ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合行い、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねるブログです。

Iリーグ第3節 チャンスをモノにできないパターン

対ガーナ 1-2 LOSE

攻勢の流れで決められなかったのが大きな敗因。ただ、チャンスを多く作ったことは評価する。

 

前半で0-2となった。相手の2ゴールは素晴らしかった。身体能力の高さを発揮していた。なかなかこの2ゴールを防ぐのは難しかったと思う。でも、今日の試合は日本も2点3点決められたと思う。後半のかなりの時間は日本ペースだった。シュートは前後半通じて12本打った。せめてもう1ゴールは出来ただろう。そこに日本の課題があるのだけれど。

ゴール前での個人技で相手に劣るのであれば、遠慮なく周りの選手を使うこと。自分たちが元々持っている身体能力は伸びないのだから、せめてそれぞれの能力を最大限に発揮出来るように、まずは各選手に能力を発揮する場所を提供しないといけない。1人の個人プレーによって周りの選手の能力発揮機会は失われる。そういう側面もある。なんのためにチームでやってるのか。1人では突破できない壁も、5人でなら突破出来るかもしれない。そういうチームプレーの良い側面を見たい。端的に言って、そこが今日は足りなかったように思う。

具体的には、サイドの選手が相手のボックス内に入ってから、1人で中に切り込んでシュートを打ちに行く場面に問題があると思う。そういうシーンはよくあるのだが、もっと周りも使ったらいいのではとも思う。実際にその場面に遭遇すると、相手選手が密集している中でパスを出すのはリスキーで恐いことなんだけど。

それか、1人でボックス内に入る前に、近場でも遠いところでも、フリーになっている味方がいるかどうかを把握しておくことも大事だと思う。それが出来ているか否かで大分先が変わってくると思う。これもピッチの上で体現出来たらいい。

まあ腐らずにやろう。どの試合も、等しく大事な試合なのだから。

次戦の相手は、ドイツ(5位)。日本は現在14位。ホームでやります。絶対王者ドイツ。そんなことは関係ない。

明日は勝つ。

 

-番外編-
YouTubeのチャンネルも開設しました。
https://youtu.be/x9vM4vdf2vU
趣味でピアノ曲を作曲しています。偶然にもこの文章を読んでしまった方、絶対に聴いてください。
あめふるとき(Raindrops) by nabe.u | Nabe U | Free Listening on SoundCloud