読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

プレミア第4節 一人の個人技で勝って満足なの?

マスターリーグ -マザーウェル編- マザーウェルの闘い -シーズン7-

ニューカッスル 2-1 WIN

危ない試合をした。一つまた発見した。

 

アウェイでの第四戦。前半に先制を許すも、後半に折り返す前に一点返し、そのあと59分に追加点を決めた。ラスト15分は防戦一方だったけど、なんとか逃げ切って4勝目。逃げ切れたのは良かった。でもチームとしての出来は今ひとつとしか言いようがない。

なぜなら今日の2得点は、一人の個人技に頼り切っているからだ。右のエース、スノッドグラスのドリブルからの2得点。もちろん得点出来たのはうれしいし、それは別に個人の突破力によってもたらされたことでもいい。だって彼はうちのチームの一員だから。だけど、それだけじゃダメだと思う。というか面白くない。チームスポーツって、複数人の連係があってこその面白さがあると思う。だから、その連係を高めて、もっと楽しい試合がしたい。それは、勝つだけじゃ面白くない、勝ってなおかつ楽しい試合をすることを目指すということだ。

次戦の相手は、ストークシティ(14位)。マザーウェルは現在1位。ホーム戦だお。楽しい試合がしたいのだ。

明日も勝つ。