ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア第35節 まだまだやれる

サンダーランド 4-1 WIN
アウェイに乗り込んでの勝利。まだまだ出来ると感じた。

20分に先制した。左WGのフォレストがエリア内でゴール近くまでゴリゴリやって、シュート打っていいところでスノッドグラスにパスを出してゴールをお膳立てした。トップが3人いるとね、ゴール前でのやりとりの選択肢が広がるよね。

ところが28分に追い付かれる。追い付かれるパターン多いですね。完全にDFの裏を取られるスルーパスを出された。自陣での守備はまだまだ改善の余地がある。そしてすぐさま勝ち越す。これまたフォレストからのスノッドグラスなのだが、フォレストのアシストは相手DFに対するスライディングで、不意にボールが転がってきたスノッドグラスは25mの位置から間髪入れずに左足を振り抜いた。スノッドグラスに風格が出てきた。自信が感じられる。確実に強くなっている。ヴィガースとか新たな風も吹いてきて更に進化を遂げたのかもしれない。

後半は序盤に右トップ下のエロンが右サイドを駆け上がって、エンドラインギリギリまで走ってゴール前にグラウンダーのクロスを上げたところを相手GKが反応して足にボールを当てるもゴールに吸い込まれていった。つまりオウンゴールウイイレではあるあるですね。まあエロンのゴールと考えていい。いつもみたいに中に切り返していたらゴールは生まれなかったかもしれない。一瞬の閃きがこのゴールを生んだ。

ラストはグリフィス。後半からフォレストに替わって入ったサムギャラハーが左サイドを突破して、エリア内で一度切り返し、右後ろから上がってきていたグリフィスにパス。相手DFを振り切ったグリフィスはダイレクトで左足シュートを決めた。エリア内での威力あるシュートに、キーパーも反応できず。

こんな感じで4点入ったけど、個人的には消化不良ですね。結果が出てるのは良いんだけど、まだまだ粗い。プレーの質を上げていきたい。守備も攻撃もまだまだ改善できるところがいっぱいある。毎試合変化する相手を見て、相手のプレーを消した上でやりたいことがしたい。こういう消化不良は、気持ちがいい。先の光が見えているから。光のあるうちは、そこに突き進む。

それでは順位表を振り返ろう。
1位 マンチェスターユナイテッド 80
2位 バイエルンミュンヘン 79
3位 マンチェスターシティ 68
4位 チェルシー 65
5位 マザーウェル 57
6位 ウェストハムユナイテッド 55
7位 アーセナル 53
8位 リヴァプール 52
9位 トッテナムホットスパー 52
10位 ニューカッスル 50
・・・・・・・・・・・・・・・
順位変わらず。別に気にする必要もないのでいいです。ただ試合に勝つことだけが自分の求めていること。

次戦の相手は、アストンヴィラ(13位)。清水能久がいる。そしてCFにはリーグトップの得点を誇る、ベントゥクが待ち構えている。攻撃力がありそうだね。ちなみに内田篤人もいるよ。どんな試合になるのだろうか。良い試合をしよう。
明日も勝つ。