読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

ヨーロッパマスターズカップ1回戦2nd leg 「結果」という悪魔

ASサンテティエンヌ 5-1 WIN (Total 7-3 WIN)

大勝利。2回戦進出!

 

やりましたね。結果が必要な場面で結果が出ましたね。でも、今日の試合、自分たちは「結果」を意識しなかった。そもそも、「結果」という言葉自体が、良い結果を出すことから遠ざけている要因になっているのではないかと試合前に考えていたから、ただただプレーに集中することが出来た。そしたらこういう結果が出た。

なぜ自分は「結果」を求めていたのだろうか。そもそもの疑問が沸いてくる。結果という言葉自体に、なんの意味も感じずに、ただ結果を出すことが良いことであると盲信していたのではないだろうか。世の中には、「結果こそ全て」とか「結果さえ良ければ良い」などという言葉があるけど、本当にそうか? これらの言葉によって、自分は「目の前にある全て」を見失っていたのではないか。今日は、目の前にあることの一端を感じられたような気がした。そして本当に大事なものは少なくとも「結果」ではないということを確信した。結果を求めれば求めるほど結果が出ないというのは、至極当たり前なことを言っているのではないかと気づく。結果は求めるほど、目の前のことが見えなくなる。目の前のことが見えなくて、どうして結果が出るのか。結果を求めることは、自ら目隠しすることではないか。一体これはどういうことなのか。まだまだ何か出てきそうだ。

次戦の相手は、スウォンジーシティ(18位)。マザーウェルは現在6位。アウェイ戦です。楽しみましょう。

明日も勝つ。