ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

D2リーグ第5節 攻撃幅、広がる。

APOELニコシア 3-0 WIN
今季初、完勝。ニコシア相手によくやった。

マザーウェルはホーム戦に強いのだろうか。これまでホームで3戦3勝だ。その中でも今日はうまく試合を運べた。前半の半ばあたりで、左サイドでファールをもらうと、キッカーのエインズワースかセンタリングを上げ、新加入のエロンがヘッドで合わせ先制した。これまでなら、30m程の距離のあるフリーキックでは、近くの味方にショートパスを出して、そこから展開していく形を取っていたのを、今日はそのままエリア内にセンタリングを放り込んだ。理由は、パスで崩せるほどの力を自分たちは持っていないと思ったから。だからこそ、ギャンブルでもセンタリング上げた方が得点の確率が高いのではないかと考えたのだ。それが早々に的中するとは思わなかった。これはラッキーだった。

前半のうちに先制点を取るのは、試合を戦っていく中で非常に有利である。リードの状況で試合を進めていくのは、心理的な余裕も出て、より攻撃的なサッカーを展開できる。ここで、攻撃に慎重になったら、リードしている意味が全くない。リードしているからこそ、大胆な攻撃を仕掛けられるのだ。だから、このまま逃げ切ろうなんて発想はするべきではないと思う。

後半に入って二点追加した。フランシスアンゴルとアニエルだ。フランシスは、いつもの左SBではなく、右ウイングで先発した。足の速さを生かした攻撃を存分に披露してくれた。2点目はその彼が、右サイドで細やかなドリブルで相手DFを翻弄。最後は利き足の左で、右側のサイドネットを揺らした。一人の個人技で崩したゴールだった。

3点目は、アニエル。彼も調子良いですね。バイエルン戦に続く2ゴール目。これからの活躍にも期待だ。

とにかく、今日は3点取れたことが良かった。攻撃陣はうまく味方の力を引き出しながらゴールを目指してやっている。これからも、さらなるチームワークの完成を目指してやっていく。今日の試合は忘れて、常に目の前の相手と戦おう。

次戦の相手は、バイヤーレヴァークーゼン(6位)。キースリンクとかいますね。割りと強いチームだと思う。アウェイです。アウェイ戦初勝利を目指す。ちなみに現在マザーウェルは3位です。順位とか余計なことは考えずに、集中して試合に臨もう。良い試合をしよう。
明日も勝つ。