ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

プレミア第16節 勝機は必ずある

ウェストブロムウィッチ 2-1 WIN
逆転勝利。考えられる手は全て打つ。

今日は試合展開は良くなかった。前半終了間際に先制点を決められた。もう前半は引き分けかなと想定した中で失点して前半を終わるのは精神的にダメージを食らう。今日はそのダメージを軽減するために、失点直後に左WGのフォレストを下げてサムギャラハーを投入した。あまり希望の持てない選手は長く使ってもしょうがない。こういう早いタイミングでの交代を躊躇なく出来るようにはなってきた。

後半開始早々、相手に際どいシュートを打たれ、ペースを握りかけられる。しかしこちらも全く諦めていない。常にチャンスを窺っていた。そして70分、右CKでショートパスを受けたスノッドグラスがエリア内に入ってシュートを打つ。相手GKはなんとか右手で弾くもサムギャラハーがこぼれ球に反応する。ここでサムギャラハーは闇雲にシュートを打たず、一回反転して中の状況を窺って、一瞬フリーになったドランスへパスを送った。あとは左足を振り抜くだけだった。ドランスの今季5ゴール目は劇的な同点ゴールだった。前半からマザーウェルのサイド攻撃があまり機能せず、トップ下を使ったりエリア内でのプレーを増やして対処するしかないと思っていた。その考え通りにエリア内の混戦から点を決められた。

点を取った直後にまた交代カードを切った。CFのグリフィスに代えて、最近調子の良いクレイグムーアを入れた。この男、すぐさま結果を出す。74分、右サイドでボールを持ったスノッドグラスが、ハーフウェーラインから少し自陣に入ったところでCFクレイグムーアの上がりを確認してロングスルーパスを出す。エリア付近でボールを受けたクレイグムーアは左に切り込んでゴール前にいた相手DFの動きをよく確認しながら絶妙なタイミングで左足を放った。わずか出場時間4分での決勝弾。チームトップの6ゴール目を挙げた。素晴らしい。マスターリーグ開始当初からマザーウェルに所属するクレイグムーアが、リーグ4年目にして花が開き始めた。育つって良いですね。予期せぬ幸運が待っている。これからが楽しみです。

次戦の相手は、エヴァートン(12位)。マザーウェルは現在4位。今日に引き続きホーム戦です。やってやりましょう。良い試合をしよう。
明日も勝つ。