるところだったが、今日の感覚に従ってそのままにした。そして無事決勝…

Iリーグ 第6節 ガチでやるんだ #1569

対ポルトガル 2-1 WIN 己の全てを出し尽くす。ピッチの上で死ぬ覚悟。 今朝、起き上がる前にTwitter で坂口恭平のツイートを見た。坂口恭平は何でもやってる人で、最近では「いのっちの電話」という、自身の携帯番号を開示して、死にたい人からの電話を受け…

Iリーグ 第5節 その場でやり切る #1568

対トルコ 3-1 WIN きっちり勝利出来た。全てを見よう。 目の前で起こっていることを見よう。見ないと次の手が見出せない。ピッチに立っている以上、危険は付きもの。それを自覚して、受け入れて、最善を尽くせ。見ることが、最善への近道。 次戦の相手は、ポ…

Iリーグ 第4節 ピンチはチャンス、の意味 #1567

対チリ 2-1 WIN 逆転勝利。逆境こそ、真価が問われる。 そんな試合だった。前半に失点して、後半15分に追い付いて、後半41分にPK獲得するも失敗して逆転のチャンスを逃し、44分に決勝点を決めた。特にPK失敗した後の状態は、メンタルが問われるシチュエーシ…

Iリーグ 第2節 正しいことをやる #1564

対コートジボワール 2-1 WIN とにかくその場で正しいことをやる。そのために冷静であれ。 開幕2連勝。このまま38連勝したい。ここ最近は、肩に力が入ることが無くなってきた。余計な思い込みが少なくなってきて、事象そのものに近づいてきた感じがする。 事…

Iリーグ 第1節 常に冷静でいる #1563

対オランダ 2-1 WIN 開幕戦を勝利。冷静さを失わない。 とにかく終始冷静でいることを心掛けた。その上でベストを尽くすということ。それでいいのだということを、体に染み込ませようと思う。 パッションを最大限に高めた上で、それを冷静さが上回る構図。そ…

Iリーグ 最終節 最後に実感した #1561

対イングランド 3-2 WIN 最後まで冷静だった。これこそが価値あるものだった。 遂に優勝した。18シーズン戦って、ようやく日本代表で優勝することが出来た。これは本当に嬉しい。戦えば戦うほど実現不可能にも思われたリーグ優勝を実現出来たことは、それだ…

Iリーグ 第37節 冷静であれ #1560

対フランス 2-1 WIN 勝利。終始冷静にプレー出来た。 冷静さの重要性を改めて知って、試合に臨むスタイルを変えた。今まで通り、試合前には自分たちが前半を2-0で終えることを強くイメージするのだが、以前よりも高ぶらずに、どうすれば2-0で勝てるのかを言…

Iリーグ 第36節 冷静さを常に持つ #1559

対コロンビア 3-0 WIN 快勝。冷静であれた。 久々、静かな試合をした。淡々と試合を進めることが出来た。情熱と冷静のどちらものレベルを上げる。その上で均衡を保つ。これがやりたい。今日はある程度出来たと思う。ラスト2試合、ベストを尽くすのみ。 次戦…