読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ一日一試合

ただひたすら、ウイイレ2014(PSP版)を一日一試合やり続けて、その試合内容、感想等々を気ままに書き連ねます。

プレミア第24節 負けたことが収穫

ウェストハムユナイテッド 2-4 LOSE

ホームでの敗戦。負けると色々内側から沸き上がってくる。

 

悔しい。ものすごく悔しい。最近は勝利の喜びよりも段違いに敗北の悔しさの方が大きい。何でだろうか。たぶん自分は勝ちたいんじゃなくて、全瞬間に最善のプレーがしたいのだ。理想を実現させたいのだ。そういう意味では、勝った試合も負けた試合も目標を達成できていない。でも勝った試合は一応「勝利」という名札がもらえるから、自分の目標が達成出来ていないことに対しての悔しさが薄まるんだな。ということはスタートがマイナスってことなんだな。で、勝った試合はそこにプラスが加わって結果としてプラマイゼロ付近に落ち着いて、負けた試合はさらにマイナスになるから感情も増大するんだね。とにかく今日は悔しい。一昨日、昨日と格上相手に勝てていただけに、実力が拮抗したチームに負けたのはなおさら悔しい。こういう流れで負けると、「気の緩みがあったんじゃないか」と考えることが多々あるけど、あまりそういうのは関係ない気がする。多少はあるかもだけど。結局最善とは程遠いプレーをしてしまったことに問題がある。

得点の動きを簡単に言うと、前半序盤にCKで一点取られて、前半終盤に2点追加されて0-3で後半に入った。それから70分に1点返して、88分にダメ押し点を決められ、後半ロスタイムにクレイグムーアが決めて終了。気持ちを切り替えて後半に2点決められたのは今日の試合の唯一の良い点。一つマザーウェルの欠点が浮き彫りになった。自陣で、特にエリア付近での安易なパスが多い。今日はそこから失点につながった。どうしても攻撃のことで頭がいっぱいになって、自ゴール前で相手にボールを取られるリスクを少なく見積もっている傾向がある。守備と攻撃の切り替えが出来ていない。守備あっての攻撃だから。特にビハインドの状況で攻撃に心が逸るのは分かるけど、そこは冷たい頭で冷静に状況を把握する必要があるよ。頭が足りてない。守備での最善は、相手の得点を遠ざけること。そこの切り替えきっちりしていこう。

次戦の相手は、フルハム(16位)。マザーウェルは現在7位。アウェイです。全瞬間に最善を尽くす。良い試合をしよう。

明日は勝つ。